• フィルム

ISO100:Kodak Ektar100レビュー

世界最高の粒状性を売りにした高感度フィルム、Ektar100のレビューをします。

価格は1本1,500円以上するとても高価なフィルムですが、それに見合った写りはしてくれているような…気もしますけどフィルムは好みも重要なんでね。もし色味が好きだなーと思ったら使ってみてください。

ちなみに僕はKodakはB&Hでしか買っていません。

Ektarの特徴

公式にいわれている特徴は

  • 世界最高の粒状性(超微粒子でとても綺麗)
  • 発色の良い高感度フィルム
  • コントラストが高め

といった感じです。

何本か撮ってみて思ったのは、ちょっと濃くなりすぎるときもあるので好みからすると”少し淡く”とか”優しい雰囲気で”などのスキャン依頼をしたほうが良いかなと思いました。

価格が高いだけあってうなってしまうような良い写りをしてくれることも確かなので、ISO100のフィルムで迷ったときはぜひ使ってみていただけたらなと思います。

作例

改めて作例を見ても若干彩度が高すぎるなーと感じることもあります。

好みは常に変わり続けるので、好きな時期もあれば好きじゃない時期もある、そんなフィルムかなと思います。実際一番したの大阪のビルの写真が現像から上がってきたときは、「なんかパッキパキでイメージと違うな…」とおもしろくないなと思ったのも事実です。
ですが、今(3年後)見返すと結構良いなと思っている僕もいます。なのでフィルムはなんでもとりあえず撮りまくっとくのが良いなって思いますね。

フィルム写真は色褪せない。