2019年6月18日

尾道カフェめぐり。あといろいろね

onomichi cafe

久々に夫婦で尾道をぶらっと。

この日は息子をじーじばーばにあずけて2人でデートをしました。

子どもが産まれてからはなかなか2人で出れる機会はなくなっていて結婚記念日に食事に行くくらい。(あえて息子を置いて行きたいという感情もないしね)

でもやっぱり久々にこういうことをすると楽しいなって思ったある休日のお話です。

尾道でカフェにひたすら行きまくる休日

尾道ではよく見かける自転車の人たち

この日は奥さんが行きたいところに行くという感じで、プランを聞いたらほぼカフェ。(奥さんがこの記事見たらいつもなんも調べんやろ。って言われそうだけど)

尾道はお店の入れ替わりも多い街なので、ここ3年くらいの間に結構いろんなお店がオープンしていて以前よりもオシャレでさらに楽しそうな雰囲気がすごかったです。

ちなみに今回のプランはの所要時間は5時間くらい。プランってか普通に遊びまくっただけだけど。

 

喫茶NEO(尾道駅舎2階)

2019年の3月に新設された尾道駅はかっこよくなってかなりいい感じ。尾道はたまに行ってましたが、だいたい車で行くので駅にはわざわざ行かないんですよね。だから新しくなってからは初めて行きました。

ここで目的の喫茶NEOは尾道駅の上にあるんですが、

改札手前のこんな階段をのぼっていくと

 

こんな看板とちょっといい感じの通路があるのですぐに場所はわかります。

 

NEOって名前はちょっとアレですが、高級感のある喫茶店のような雰囲気ですごく落ち着きました。天井が高くスッキリしているので居心地はかなり良かった。

夜(もしかして昼も?)はバーになるので、少し大人っぽい店内は少し年齢層が高く感じました。

結構好き。

 

びっくりするほど酸っぱいレモンスカッシュ

瀬戸内海(瀬戸田)はレモンが有名で、最近はもみじ饅頭にも負けないくらいお土産の定番品です。でもこれは酸っぱすぎ!

一応砂糖を入れるんですが、信じられないくらい入れまくりました。

「砂糖はどれくらい入れるんですか?」

と聞くと

「多いかな~と思うくらいでも酸っぱいです」

と言われたのでもしレモンスカッシュを飲むなら砂糖を入れまくってください。

 

バナナオレ?だったかな。こっちのほうがおいしかった。

 

NEO尾道内にはm³ HOSTELのフロントもありました。

多分奥のm³と書いてあるところが入り口っぽいです。

 

外側からちょっと撮ってみた。シャレてそう。

 

フロント前には休憩スペースもあって本もたくさんありました。

んで出てちょっと撮ります。

最近は動き回る息子ばかり撮っていたので、止まっている人を撮るのって余裕あるなあと思いつつも、どう撮ればいいかわからず「動いて?」と思ってしまいました。

ガチポートレートって本当に難しそう。

 

じゃあさらに下におりて尾道駅の1階を少しぶらっとします。尾道駅の2階めっちゃ良かった

+ クリックして喫茶NEOの店舗情報をオープン

名称

喫茶NEO(ネオ)

住所 〒722-0036
広島県尾道市東御所町1-1 尾道駅新駅舎 2F
マップコード 48 248 166*88
 TEL 0848299332
ジャンル 喫茶店・カフェ・バー
席数 パッと見た感じ50席以上はありそう
駐車場 周辺のコインパーキング
営業時間 【月~金】
10:00~23:00
【土・日・祝】
8:00~23:00
休業日 無休
クレジットカード クレジットカード・各種Pay・電子マネー可
特徴 ・落ち着く店内
・禁煙
・バーカウンターあり
予約など 食べログをみる

おのまる商店

おのまる商店

淡いブルーが綺麗だった

駅の中にあるお店も少しチラ見してみましたが、かなりいい感じに瀬戸内推し。

尾道で売られている特産品は結構パッケージもかわいいんですよね。

 

この奥にはレンタサイクルがあって、なんとちょっとガチな自転車を借りることができます。

尾道にある「BETTER BICYCLES ONOMICHI」のオリジナル自転車を2種類から選ぶことができるんだけどこれはかっこいいまじで。(ガチ未満のトーキョーバイクのような感じ。詳しくないので失礼な言い方だったらすみません。追記:クロスバイクというらしい)

