• フィルムカメラ

MINOLTA α-7(フィルム機)写真作例

ほぼほぼデジタルと違わないレベルで簡単な操作をできるフィルムカメラ『MINOLTA α-7』の作例を紹介します。

α-7はα-7digitalという機種もあって検索すると見た目も似ているしどっちかなって思うこともあるので、しっかり背面が開く作りになっているか確認してから購入するようにしてください。

と、まあ簡単に注意書きをしましたが、今回はα-7についての作例のみの紹介で機材レビューは別で書こうと思います。

レンズはMINOLTA AF 50mmF1.4という標準単焦点レンズです。

ではざっくりとフィルム別で。

フジフイルム 業務用100

業務用100は結構こってり目なイメージがありますが、このロールは結構あっさりめでした。

α‐7はオートフォーカスが速いのでとても撮りやすいです。

KODAK ULTRAMAX400

ULTRAMAX400特有の青みがかった感じは抑えられているような気がします。

α-7はシャッタースピードが1/8000までいけるので、ISO400のフィルムも快晴の日でもそこそこ余裕で撮れます。

昼だったらやっぱりISO200くらいが無難ですが、室内に入ると200だったらきついし曇ってきてもきついし…ってときはよくありませんか?

だから僕は常用は400が一番好きなんですが、シャッタースピードが1/1000とかだったらしんどいので、こういう現代並みの高速シャッターはやっぱり重宝します。

▼ここまでの2本の現像は桜カメラ

安くて早くてしっかり良い色を出してくれるお気に入りの現像所です。楽天で注文できるのも楽。

[st-card id=21803 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

KODAK PORTRA160

KODAK PORTRA400

FUJIFILM C200

FUJIFILM Pro400H

Pro400H Pro400H Pro400H

KODAK GOLD200

パンツマン
上から見る村の景色はめちゃくちゃよかった

▼ポートラ160からここまでの現像は山本写真機店さん

[st-cmemo fontawesome=”fa-arrow-circle-right” iconcolor=”#59a9e4″ bgcolor=”#f3f3f3″ color=”#000000″ iconsize=”100″]山本写真機店/DL GALLERY[/st-cmemo]

Fomapan100


▼現像はFRAME

[st-cmemo fontawesome=”fa-arrow-circle-right” iconcolor=”#59a9e4″ bgcolor=”#f3f3f3″ color=”#000000″ iconsize=”100″] FRAME/DL GALLERY[/st-cmemo]

KODAK TRI-X400

▼現像はプリネットワン

[st-cmemo fontawesome=”fa-arrow-circle-right” iconcolor=”#59a9e4″ bgcolor=”#f3f3f3″ color=”#000000″ iconsize=”100″] プリネットワン/DL GALLERY[/st-cmemo]

これでだいたい終わりです。

とにかくピントが速くて外すことがあまりないカメラです。めちゃくちゃおすすめ。カメラです。

[st-card id=42929 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

▼CONTAX Ariaの作例もぜひ。

[st-card id=46691 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]