『洗って使えるキッチンペーパー』は台拭きにもできるおすすめの一点

台拭きなしの生活を求めていたところ良い感じのキッチンペーパーをみつけました。

子ども用のおしりふきを台拭き代わりにすることもありましたが、おしりふきは結構高いのでどうにか節約できる方法はないかと考え試行錯誤。

消毒シートや使い捨ての台拭きなども良いかなーと思ったんですが、すぐに捨てるのももったいないんで、その日のうちくらい使える頑丈なものがあれば良いなと思っていたんです。そんなときに見つけたのがこの洗えるキッチンペーパー

通常のキッチンペーパーよりも相当丈夫で、洗っても絞ってもほとんど破れることがありません。しかも普通のキッチンペーパーのように揚げ物の料理を置くためのペーパーとしても使えます。

かなりおすすめですし、次回もリピートしたいと思っているくらい本当に気に入っているモノです。

洗えるキッチンペーパーが万能すぎるので本気でおすすめする

写真でパッとみただけでもゴツくて布っぽさがあるのがわかるかと思います。

紙なんですが、結構布に近くて本当に破れにくいんです。

ロールごと持った感触は普通のキッチンペーパーよりも弾力があって、力強さを感じます。紙自体の質感はふわっとしてなくて結構固め。

枚数は61カットでなかなか多いんじゃないかなと思います。

洗って数回使ってみたときの写真

洗って絞った後の写真を撮ってみました。

普通のキッチンペーパーならまずそもそも洗った時点でビリビリに破れるので、こんなに綺麗な状態で残っているのが驚きです。

ちょっと汚れのように見えてしまうかも知れませんが、真ん中あたりの黒い点が破れている箇所です。

ちょっと引っ張りながら見えやすくしてるんですが、これ以上広がる気配はありませんでした。

本当に洗えますし破れにくいので、台拭きとして使った後にしっかり洗ってもう一度使えます。

洗えるキッチンペーパーの使用用途

  1. 台拭き
  2. 野菜の水切り
  3. 油物を置く紙として
  4. 水回りの掃除
  5. 食器拭き

布のようなので意外と食器拭きにも使えます。かなり便利!

僕の使い方の一例

  • ダイニングテーブルを拭く
  • キッチンを拭く
  • シンクを拭く
  • 捨てる

こんな感じで何度か使っています。

もちろん揚げ物にも使えますが、そのときは一度で使い捨てですね。

注意点

  1. 火事に注意
  2. 水には流せない
  3. 原料由来の変色物がまれに混入することがある

使い捨てないことでキッチンに置きっ放しにしている可能性もあるので、火元には置かないようにしてください。

キッチンペーパーにしてはちょっと高くないかな?(6ロール1,700円弱)

6ロール1,700円ほどで1本280円前後なので、実際値段だけ見るとちょっとだけ高い感じはします。

でも使用用途としてただのキッチンペーパーというわけではなく、台拭き、掃除にも使えるので、お値段なりの価値はあるんじゃないかなと思っています。

ちなみに、

このキッチンペーパーを始めて注文したのが2018年9月21日。

そしてこの記事を書いている今は2019年3月30日です。

今は最後の1本を使っている最中です。4月10日くらいになくなると予測して6ヶ月半くらいは持つのでかなり長持ちしている印象です。

さらに気持ち悪いことを言えば、1日あたりだいたい8円前後なのでもう全然高く感じません。

毎日ウェットティッシュやおしりふきシートを使いまくっていたころに比べると格段にお得です。

最後に

めちゃくちゃおすすめのキッチンペーパーなのでネックなのはお値段くらいでしょうか。

上記の説明で少しでもこのキッチンペーパーのコスパの良さが伝わればいいなあと思います。

もしよろしければお試しください。

▼キッチンペーパーホルダーはこちらを使っています。

山崎実業のキッチンペーパーホルダーがシュッとしてかっこいい

山崎実業すk

続きを見る

Related Post

Search

SHARE ×

-日用品・インテリア

Tags

© 2020 45House(よんごーはうす)