ポートレートも撮りたくなるMF単焦点『7Artisans 50mmF0.95(Xマウント)』レビュー

ポートレートも撮りたくなるMF単焦点『7Artisans 50mmF0.95(Xマウント)』レビュー

※謎のAmazon出品者様提供

七工匠『7Artisans 50mmF0.95』APS-C専用のマニュアルフォーカスレンズのレビューをします。

まず初めに使ってみた感想ですが、すごいなと感じたところが2つあってそれは質感とお値段です。

  • 格安27,000円で楽しめるF0.95の単焦点レンズ
  • マニュアルフォーカスレンズ
  • APS-C専用レンズ
  • 開放F0.95
  • 開放で撮るとものすごいゴーストが出る
  • クリック感のない絞り環
  • ポートレートも撮りやすい中望遠

こんなレンズです。
手軽にMFの大口径F0.95を楽しんでみたい方、明るくポートレートも撮りやすい中望遠レンズが欲しい方におすすめです。

スポンサーリンク

7Artisans 50mmF0.95 レビュー

まずレンズ自体の質感やサイズ感、携帯性について紹介します。

デザイン

箱は中国っぽい感じ。(妻は結構オシャレといってました)

レンズキャップも金属製で結構良い感じ。スーッと取れるわけではなく少しひっかかりはありますが全然使えるしかっこいい。

27,000円前後のレンズとは思えない重厚感とかっこよさ。
開封直後はかなり良いレンズだなと思いました。

サイズ感

サイズ感は意外とコンパクトです。

さすがの大口径。F0.95なのでレンズ部分はめちゃめちゃ大きくなっています。ただ、MFレンズなのでF値の割には小さめに収まっているのではないでしょうか。

どのくらいのサイズ感なんだろうと思っていましたが、意外と持てるサイズで逆に驚きました。

重量はそこそこあるので公園で遊ぶときはさすがにちょっとなーと思いますけど、そこまで苦ではありません。
X-E4につけて遊んでいましたが、見た目の違和感は全然ないかなと思います。

ホールド感

ホールド感も意外とあります。
マウント部分が少しくびれているので握りやすいんですよね。

ただ、マニュアルフォーカスなのでピント操作をしないといけなくて、くびれ部分を握ったまま撮れないんでホールド感があるかというと微妙です。
片手で握って持ち運びやすいとは言えるかなと思います。

操作性

ピント合わせは難しいです。
フォーカスリングのトルク感は少し硬めですが、僕はちょうど良いと思いました。
被写界深度が激浅のピント面激薄なので、スムーズすぎるとピント合わないんじゃないかなと。

一応被写界深度メモリがあるので、絞ったときはまあまあカンでも合わせられるかなーと思います。

あと絞り環はクリック感のないタイプで0.95からF1.4に移動したときにハッキリとわかるわけじゃないんですよね。これは賛否両論あると思いますが、僕はハッキリとカクカクしてほしいタイプなのであんまり好みではありません。

3:50~くらいからクリック感のない絞りリングの動画

動画を撮る方は絞りを変えたときにカクカクと手振れしなくて済むとかで良いのかな。あんまり一眼動画にこだわりがないタイプなんでわかんないですけど、使うシーンや人によって好みかどうかは分かれそうです

【作例】7Artisans F0.95の写り

服の手前側にギリギリピント(顔には合ってない)

写りはやっぱり開放付近で撮るとすごいレンズなんだなーと思いました。

絞るとキレは増しますしピントも合わせやすくなりますけど、やっぱりどうしても開放からF1.4とかを使いがちです。

ただ、ピントは合いづらいです

普段ピーキングを使ってるのですが、ピント面がめっちゃ薄いので難しいですね。

これならデジタルスプリットイメージとかで合わせたほうが簡単かもしれません。

F0.95

F0.95って初めて使いましたけど、ほぼ正面に立っているように見えてもほんの少し真正面から撮れていないだけでも左右の目でピントが合わなかったり、鼻にピントが合ってたら目にピントが合ってないとかそんなレベルで難しいです。

なのでやっぱり絞ったほうが写真としては成立すると思いますし、F2.8とかで撮るのが良いんでしょうけど、0.95ってやっぱ使いたくなりますね。見返してピント合ってなくてちょっと残念ですけど。

あと特徴的なのが開放でゴーストがすんごい出ます。

緑が濃い目の虹色に見えるようなゴーストですね。こういうやつなんですけど。丸くなったときはまだいいですけど、体とか首とか横切ってる感じはちょっと嫌ですね。なんとなくですけど。

これの対策ですけど絞れば簡単になくなって、あとフードでも多分抑えられます。

あとは最短撮影距離ですけど45cmまで寄れるのでF5.6とかで撮っても全然ボケますし、むしろそのくらいの方が撮りやすいんじゃないかなと思いました。

Mマウントのマニュアルレンズをアダプターをかましてフジで使うこともありますが、最短70cmとかになるので45㎝は使いやすいですね。

試し撮り中のリアルな話

このレンズは息子と3人で遊んだときと、妻も含む4人で遊んだときの2回持ち出しました。
そのときのリアルな感想ですが、正直子どもと遊ぶときには向いていないレンズかなと思います。

ほかのマニュアルレンズやフィルムカメラでもMFを使うことももちろんありますが、ダントツでピント合わせが難しく感じました。

難しいなとは思いましたが、このレンズでしっかりとポートレートを撮ってみたいという気持ちも若干芽生えてしまったので良いレンズなのは間違いありません。

ただ、感情面だけでいうと、7Artisansだったらこのレンズよりも35mmF2とかの方が気になるなーという気持ちです。小さいしスナップとかも含めてもっとラフに撮れるような気がします。

子連れだとやっぱりそんなに余裕がないんですよね。

まとめ

最後に余談ですが、今回の写真、一部はLightroomでJPGの写真を編集しているのですが、そのパラメータとかをLightroom上にシェアしているのでもしよかったら当ててみてください。

あっさりしすぎていた写真を少しこってりめにしたので暖色系で使いにくいかもしれませんけど、どんな写真にも確実に使えるプリセットというのは存在しないと思いますので、そこは了承ください。
編集パラメータはコメント欄にて共有しておきますので、もしよかったらリンクを踏んでみてください。

LightroomClassicの方は使えませんが、CCの方は使えます。

▼使用ボディ