コーヒーをドリップするときにおすすめのビーカーまとめ

投稿日:2017年9月7日 更新日:

リカシツ ビーカー




コーヒーをドリップで淹れるときの受け皿として使えるビーカー。

コーヒー専用のサーバーでも良いのですが、ビーカーにしておけば料理にも使えるのでおすすめです。

あまり器具が増えすぎても邪魔になることもあるので、ビーカーを使えばキッチンもスッキリ!

ビーカーを使う理由はそれだけではなく、いろんなドリッパーに対応できるというメリットもあります。

メーカー専用のサーバーだと違うメーカーのドリッパーが乗らないことがあるんですよね。

なのでビーカーは結構使えるんです。あ、あとできれば50cc刻みがあれば便利です!

リカリツのビーカー

リカシツ ビーカー

個人的に一番好きなビーカーです。

  1. 可愛いフォルム
  2. 使いやすい取っ手(とって)
  3. 50cc刻みのメモリ

 

HARIOのビーカー

ハリオ ビーカー

ハリオのビーカー今までに使ったことがありますが、300mlサイズではなく、もうワンサイズ大きい方がおすすめです。

理由はドリッパーがうまく乗らないから。でもやっぱりHARIOは耐熱性能が高いので安定感があります!

 

IWAKI メジャーカップ

取っ手付きで耐熱なのでとても使いやすいビーカーです。

IWAKIは耐熱製品(キッチン用品)が豊富なので安心して使えます。

 

ロクサンガラス コーヒービーカー

 

三洋産業 CAFEC ビーカーサーバー 600ml

 

サイマックス(Simax) ガラス手付ビーカー 400mL

 

KINTO コーヒージャグ

コーヒー専用なのでメモリは少ないですが、やっぱりデザインが良いので外せない。

 

まとめ

ビーカーはコーヒー専用ではなくても使えるので便利ですよね。

 









-コーヒーグッズ

Copyright© 45House , 2018 All Rights Reserved.