自転車好きな方が集まる土地だけあってやっぱりこだわりがすごい。

この自転車の写真は撮ってないんですが、

BETTER BICYCLES ONOMICHIの実店舗はこんな感じ。商店街の途中にあるのでチラ見しました。

マップコード:48 249 460*74

(まだ尾道駅の話なんだけどどうしようこれ。めっちゃ長くなりそう。)

ゆっくりさんぽ

ゆっくり歩きつつご飯屋を目指します。

 

たけさんぽ広島の飲み会でお世話になったたまがんぞうをざっくり撮ります。

あ、ここ日曜はひつまぶしを食べれるんだけどめっちゃうまいっす。1,500円くらいだったかな。安くない?

 

いいQRコードだねって話しつつ

 

「この奥にいい感じのお茶屋さんがあるんよ」と奥さん

この後はご飯の予定だったので奥さんも入るつもりはなく僕に教えたかっただけだと思うんですが…

 

TEA STAND GEN

「これは入るじゃろ!」

僕のテンションは一気に上がりました。

GENさんはお茶の専門店です。ティースタンドって書いてあるのでコーヒースタンドのように軽く立ち寄ってねくらいの感じのお茶屋さん。

正直言えばちょっと入りにくい感じはある。でも入ったらめちゃくちゃ落ち着きました。この日一番気に入ったお店です。

 

案内ちっさ。

---

「入っていいですか?」

と聞くと

「どーぞどーぞ」

と少し掠れた声でかなり落ち着いた印象の店主さん。

あ、ここ好きだ。と一瞬で感じました。

「写真撮っていいですか?」の一言をこんなに聞きやすいお店はなかなかありません。

興奮しすぎてシャッタスピードが遅くてブレブレの写真ばっかりになりました。笑 しょうがない。

店主さんは普段広島県の世羅町でお茶を栽培し、本業はここのお店ではなく卸。GENは趣味でされているそう。

「平日はいませんよ」

ってことらしいのでラッキーでした。好きすぎるここ。

 

お店は手作りで半年だったかな、1年だったかな、うろ覚えですが結構時間をかけて作られたみたいです。「漆喰の壁(原料)はお茶につけていたのを忘れていたらいい感じの色になった」と笑っていて、この緩さ最高か…と思いました。

 

お茶は1杯550円ほどで三煎(三杯)まで淹れていただけます。

僕は新茶、奥さんは和紅茶を飲みました。とてもおいしい。

お茶ってお客さんに出すときお金をもらうことってなかなかないじゃないですか。
でもお茶を作る工程ってめちゃくちゃ大変で、コーヒーの焙煎とかと比べても遜色ないくらいいろんなことをして作られているんですよね。

だから最近はお茶をピックアップしているお店も増えているんですが、印象としてはちょっと高めの金額設定。でもGENさんは三煎(三杯)で550円。ぼくの感覚ではかなり安いです。

「お茶に500円か。」

と思うのもお客さんにただでお茶を出す日本の文化からみれば間違っていないと思います。でも一度こういうお店に入ってみてもらえば印象は変わると思いますよ。

 

店内ではお茶っぱの販売もされていてとても可愛いパッケージが置かれていました。写真ブレまくってた。笑

ちなみにお茶販売のほうはサイトもちゃんとあります。

+ クリックして喫茶GENの店舗情報をオープン

名称

TEA STAND GEN(ティースタンドゲン)

住所 〒722-0035
広島県尾道市土堂1丁目14-10
マップコード なし
 TEL 0848889188
ジャンル 日本茶を飲めるお店
席数 10席以下
駐車場 周辺のコインパーキング
営業時間 土日 11:00~18:00
休業日 土日以外休み
クレジットカード 現金のみ
特徴 ・手作りの店内が心地よい
・話しやすい店主さん
・テイクアウトOK
予約など 不可

 

そしてさらにぶらっと

ぶらっとしながら昼食へと向かいます。

次に向かっているのは新開地区というちょっと駅から離れたところ。だんだんと人気が少なくなってきてすごく落ち着く。

たまに振り返ってもらったり

 

おすすめのラーメン屋を教えてもらったり…

(ここはスタンダードな尾道ラーメンじゃないから好きみたい。彼女は九州生まれの豚骨派)

マップコード:48 249 588*17

そして…

 

短編食堂(tanpen syokudou)

