• COFFEE

【レビュー】KINTOステンレスフィルターがかっこいい

KINTO(キントー)のステンレスフィルターを買ってもらいました。(バレンタインのお返し)

KONE コーヒーフィルターが有名ですがかなり良いお値段なので、ステンレスフィルターを試してみたい方はまずKINTOから入ってみてもいいと思います。

KINTOでもすごくおいしいコーヒーを淹れることができました。

今回の記事はデザイン・セット・特徴についてのご紹介。

▼淹れ方についての記事はこちら

KINTO ステンレスフィルターを使ったドリップ方法【淹れ方】

あわせて読みたい

KINTO(キントー)のステンレスフィルターを使うためのセット

まずステンレスフィルターはこれです。

サーバー+陶器ドリッパー+ステンレスフィルター

うちの場合はキントーのサーバーを持っていたので、ステンレスフィルターと陶器のドリッパーを買いました。

KINTO ステンレスフィルター

重ねるとこんなスタイル。陶器ドリッパーの中にステンレスフィルターが入る形になってます。

ステンレスフィルターを直接置くと下に落ちてしまうので、陶器ドリッパーで支えているんです。

KINTO ステンレスフィルター
陶器ドリッパーの上にステンレスフィルターが重なっている

▼サーバーに注ぐ場合はこの3点セット

全部揃えて5,000円ほどです!

サーバーは普段使っているドリッパーがあればそちらにも使えるので、1個買っておいても良いと思います。1,000円くらい、安い!

KINTO SLOWSTYLE『コーヒーサーバー』レビュー

あわせて読みたい

サーバーがない場合はカラフェセット

(4カップ用です)

サーバーがないならステンレスフィルターがセットになったカラフェセットもOK。

陶器ドリッパーを買わない分、少し安くすむので4,500円弱なので、サーバーがない場合はこちらのほうが安いです。

でも…ほかのドリッパーはおけません。

でも…!お客さんがきたときに水と氷を入れてダイニングテーブルに置いておいたらオシャレ。

セットはこんな感じ。どちらもオシャですね。

ステンレスフィルターの特徴

KINTO ステンレスフィルター
  1. 繰り返し使える
  2. パンチのある深みのあるおいしいコーヒーを飲める
  3. フレンチプレスのような味わいをドリップで
  4. お湯を注ぐスピードで味が変わる
  5. 微粉が落ちやすい

繰り返し使える

KINTO ステンレスフィルター

一番の特徴は繰り返し使えることです。

ペーパーフィルターは毎回捨てますよね。毎回ペーパーを折って開いて…みたいな準備も不要になるので結構楽です。気難しそうな見た目とは裏腹にシンプルなんですよね。

(かと言って僕の場合はペーパードリップをやめるわけではないので、ドリップの選択肢が増えるだけです。気分で変えます)

フレンチプレスのようなパンチのあるコーヒーを飲める

バリスタ&コー フレンチプレス

フレンチプレスで淹れれば良いやん!って思うかもしれませんが、それもまた気分の問題なので、どっちも持ってたいんですよね。

もちろん味や微粉の量に違いはあって、フレンチプレスよりもステンレスフィルターのほうが若干スッキリした味わいになります。でも深みがある。最高じゃないですか?

フレンチプレスは4分放置、ステンレスフィルターは2分半くらいでドリップ。

フレンチプレスは放置で淹れれますが、ステンレスフィルターでドリップをするほうが意外と早く淹れれるんですよね。

お湯を注ぐスピードで味が変わる

KINTO ステンレスフィルター

難しいポイントでもあるんですが、細いお湯でゆっくりじっくり淹れると、コクがあって深みのあるコーヒーになります。

フィルター全体に0.25mmの穴が空いているので、太いお湯で一気に抽出してしまうと、フィルター全体からコーヒーが漏れてしまいます。

ステンレスフィルターで淹れ始めると、今まで以上に丁寧に淹れる習慣がつくかもしれません。

まとめ

KINTO ステンレスフィルター

KINTOのステンレスフィルターを使うようになってお湯の注ぎ方が以前よりも丁寧になりました。

それに伴い、ほかのドリッパーで淹れるときの抽出具合も安定してきた気がします。

多少難しい部分もありますが、おうちカフェの選択肢も広がりますし、お湯の注ぎ方もうまくなる。

もっといろんなコーヒーを飲んでみたい方は、ぜひKINTOのステンレスフィルターを試してみてください。

▼サーバーに注ぐ場合はこの3点セット

全部揃えて5,000円ほどです!

関連記事

Comment

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。