• フィルム

ISO400:モノクロ Kodak TRI-X400レビュー

たまーにモノクロも撮りたくなるときってあると思うのですが、そんなときはTRI-X400かACROS100が手を出しやすい価格帯かなと思います。

TRI-X400は個人的にもかなりお気に入りのフィルムなので、今回は特徴、使用感について作例を交えながらレビューしていきます。

TRI-X400の特徴

Kodak公式によると

「非常に微粒子でシャープネスに優れたフィルム。一般撮影はもちろん、速いシャッタースピードが要求される撮影等、あらゆる撮影に最適。」

という感じです。

実際に写真を見ていくと、適正露出の場合はとても滑らかできれいな写りをしてくれているのがすごくわかります。
そして解像感も高いので結構現代的なフィルムっていう感じでしょうか。

日中にバシッと決まった写真はかなり良い感じに写ります。モノクロ写真って何を撮って良いかわからない気もしますが、このフィルムは人物撮影に向いているかなと僕は個人的に感じています。

TRI-X400作例

TRI-X400 BiGmini
TRI-X400 BiGmini

モノクロフィルムはあまり求められることもないかもしれませんが、こっそり撮っておくと後で見返したときに「あれ、モノクロめっちゃよくね?」って1人でニヤニヤできます。