【作例あり】『FUJIFILM PRO400H』は寒色系で淡い写りのプロユースフィルム

『FUJIFIILM PRO400Hについてレビューをします。

フジのISO400のポートレート向きのプロ用フィルムとして人気のある一点。

X-TRA400が廃番になっているので、Kodakのフィルムが苦手な方にはおすすめです。

『FUJIFIILM PRO400Hの特徴やレビュー

Pro400H

  1. ISO400で使いやすい
  2. 価格は高い
  3. 寒色系で淡い印象
  4. 作例を見ると印象に残る写真が多い
  5. ポートレート向きといわれるがモノを撮るのが意外と良い

もともと海外のみで販売されていたころは赤や黄色が綺麗に表現されていたそうです。

今はどちらかといえば寒色系の色合いが強く、良い意味で今風っぽさを感じるしっとりとした写りになるイメージがあります。

多少お値段は高めですが使う価値はめちゃくちゃある。

FUJIFIILM PRO400Hの作例

ナチュラクラシカ

ここまでポパイカメラで現像。ちょっと彩度が高くなったかなという印象です。

 

外では淡い感じ。

中ではしっとり感が出て本当に良いフィルムです。

MINOLTA α-7 MINOLTA AF 50mmF1.4

Pro400H Pro400H Pro400H

ヤマカメさんで現像すると本当に最高の色味です。

Pro400Hを使った感想

初めて使ったときはちょっとパリッとしすぎていてそこまで好みじゃなかったんですが、やっぱりめっちゃ綺麗だし解像感も良いしとても良いフィルムです。

色味はだいたいいつも寒色よりなので青が好きな方におすすめしたいです。

ただ、正直個人的にはこのフィルムをバンバン使う理由はあまりないかなと思っています。好みの問題ですが、ポートラ400のほうが好きなのでそのへんはお好みで。

お値段はちょっと高い

Pro400Hはいつだいたい1,500円くらいです。高いけどでもずっとこんな感じっぽいのでプロ用の良いフィルムってことですね。

B&Hは200円くらい安いけど送料がかかるのでたくさん買ってもトントンくらいです。

いろんなフィルムの作例を見たい方はこちらリンクへ

Pro400Hの記事一覧

Copyright© 45House(よんごーはうす) , 2020 All Rights Reserved.