KodakGold200で撮る夏の終わりのさんぽ

KodakGold200で撮る夏の終わりのさんぽ

2019年9月30日

なんかタイトルがイマイチだけどまあ良いか。

9月は2週連チャンで大分に行ったんですが、今日載せる写真はこないだこのブログで紹介したニューボーンの翌週の話です。

新生児の弟くんは1週間で大きくなるもんじゃなあと思ったり、お兄ちゃんは相変わらずじゃなあと思ったり。

9月は結構雨続きでしょうちゃん(兄)は退屈していたみたいで、この週も雨予報だったんですが隙を見て村の中を散歩してきました。

何気ない日常写真ですがKodakGold200のフィルムをヤマカメさんに送ってお任せ仕上げにするとこんな感じなんだなって視点でさらっと流し読みしてもらえれば。

スポンサーリンク

KodakGold200×MINOLTA α-7×ヤマカメ

9月は夏やね
ぷっくりしてきた

泣いてても「ちーくんかわいいねー」っていう兄

パンツのまま外へ!田舎だからまあ良いかな
なんか嬉しそうに見せてきてるけどなんだったかな
家からすぐ近くの神社へ
トンボだよーって見つけるのはいつも息子
のぼる…?
登り始める息子に焦りつつ撮った唯一の縦構図
この後全部抱っこで登った。きっつい
誰もいなくていい感じだけどめっちゃ蚊に噛まれた
こっち行く?って聞くとめっちゃ怖がってた笑
シュールなパンツマン
上から見る村の景色はめちゃくちゃよかった
たまーに咲いてる彼岸花。白飛びしてしまったけどこれはこれでまた良い
パンツマン

この散歩のフィルムはここで終わり。

まとめ

このあとも30分近く一緒に歩きました。(僕がひたすら三輪車を押す係)やたら長い坂道を登ったりトラクターやコンバインを見たり…ここは奥さんの実家ですが、多分正直僕が一番ここに住みたがってる気がするんですよね。

いじょー

▼この日のフィルム

▼カメラとレンズ