特殊フィルター『DUTOとTOKYOGRAPHER OPF650』を重ね付け

特殊フィルター『DUTOとTOKYOGRAPHER OPF650』を重ね付け

今回は軽い小ネタなんですが、フィルターを2枚重ね付けして遊んでいる話です。最近動画でもご紹介したのですが、ブログでも作例を少し載せていこうと思います。

2枚重ねることによって、1枚ずつの本来の持ち味や特性とは異なった描写にはなると思いますので、そのへんはあくまでも遊び、という感じで緩く捉えていただければなと思います。

スポンサーリンク

TOKYOGRAPHER OPF650-L

まず1枚目はtokyo grapherのOPF650Lフィルターです。

  • デジタル処理とは違う自然な色味の変化
  • 解像感を損なわずに良い写り
  • オレンジ、暖色系の綺麗な色味を表現

OPFフィルターを使うとデジタル処理とは違う自然な色味の変化を楽しめて、そして柔らかく優しい写りになるんですが、解像感は損なわないというとても素晴らしいフィルターです。

若干色味の変化がキツイと感じることもあるので、フジの場合でしたら、WBシフトで色味を調整しつつ撮るという感じの使い方が良いかなと思います。

以前紹介したOPF550の場合は若干緑が濃く写りましたが、今回の650は暖色よりでオレンジが強くなります。

▼OPF550の場合

OPF550

なのでオールド感とか、優しい写りが好きな方におすすめです。

価格はフィルター径によって違いますが、僕が持っている52mmの場合でしたら7,200円+送料です。結構高いですね。
TOKYOGRAPHERのフィルターはデザインは正直微妙です。

DUTO

2枚目はKenkoさんのDUTOです。

  • 色味の変化はない
  • ソフトフィルター
  • 同心円状の溝を施している

激しい変化を求めていない方向けのソフトフィルターです。
ふわっとするくらいの感覚。逆光時にはなかなか変化を感じますが、通常の光ではほとんどわかりません。ハイライト分部分を拡散するっぽいので室内ではそこまで効果を感じないかもしれない点は知っておいてください。

あまり効果を感じないシーン

1,500円ほどで購入できるのが嬉しいポイントですね。

2つのフィルターを組み合わせて優しい雰囲気の写真に

かなり強い逆光時(効果◎)

柔らかく優しい写真を撮ることができるので女性やお子さんを撮影するときにおすすめです。

DUTOはポートレート向けらしく、特に中望遠レンズで効果を発揮しやすいそうなので、モデルさんを撮るときには結構良い感じなのではないかなと思います。

フィルターを付けた作例

XF35mmF1.4

XF35mmF1.4はもともと少し優しい雰囲気の写真になる傾向があるので、さらに柔らかくオールド感が出るかなと思います。

XC15-45mmF3.5-5.6

風景はちょっとわかりづらいけど優しい雰囲気はある

XCレンズはかなりコスパの良いレンズですが、悪く言えばもっさり感のあるレンズです。結構好きなレンズですが、正直XF系との差はやっぱり感じます。
ただ、このフィルターをつけることによって、比較的安価なコンパクトフィルムのような感じになって個人的にかなり好きです。

DUTOは特にお値段もお買い求めやすいのでぜひ試してみてください。