フィルムカメラ

『Rollei35 ×Lomography Color Negative 100』の作例

投稿日:2017年2月10日 更新日:

円通寺




「Rollei35 ×Lomography Color Negative 100」 を入れて撮った写真の作例です。現像は福岡の「Albus(アルバス)」。

LomographyはトイカメラのLomo LC-A+で使うという話をよく聞きますが、僕はRollei35 SEに入れて撮影をしてみました。色味が独特で、予測とは全く違うような写真が撮れるような印象を受けます。

購入したきっかけはお値段が安いから試しに…という感じでしたが、LightroomVSCOアプリで加工をしてもこの色を出すのはなかなか難しそうで、とても特徴のあるフィルムなので気になっていました。

人とは違った写真を撮ってみたい方にはすごくおすすめです。

『Rollei35 ×Lomography Color Negative 100』の作例

円通寺

円通寺

円通寺

lomo

lomo

lomo

lomo

笠岡ベイファーム

lomo

彩度が高めの写真が多いなあと思いきや、最後の写真のように淡い発色の写真も撮れたりしたので、なかなか思い通りに撮るのも難しいですね。

菜の花は黄緑と黄色がメインの色ですが、似たような色なので潰れてしまいました。異なる色がたくさんあるほうが楽しい写真が生まれやすいかもしれません。

Lomographyは楽しげな写真になる

あ、そうそう、このフィルムで撮ると楽しげな写真が生みだされるような気がしています。

ほかのフィルムともぜひ比較してみてください。

それでは今回はこのあたりで。

Rollei35はメルカリやヤフオクでも出品されています。

現像所についてもまとめました!

今回は福岡のAlbus(アルバス)さんですが、いろんな現像所を試しています。フィルムごとにも違いは現れますが、現像所を変えてみてもおもしろいですよ。









-フィルムカメラ
-

Copyright© 45House , 2018 All Rights Reserved.