なんだこのオシャレさは。と思ったんですが、この日は結局入ることはできませんでした。

短編食堂はお一人で営業されている超人気店でめちゃくちゃおいしい(らしい)んだけど、僕は入ったことがありません。

奥さん曰く「めちゃくちゃおいしいけど、結構待つ」

だそうです。

この日も僕らの前に8名くらいお客さんがいたので諦めました。「かなり待たせてしまうかもしれないですが、それでもいいなら…」(嫌な感じは全くない)ということでしたが、結構大変そうだなって思ったので別のお店へ。

ちなみに奥さんはなぜか裏話を知っていて、ここの店主さんのお母さんが「めちゃくちゃ待つけど我慢してやってねえ」と言っているのを知ってました。笑

中に入っただけだけど、多分良いお店だと思う。リベンジする。

 

短編食堂

※短編食堂は6月から昼の予約不可。夜は2~8名の予約制貸し切り営業のみ↓(ちなみにこの日は6月1日でマジか!ってなった)

マップコード:48 249 745*44

 

というわけで別のお店へ向かいます。

行きとは違う道を少しもどって…

 

四一餃子

この日はお店の前でなんかポーズしまくってた。これはダサいやつ(おもしろいからすごく使えるありがたい)

 

入ります!

前々から僕がずっと行きたい行きたいと言っていた餃子。行ったことはあるけど何年か行ってなかったんですよね。移転後は初めて入りました。

 

食べるよ~!

お店が大きくキレイになって前はなかったタイプの鉄板餃子ができていたので食べてみました。(もしかしたらあったかも)お好み焼きっぽさもあっておいしい。卵とか砂ずりとかが下に入ってます。

名前の由来は41個餃子が入っているので「四一餃子」

一口サイズなので2人でぺろりっす。しそ入りがおいしいですよ!

 

僕はこのチャーシュー丼が好きなんですよね~。

あ、ちなみにPayPay使えてビックリした。

※食べログには以前の店舗情報も残っていますので注意(広島県尾道市土堂2丁目3−14は前店舗)

+ クリックして四一餃子の店舗情報をオープン

名称

四一餃子

住所 〒722-0032
広島県尾道市土堂2丁目3−21
マップコード 48 249 676*60
 TEL 0848233770
ジャンル 一口餃子の専門店
席数 10席以下
駐車場 周辺のコインパーキング
営業時間 【平日】11:00~15:00/17:00~20:00
【土日祝】11:00~20:00
休業日 不明
クレジットカード等 PayPay利用可
特徴 ・しそ餃子がおいしい
・鉄板餃子
・一人でも入りやすい
予約など 不明

 

尾道をぶらり

このあとはまたカフェが待っているのでとりあえず歩きます。

さんぽさんぽ。

弐拾db(ニジュウデシベル)

ご自由に。商店街に置いてありました。

弐拾dBは平日は23時からオープンする少し変わった本屋さんです。その理由は店主さんが「あなごのねどこ」で働いているのでゲストハウスのお仕事が終わって、23:00~27:00で営業されています。

土日は営業したりしなかったりもありそうですが、基本的には木曜休み。

 

元医院だった場所をそのまま利用して使われている古本屋でとても雰囲気がありました。本は難しそうな本ばかりではなく、とにかくなんでもあって写真集や漫画もたくさん。

椅子もあるのでちょっと座ってみると相当落ち着く。ここは本当にやばいっす。僕らは土日の昼営業日に行ったのですが、基本的には深夜営業なので絶対に眠くなってしまうお店です。

 

時計よく見てほしい

店主さんは寝てました。

(ほかのブログで撮影OKと見たので少しだけ。でも基本的に本屋さんではほかの方がいるときは撮らないほうがいいかも。僕らだけだったのでめっちゃ静かでした。)

マップコード:48 279 057*22

元医院といえば、御調(みつぎ)というところにまるみデパートっていうかわいいお店もあるので一応貼っときます。

 

浄泉寺

浄泉寺はちらっと寄っただけなんですが、道路沿いにあるめちゃくちゃかっこいいお寺です。

向かいの歩道から浄泉寺を見るとなんとなくなんですが、屋根の大きさに違和感を感じてついつい見に行ってしまいました。

右の全く写ってないのが本殿

写真を撮るつもりだったんだけど近すぎて全く撮れませんでした。笑

広角レンズが必要ですね!買いましょう!

