子どもがいる家庭のジョイントマットにおすすめしたいコルクマット!

ジョイントマットはコルクマットを使っています。

理由は少しでも生活に溶け込むようなデザインや色がよかったから。

[kanren id="28837"]

コルクマットを敷くようになって

  1. 子どもが多少転んでも怖くない
  2. 下への防音にもなる

効果はこんな感じです。
お子さんがいらっしゃる家庭なら、プレイングマットやジョイントマットはたいてい敷くことになると思います。

デザインは二の次ではあるんですが、「どうせ敷くなら少しでもかっこいい見た目のマットが良い。」という方におすすめです。

▼コルクマットの口コミ

真逆の意見もあるので、個体差はあるかもしれません。

【良い評価】

  1. 下の階から苦情を受けていたがなくなった
  2. 切りやすく、つなぎ目も見えにくくデザインが良い
  3. 1人でも敷ける手軽さ
  4. 大判で使いやすい(大サイズ)

【悪い評価】

  1. 反りがひどくボロボロカスが出る
  2. 使い続けると隙間があく
  3. 湿気で変化する
  4. 臭い(→これは全く感じませんでした)

コルクマットは見た目が良い

コルクマットは見た目が良い


カラフルなジョイントマットは部屋の雰囲気がガラッと変わります。
それに比べるとコルクマットは自然な色味で落ち着きませんか?

コルクの細かさを選べる

コルクは大きな粒や小さな粒などを選べるが特徴です。

専門店ならサンプルももらえる

コルクマットは特徴のある商品なので専門店もあります。

もし楽天やAmazonで買わないという方がいらっしゃれば、専門店でもご覧になってください。

サンプルを送ってもらえるので安心して購入できます。

コルクマットなら良い写真が撮れる

コルクマットなら良い写真が撮れる

カラフルなジョイントマットだとどうしてもイマイチな写真になります。

背景がうるさかったり変な色合いだと写真が子どもも溶け込みすぎてしまいます。

小さいころはたくさん写真を残したいので、やっぱり床もシンプルな方が子どもが引き立つと実感。

コルクマットもクッションはしっかりしてる

ミツバチ 転倒防止クッション


コルクマットは上部がコルク、下はクッション。という感じなのでクッション性も高いです。

普通のジョイントマットのように子どもが転んだときの安全性も考慮して作られています。

カットがしやすいので部屋に敷き詰めやすい

子どもが小さいうちは部屋全体にマットを敷き詰めたいですよね。

コルクマットはカットがしやすいのでそれも可能です。

どこを歩いてても安全なのはすごく安心できます。

コルクマットは防音性もある

多少は下にも響くのですが、それでもやっぱりフローリングよりは間違いなく防音性があります。

厚みも選べるので、暑くすればするほど防音性は増します。

お値段はそれなりに上がりますが、もしマンション暮らしで下の苦情等が気になるなら検討してみてください。

▼メリット・デメリットの詳細記事も書いています。

赤ちゃんがいる家庭におすすめ!コルクマットのメリット・デメリット

ダサいジョイントマットを少しでもオシャレに

ジョイントマットはまず第一に安全安心。子どものケガ防止。

次に防音性。最後にデザイン。

ですが、デザインにもしっかりこだわってオシャレな部屋を保ちたくありませんか?

▼プラスαでおすすめの転倒防止グッズ

ミツバチ 転倒防止クッション
赤ちゃんの後頭部を守るミツバチの転倒防止クッションがかわいい!

とにかくかわいい

続きを見る

Related Post

Search

SHARE ×

-子育て

© 2021 45House(よんごーはうす)