部屋の雰囲気をカメラーーーって感じにしないRe:CLEANの防湿庫

部屋の雰囲気をカメラーーーって感じにしないRe:CLEANの防湿庫

防湿庫のイメージはちょっと無骨というか業務用感があるものばかりでした。

カメラやレンズはカビが大敵なので、湿気に気をつけなければなりません。カビ対策を必ずしないといけないのですが、これまでは簡易的なモノで済ませていたんですよね。
「カメラやレンズは増えていくのにどうしよう。」って気持ちもかなりあったんですが、やっぱり「あんな冷蔵庫みたいなものを部屋に置くなんてちょっと無理だ!」と思って先延ばしにしていました。
ですが、重い腰を上げてやっとこさ買ったので、梅雨前のこの時期にシェアしておきたいと思います。

ちなみに動画では以前ご紹介していますので、詳しいレビューはもしよければ下のリンクからぜひ。

購入したのはReCLEANの防湿庫

  • 見た目がシンプルでとにかく良い
  • 前面にロゴがない
  • 容量は51L
  • 14,800円(少し安い)
  • 3段(ふわふわマットあり)
  • 色はマットブラック(ブラックよりマットって言葉が似合うっぽい)
  • アナログ湿度計(かっこいい)
  • 電源はACアダプターのみ

こんな感じの防湿庫ですね。

アナログでシンプルな作りが良い

湿度計はアナログ

気に入ったポイントはロゴがなくてデザインがシンプルなこと。
アナログの湿度計も業務用感がなかったり光らなかったりですごく気に入っていますが、とにかく目立つものなので部屋に溶け込むようなシンプルで存在感の薄いRe:CLEANは気に入っています。

個人的にはそれだけが大切なポイントで、防湿機能に関しては使ってみないとわからないことなのでそこまで気にしていませんでした。
そこそこな金額で防湿機能があることをうたっているのに、湿気が溜まりやすい防湿庫なんてことはあり得ないと思ったので気にしないことに。

ちょっと機能的に勝ってそうな防湿庫はプロの方が使っていて、10年たっても壊れませんとかそんな感じだと思うんですが、そこもまずは使ってみないとですね。

今のところ3ヶ月ほど使って防湿機能に関しては全く問題なく使えていますので、機能がしっかりしていることだけは保証します。長く使えるかはまた壊れたときに「何年使いました」っていうことを追記したいと思います。

どれくらい入る?

このサイズが3段分です。

1段につきミラーレス一眼なら2台、コンパクトフィルムなら3~4台くらい。レンズは5~6本入ります。

望遠レンズやズームレンズがなく単焦点ばかりなので結構小さめの構成なんですが、風景撮影などされている方は80Lくらいの防湿庫の方が良いかもしれません。

それでは~

写真は動画からの切り出しでなのでもしよければYouTubeもぜひ~