子どもが産まれて写真管理を徹底し始めたのでその方法をシェア

写真管理

写真管理は一度手を抜き始めると雑な管理が止まりません。

これはまさに僕のことなんですが、子どもが産まれて写真をきちんと整理しようと思い、考えを改めました。

ぶっちゃけ、管理方法の考えを改める前の写真については諦めて、今を大切にしようと思いました。

写真管理におすすめのツール

名称 フォーマット 特徴 管理方法
外付け
HDD
  • JPG
  • RAW
  • 動画ファイル
  • とにかく全部入れる
  • フォルダ管理
  • フォルダを分ける
  • 整理する
  • 息子とその他で分ける
Google
フォト
  • JPG
  • スマホ動画
  • 顔認識機能
  • キーワード検索
  • 日付検索
  • 検索に強い
  • ドラッグ&ドロップ
  • スマホから自動アップ
  • アルバム作成
Amazon
Drive
  • JPG
  • RAW
  • プライムは容量無制限
  • RAWをバックアップ
  • HDDのフォルダごと入れる
  • フォルダ名も反映
みてね
  • JPG
  • 動画
  • 家族で写真と動画を共有
  • 簡単
  • アップロードのみ
  • 月ごとに自動振分け
Lightroom 現像管理 カタログ
  • コレクションを分ける

 

外付けHDDは必須

外付けHDDは以外はオンラインストレージなので、外付けHDDのように外部に保存しておくツールは必要です。家族・子ども・趣味用でHDDを分けておくと後々便利です。

 

GoogleフォトはJPG保存

Lightroomで写真編集をした後は、Googleフォトにアップロードしてアルバムを作成しておくと探しやすいです。

旅行やイベントごとの思い出はアルバムで管理し、家族や友人と共有したいですね。

関連 Googleフォトを1年半使って実感した魅力をレビュー

 

AmazonDriveにはRAWデータを。元データのバックアップに便利!

AmazonDriveはRAWをアップロードすることができます。元データがなくなると、後々編集ができなくなります。

HDDと二重でバックアップを取っていれば安心ですね。

関連 プライムフォトを久々に使ったら便利すぎて衝撃を受けた話

 

「みてね」は家族で共有がらくらく

「みてね」という家族でアルバムを共有することができるアプリもとても便利です。

写真をアップロードするだけでフォルダやアルバム管理はできませんが、おじいちゃん、おばあちゃんに見てもらうための機能としては十分です。

開いて近況をみれば新しい写真を見れるので、家族での共有は「みてね」が最高です。

関連 子どもの写真共有はコレ!『みてね』の登録方法を解説

 

Lightroomの現像管理について

Lightroomについては書かなくても良いかなと思いましたが、とても便利なツールなのでご紹介します。

Adobeが販売しているLightroomは写真のRAW現像をすることができ、写真管理にも秀でています。カタログという概念で写真を管理できるのですが、これがとても便利です。

RAW現像をする方にとっては必須のソフトと言えるようになってきています。