【自作PCパーツ紹介】Ryzen7 3700Xで自作PCを作ってみた

先日作った自作PCについてのお話の続きです。
今回は購入したパーツについて紹介します。

CPU(AMD Ryzen 7 3700X with Wraith Prism cooler 3.6GHz 8コア / 16スレッド 36MB 65W)

いろいろ調べてみて写真編集、動画編集どちらもやるにはこれくらいが最低限かなと思い選んだRyzen3700X。正直もうちょっと頑張って上のグレードのCPUにしても良かった感はあります。
お金次第ですので何とも言えないですが、今のところ不便ではないです。

マザーボード(ASUS TUF B450-PRO GAMING)

不満はないですが、Wi-Fiアンテナが別売だったのでちょっと失敗。

ついでにWi-Fiアンテナはこれ

きちんと繋がりますしBluetoothもこれでいけます。

メモリ(Corsair 内蔵メモリ VENGEANCE LPX PC4-25600 DDR4-3200 32GB 16GBx2枚)

製品自体は全く問題ないですが、僕の今の使い方で30GBくらいまで使っていたことがあるのでいずれ増設したいところです。

グラフィックボード(MSI Radeon RX 5600 XT MECH OC AMD Radeon RX 5600 XT搭載 グラフィックカード)

以前使っていたパソコンよりも動画編集時のレンダリングスピードが上がった気がします。いずれもっと強いものにはしたいです。

電源(玄人志向 KRPW-GK750W/90+ 750W)

SSD(M.2)(SAMSUNG 970 EVO Plus MZ-V7S500B)

システム用。

SSD(M.2)(Crucial CT1000P1SSD8JP)

データ用①

SSD(Samsung SSD 1TB 860 EVO V-NAND搭載 2.5インチ

データ用②

今のところ動画と写真くらいしかないのでデータ用①で足りてるけどもしゲームをするようになったらこちらへ。(いらんかもなあ)

HDD(Western Digital HDD 4TB WD Blue PC 3.5インチ 内蔵HDD WD40EZRZ-EC)

Amazonのセールでバックアップというか使用済みデータをここに移行するために購入。4TBだけど動画データも入れていっているのでかなり消費してます。

一杯になってきたら下のようなケースに逃がしてまた別のHDDを買おうと思っています。

ケース

よくわからないメーカーのケース。
なぜケースにこだわらなかったのかとちょっと悔やんでいますが、使用感は良いです。組み立てはどうなんでしょう。なにでやっても初心者には難しかったと思うので、ミニケースにしなくてよかったなってくらい。

まとめ

総額18万くらいですが、ヤフーショッピング利用分もあるのでポイントで15万弱くらいで購入できました。

正直グラフィックボードとかは少しでも安く…と思いながら買いましたので、今後はもっとバージョンアップしたいなと思っています。

あとはケース特はおすすめってわけではないですし気に入っているわけでもありませんが、サイズは大きかったので初心者向けかなと思います。

組み立てた感想

組み立てはそこそこできますが配線が難しかったです。

一度経験すればビビらずにできると思うので、今後は結構スムーズに作れるのではないかなと思います。 組み立て時間は5時間くらいかなと思います。

妻子就寝後に深夜に作っていたので途切れ途切れに作りましたので時間はだいたいです。

  • 動画編集はとても快適
  • ファンの音は大きめ
  • CPUをもっと強くしたくなっている
  • 組み立てられる気はしないけど小さいケースで作りたい

現状、すごく満足しています。

自作PC初心者が苦戦したポイント

やっぱむずいね

続きを見る

Related Post

Search

SHARE ×

-ガジェット・家電

© 2021 45House(よんごーはうす)