KOKUYOの「NEOS」は仕切りのついているかっこいいストレージボックス

今回はかっこよくて渋めのストレージボックスを『NEOS(ネオス)』紹介します。

ストレージボックスといえばバンカーズボックスが有名かなと思いますが、人気がありすぎるからこそあんまり買いたくなかったりして、ほかに何かいい箱はないかなーと思ってAmazonで探してみるとすぐに見つかりました。

主に見た目が気に入っているんですが、ほかにも特徴が意外とたくさんあるので紹介していきたいと思います!

コクヨ ネオスについて

まず概要なんかをざっくり紹介します。

価格

NEOSは1個あたり850円ほどで僕が買ったのは3枚セットで2100円くらいのモノです。3枚セットのほうが少し割安なのでおすすめ。

サイズ

サイズはA4サイズの書類も入る大きさで内寸が372×318×256mmという感じ。
一応Lサイズってことなんですが、S/M/Lというサイズ展開にはなってないっぽいです。
細かいサイズ展開はないですが、本を立てて入れられるマガジンタイプもありました。
雑誌などが多い方はこれもなかなか良さそうです。(あとから知りましたが、これがMサイズっぽいです)

送られてくるときは組み立て前の平べったい状態なのでかなり大きいモノが届いたのかと驚きました。

NEOSのストレージボックスを買った理由

なんでこのケースを買ったかというと、以前使っていたセリアのストレージボックスがボロボロになってしまっていたからです。

>>>これが100均!?セリアのストレージボックスは耐久性もデザインもGOOD!

あとで軽く比較しようと思いますが、これも100均クオリティをはるかに超えるような作りでめちゃくちゃ良い感じだったんですが、

  • 在庫があまりない
  • 黒で統一したかった

ってことでセリアのリピートはやめて今回はネオスをまず試しに3つセットを買ってみました。
並べてみるとやっぱりかなりかっこよかったので買ってよかったなと思っています。
概要や買った理由についてはこんな感じなんで、とりあえずそろそろどんな商品かっていうのをお話ししないとですね。

NEOSのストレージボックスについて

ストレージボックスはだいたいどれも同じような作りだと思うんですが、NEOSの特徴は

  • サイズが大きい
  • 取っ手がついている
  • 真っ黒でかっこいい
  • 仕切りをつけることができる

こんな感じです。

サイズ感

大きさはバンカーズボックスとほぼ同じくらいですが 内寸が372×318×256mm )、ほかに有名なキングジムのニュートラルボックスよりは少し大きめのサイズです。
そのかわりニュートラルボックスはサイズ展開がかなり豊富になっています。

取っ手について

取っ手についてですが、これもバンカーズボックスは同様についていてニュートラルボックスは付いていない感じです。
セリアのストレージボックスもついていたんですが、サイズを小さくしたくて取っ手部分をカットしたらめちゃくちゃ不便になったので取っ手の穴は絶対に必要だよなーと思っていました。

色について

色は真っ黒が良かったのでNEOSにしました。ニュートラルボックスも見た目はかっこいいんですが、NEOSのほうが若干渋かったのでこちらに。

仕切り

仕切りは最初なくても良いかと思っていたんですが、かなり便利です。
自分のガジェットとかカメラ用品の管理にはそこまで仕切りは必要ないかなと思ったんですが、日用品や掃除用品の収納に使ってみたときにかなり便利だなと思いました。

組み立ても簡単

組み立て方は最後に貼る動画をぜひ見ていただければ嬉しいのですが、1つ1分もあれば組み立てることができる手軽さです。

気になるポイント

作りの部分で一つだけ気になったことがあったのですが、上蓋の作りがちょっと甘いのかなーと。
蓋をしていれば問題ないのですが、少しずつ型が崩れて開いてきてしまうことがあったのでちょっとテープで止めました。

そこまで気になるわけではないんですが、結構しっかり目につけても3個中2個作りが甘いと思ったので、個体差はあれどちょっと弱い部分かなと思います。

特徴はだいたいこんな感じなんで、最後にセリアのストレージボックスと比較してみたいと思います。

セリアとコクヨを比較

  コクヨ セリア
値段 850円 100円
TEL Lサイズ
マガジンタイプ
大小
質感 ツヤあり
裏も綺麗
ツヤなし
裏は段ボールっぽい
仕切り 2分割
4分割
なし

価格

価格ですがセリアが100円でコクヨが850円くらい。
ここを比較するべきではないのかもしれませんが、やっぱり100均はすごいですよね。

質感、強度

段ボールはどちらもシングルで強度的にはそこまで大差ない感じですが、表面の質感はやっぱりセリアは値段なりです。

セリアは外はツヤ感はないものの外観はバンカーズボックスに少し似ていますし、印字もされているのでこだわりを感じます。
でも中を見るとやっぱり段ボールっぽさが残っているのでコクヨNEOSのほうがこだわりを感じました。

組み立て方

あとは組み立て方に違いはありますが、どちらもしっかりしていると思います。
価格差もあるのであえてお伝えするならば、セリアのほうは真ん中に隙間が空くようなまさに段ボールっぽいつくりです。

コクヨは結構このへんはこだわっていて、裏側に隙間ができないような作りになっています。
あとはまあ仕切りがあることくらいの違いでしょうか。

セリアのすごさ

セリアのストレージボックスは3年くらい使ったのでコスパすごいですよね。
100円の箱を3年。

今はやっぱりボロボロになりましたが、100均クオリティ半端ないです。
正直強度に差がないならセリアで良いじゃんって思うかと思います。
僕も昔そう思ったからセリアで買いました。でもNEOSはめっちゃかっこいいんですよね。
結論価格はそこそこ高くてもやっぱり見た目に惚れたってことですかね。

というわけで今回はNEOSのストレージボックスについて紹介してみました。
バンカーズボックスも良いですけどNEOSも良いと思いますよ!

もしよかったら下の動画もご覧ください~

Related Post

Search

SHARE ×

-日用品・インテリア

Tags

© 2020 45House(よんごーはうす)