浄泉寺はライブとかもやっていて、有名どこだとハナレグミが来たことあるみたいです。僕は見に行ってないけど奥さんは昔見に行ったらしい。

マップコード:48 279 178*58

 

そしてぶらり

ぶらり…

 

定番あなごのねどこ

 

キツネ雨

インスタで人気らしい「キツネ雨」

キツネが化けた店員さんが接客してくれる、というコンセプトらしく「化かし中」は営業中ということ。

「一品は頼んでください。」と書いてあったのでインスタのためだけに来る人で困ってるのかな…(´;ω;`)と想像してしまいました。想像ね!

マップコード:48 249 897*36

 

CASTLE ROCK(キャッスルロック)

クロワッサン専門店「CASTLE ROCK(キャッスルロック)」

深い青の壁が印象的な小さなお店。店内を撮影するのはかなり厳しそう。

奥さんが気をきかせてくれて、息子を預かってくれた祖父母へのお礼を買うためにきました。

店内の入口がお城っぽいよね。

マップコード:48 280 001*11

 

奥は大宮湯という昔ながらの銭湯です。結構すごいっぽいのでこちらもぜひ

 

そして次のカフェへ…

水尾之路(みおのみち)

「水尾之路(みおのみち)」は泊まれる古民家カフェ。っていうとちょっと雑かもしれませんが、そんな感じ。

 

まず入り口は普通の家のように靴を脱いであがります。

 

店内には一度に5組くらい入れそう。4人掛け席が2つ。2人掛けは1つ。相席用のテーブルが1つ。(4人で座れる)

僕らは2人だったので相席テーブルに。

隣にもお客さんがいましたが、微妙に距離感があるので全然気になりません。

店内はすごく静かで最初は少し緊張感が漂っているようにも感じましたが、お店の方がかなりフランクですぐに緊張はほぐれました。

話しにくさを感じるお店かなと思ったのは最初だけで、すぐに落ち着く空間に変わりました。めっちゃキレイなおじいちゃんちって感じ。めっちゃキレイ。

 

テーブルが最高だった(伝わらん写真)

食事もできるんですが、僕らは餃子を食べているので我慢。

カフェラテとチーズケーキを頼んで少しゆっくりさせてもらいました。めっちゃいい感じで落ち着くけど地元の友達と来たら空気壊すかなって思いました。笑(うるさいから)

 

泊まれるよ~

写真は全然撮っちゃってくださいって感じで最後には

「良い写真撮れましたか?」

と聞かれて正直めっちゃ恥ずかしかった。笑

でもこの柔らかい空間は最高でまた来たいお店のひとつになりました。

 

▼近所の雑貨屋。団地の上の方にあるのでもし車があるなら行ってみてください。

+ クリックして水尾之路の店舗情報をオープン

名称

水尾之路

住所 〒722-0044
広島県尾道市西久保町15−5
マップコード 48 280 240*71
 TEL 0848389576
Webサイト 水尾之路(宿泊用)
ジャンル 喫茶・カフェ・宿泊施設
席数 14席くらい
駐車場 1台(宿泊用?)
周辺のコインパーキング
営業時間 11:00~18:00(L.O.17:30)
休業日 日・月曜・第三火曜
クレジットカード等 現金のみ
特徴 ・癒やされる店内
・静かで少し緊張する
・お店の方がすごく優しい
予約など ここから宿泊予約

※尾道駅から徒歩で15分くらいはかかります。

 

そしてさらにぶらり…まだ続くの?

ぶらぶらぶら

おもちゃ屋でトミカの消防ヘリコプターを買って…(写真は未現像フィルムの中→現像した)

エイカ玩具。昔ながらの良いおもちゃ屋さん

 

前半でも出たけどBETTER BICYCLES ONOMICHIの横を通って…

 

ここは浪漫珈琲。暗すぎるけど載せたかった

 

やたらオシャレなお店だね(でも福山っぽい)って話ながら…

 

こんな写真しか撮ってなかった

僕の服を買いに行って…

 

疲れ切ったところでついに登ります。

 

LOG

坂の上にあるLOGにきました。

奥さんはここに一番きたかったそうです。僕も何度かネットでは見たことあったんですが、「登るのか…じゃあ行かなくてもいいかな…」と思っていたのはここだけの話。登るからこそ良いのにね。

