X100Vで僕が子どもを撮るときに使っている機能や設定

FUJIFILM X100Vではほぼほぼ家族ばっかり撮っているので、結構家族向け子ども向けのカスタムは自分なりに考えてやってます。

というわけで今回は、僕が子どもを撮るときに使っている機能や設定について紹介してみようと思います。

もしよかったら参考にしてみてください。

今回はがっつり話ながら動画も撮りました。チャンネル登録もしていただけるとすごく嬉しいです。

【動画の目次】

1:16~ フィルムシミュレーションのカスタマイズについてのお話
2:37~ hitohada Classic(クラシッククローム) 作例
4:10~ E-HIGE(エテルナ)作例
5:37~C-NEG(クラシックネガ)作例
6:47~ デジタルテレコンの設定
8:02~ デジタルテレコン作例
8:15~ 顔検出についての話
8:38~ 動画の設定について
9:09~ 動画のAF-C設定について
10:25~ チルトモニターについて

フィルムシミュレーションの子ども向け(人物向け)カスタマイズ

まず一つ目は写真撮影のときのフィルムシミュレーションのカスタマイズについて。

一応写真撮影のときとは書いていますが、動画でも使える設定なのでお気に入りのカスタマイズは動画にも適用しています。

hitohada Classic(クラシッククロームベース)

まず一つ目はクラシッククロームベースのhitohada Classic。

  • クラシッククローム
  • グレインエフェクトOFF
  • カラークロームエフェクトOFF
  • カラークロームブルーOFF
  • ハイライト0
  • シャドウ-1
  • ダイナミックレンジ400
  • カラー+1
  • シャープネス+1
  • ノイズリダクション-2

X100Fのときからずっと使わせてもらっているカスタム設定で、モアイさんのブログを見て知りました。かなり気に入っていて、子どもに限らず人物撮影のときにはすごく使える設定です。

特に肌色が綺麗になるといわれているのですが、僕も実感しています。

クラシッククロームのこってり感が気に入ってない方はもしよかったら試してみてください!

E-HIGE(エテルナベース)

次はエテルナをベースにした僕が作っているカスタム設定『E-HIGE』

  • エテルナ
  • グレインエフェクトOFF
  • カラークロームエフェクト強
  • カラークロームブルー強
  • ハイライト+2
  • シャドウ+3
  • ダイナミックレンジ200
  • カラー+3
  • シャープネス+1
  • ノイズリダクション+1

まあ名前なんてなんでもいいんですが、カスタム登録するときにわかりやすいのでつけました。前機種のX100Fは名前をつけれなかったのでこれはかなりありがたい機能。

露出補正によって雰囲気は多少変わりますが、エテルナに色を足してエテルナ感をなくした設定です。僕はエテルナがあんまり得意じゃなかったのですが、カラーを足すと使いやすくなりました。

C-NEG(クラシッククロームベース)

最後はみんな大好きクラシックネガベースのカスタマイズ『CNEG』

  • クラシックネガ
  • グレインエフェクトSmall (弱)
  • カラークロームエフェクト弱
  • カラークロームブルー弱
  • ハイライト+2
  • シャドウ-2
  • ダイナミックレンジ100
  • カラー+1
  • シャープネス+1
  • ノイズリダクション+1

クラシックネガはめっちゃ良いと思うんですが、正直使いどころに悩むフィルムシミュレーションです。特に子どもには難しいなって思っているんですが、一応試行錯誤した結果がこんな感じです。

たまに使っています。

晴れの日や多少ハイキー気味に撮ると自然かもしれません。

植物を撮る方が楽しい気がしています。

デジタルテレコンの設定

下スワイプでRAW⇔JPGの切り替えをできるようにしておくと便利ですぐに焦点距離を変えることができます。

操作設定のFnキー設定から下スワイプを選択し、RAWボタンを割りあえてるだけです。

実際に使っているところはこんな感じで、下スワイプをしてレンズ部分のコントロールリングを動かせばテレコンが起動します。

テレコン起動はデフォルトでコントロールリングのところに割り当てられているはずです。

X100V デジタルテレコン作例

テレコンほしい

続きを見る

顔検出について

写真は特に関係ない

認識しないわけじゃないけどあんまり精度が高くないので、基本的にはOFFにしています。

正面からはしっかり認識してくれるけど、横を向いたときに外れてしまうので動き回る子どもにはあんまり向いていない気がしています。

  • 写真のときは顔検出OFF
  • 動画のときは顔検出ON

動画の設定について

X100Vは結構良い感じに動画を撮ることができるので、ぜひ使ってみてほしい機能です。

X100Fのころよりだいぶ進化しています。

  • フィルムシミュレーションを動画用に設定できる
  • AF-Cの顔検出が結構追従してくれる
  • AF-C設定を細かくできる
  • 音も良くなったので外部マイクなしでもそこそこ聞ける

AF-C設定

  • 被写体保持特性 0
  • AF速度 +5

この設定で撮った動画はこんな感じで編集しました。もしよかったらご覧ください。

チルトモニター

なんだかんだめちゃくちゃ便利なのでつけてくれてありがとうございます!

ハイハイしてる次男をめちゃくちゃ楽に撮れるようになりました!

まとめ

というわけでこんな感じで僕が使っている設定を紹介しました。

今僕はほぼX100V一台で遊んでいます。X100Fのときもそういう時期がありましたが、本当になんでもできるすごいカメラです。

物欲さえ抑えることができればX100Vだけでも全然良いのかな…と思ったりしますがそうはいかないんですよね。でも今はこれ1台で満足しています。

もしよかったら今回の設定を使って楽しんでみてください!YouTubeももしよかったらご覧いただければ嬉しいです!

SHARE ×

-デジタルカメラ

© 2020 45House(よんごーはうす)