LOGは比較的登りやすい階段のところをまあまあ登ったところにあるお店です。

お店というか泊まるところかな。

宿泊施設のほかに雑貨屋(Lifestyleショップ的な)とカフェバーみたいなのがあって僕らの目的は宿泊ではなくカフェ。

多分カフェ利用の方が一番多いんじゃないかなと思うんですが、宿泊をするのが一番のおすすめだと思う。このへん風が気持ち良いのですごく居心地が良いんです。上から見下ろす景色はまさに尾道という感じ。

 

窓ごしでもキレイな景色

テラスも良さげ

LOGの情報は全く調べないまま行ってみたんですが、最初の印象は学校っぽいな。でした。

で、調べてみたら昔はアパートメントだったそうです。アパートメントね。アパートメントって書いてたから

消化器あるよ?って声かけてたけど撮ってほしそうだったので

 

光と影がいい感じの建物でした。泊まりたいね。

 

なぜか悲しそうな顔

LOGに泊まるならここクリック

+ クリックしてLOGの情報をオープン

名称

LOG

住所 〒722-0033
広島県尾道市東土堂町11−12
マップコード 48 249 607*41
 TEL 0848246669
Webサイト LOG(宿泊用)
ジャンル カフェ・雑貨・宿泊施設
カフェの席数 20席くらい
駐車場 坂の下にある周辺のコインパーキング
営業時間 [Cafe & Bar Atmosphere]
カフェタイム
11:00-17:00(土日祝10:00~)
バータイム
17:00~23:00(L.O.22:30)
休業日 問い合わせてください(ときどき休む)
クレジットカード等 カフェバーは現金のみ
感想 ・光が良い
・ジンジャーエールおいしかった
・泊まりたい
予約など ここから宿泊予約(宿泊カレンダー)

※尾道駅から徒歩で15分くらいはかかります。

というわけで最後にぶらっと…

ぶらぶらり

ちゃちゃっと下って…

 

定番クラシコ。

尾道に来たら必ず立ち寄るお店。ルワンダを100g買って帰りました。行ってみてね!

 

尾道デート終わります

ひさびさに2人で遊んで結構いろんなところに行ってしまいました。

めっちゃ歩いたしおもしろかったな~

尾道は結構遊ぶところが多いと思うんですけど、何も考えずに歩いているだけでも楽しめる街です。

なぜなら街がコンパクトだから。

いろんなところに行きまくらなくても楽しいお店に出会えてしまうんですよね。今回のコースは僕的にはかなり歩いているんですが、一番遠い場所でも1キロくらい。

歩きたいわけじゃないけど余裕で歩けます。

あ、あと最後にこのプランは実はもう一軒行く予定の場所があったので簡単にご紹介を。

高原清吉食堂(行きたかった)

高原さんはやさしい京料理のお店でめっちゃおいしくておすすめです。移転前の小さなお店のときにしか行ったことがないんですが、めちゃめちゃお気に入りです。もし尾道で晩ごはんを食べる機会がありそうなら検討してみてください。

 

本当は晩ごはんも食べて帰る予定だったんですが、そろそろ息子に会いに帰ろっかってことでこの日はやめておいたんですよね。今思うと行っておけばよかったなーって思ったりもしちゃいますがまあまた次回の楽しみってことで。

▼もしデートならあかとらもすごくいい。4,000円でめちゃくちゃお腹いっぱいになった気がする

余談:向島もいいよね

こないだの日曜日くらいに出てた良記事のお話です。

向島が好き過ぎて移住した男による、向島大満喫プラン(1泊編)

記事を書いたのは羽田裕明/nagi店主@iroakiata羽田さん

都会からわざわざ移住してきてくださってこんな良い記事書いてくれて嬉しいよね。

まだTwitterでつながっているだけですが、都会からご近所の向島に移住された方。んで、来年の春以降(僕が曖昧なので春以降とします、夏かも)にnagi(ナギ)というお店をオープンされる予定なんですが、ここもめちゃ楽しみなんでいずれお会いしたいなあと思っています。てかお店行くので会える。笑

この向島の記事はめっちゃ良くて、尾道の商店街側と向島をあわせて1泊2日で遊ぼうよってプランです。僕のこの日帰りカフェデートプランに合わせて向島にも行ってみてください。

最後に向島の記事も軽く置いときますね。

最近島にあんまり行ってないんで島も行かんとな~

Related Post

Search

SHARE ×

-尾道

Tags

Copyright© 45House(よんごーはうす) , 2019 All Rights Reserved.