FUJIFILM X100Fのデジタルテレコンが結構良い

投稿日:2018年8月12日 更新日:

デジタルテレコン




今さら感あるんですが、FUJIFILM X100Fのデジタルテレコンが結構使えるなと思い始めています。

一番最初のころはほとんどJPEGのみだったんですが、ここ最近まではRAWでばかり撮っていました。

デジタルテレコンを使っていなかった理由は

  1. RAW⇆JPEGの切り替えがめんどくさい
  2. あとから現像するので全部RAWで撮ってた
  3. 必要性を感じてなかった(必要だった笑)

こんな感じなんですが、数ヶ月前からちょっと使うようになっていたんです。

というわけで、最近ちょっとハマっているデジタルテレコンの作例を載せていきます。最後にRAW⇆JEPGの簡単な切り替え方法も載せておきますのでよかったらご覧ください。

FUJIFILM X100Fのデジタルテレコン 35mmと70mmの比較

X100F

撮影や画像処理の条件

  • 手持ちで同じ位置から(微妙にずれてるかも)
  • 35mmも70mmも限界まで寄ってギリギリの位置を探した
  • JPEGをWi-Fiでスマホに転送
  • AirdropでMacに転送(Bluetoothでパソコンに落とすやつ)
  • Lightroomに入れて 何もせずに書き出し(ウォーターマークだけ入れる・明るさ調整もなし)
  • 【書き出しサイズ】200kb以下 長編1,800px ブログに半分のサイズで貼り付け

こんな感じの条件なので、特別なことはしていません。

  • デジタルテレコン X100F

    35mm

  • デジタルテレコン X100F 70mm

    70mm

  • デジタルテレコン X100F

    35mm

  • デジタルテレコン X100F 70mm

    70mm

  • デジタルテレコン X100F

    35mm

  • デジタルテレコン X100F 70mm

    70mm

  • デジタルテレコン X100F

    35mm

  • デジタルテレコン X100F 70mm

    70mm

  • デジタルテレコン X100F

    35mm

  • デジタルテレコン X100Fデジタルテレコン X100F 70mm

    70mm

横並びでわかりにくいと思うので、70mmだけガンガン載せます。

 

デジタルテレコン X100F 70mm

革の質感がしっかりわかる

デジタルテレコン X100F 70mm

文字もくっきり

デジタルテレコン X100F 70mm

ブツブツの右側の方がしっかりと写ってるのがわかる

デジタルテレコン X100F 70mm

ホコリまではっきり見える

デジタルテレコン X100Fデジタルテレコン X100F 70mm

桃みたい

X100Fのデジタルテレコンはクロップ(トリミング)ではないらしく、超解像処理という画素補完らしいので綺麗に鮮明に画像が拡大されたように見えるんですよね。(よくわからんけどなんかすごい技術で一部分を切り取ってるわけじゃないよって話です)

なので、この技術を使わない手はないなと。

 

どんな時に使えるか

個人的にはブツ撮りで使えると思います。マクロまではいかないけど簡易的には使えるレベルです。

あとは、料理写真も迫力が出て良いんじゃないかなーっ。たまに使っているんですが、最近のがないのでまた撮って作例を追加しておきますね。

 X100FのRAW⇆JEPGの切り替えを素早くする

デジタルテレコン X100F

僕がデジタルテレコンを使っていなかった理由はJPEGに切り替えるのがめんどくさかったからです。

デジタルテレコンは、RAWでは使えないんですよね。(多分カメラの中でクロップみたいなことをするから元データはなくなる)

だから、というか最近やっとこさでJPEGに簡単に切り替える方法を見つけました。

 

Fnボタンに割り当てる(ファンクションキーの有効活用)

x100Fデジタルテレコン

ファンクションキーって全部使っていますか?僕はほぼ使っていません。1個は使っていると思うんですが、あんまり活用できていないんですよね。

便利な機能なんですが、カメラを使いこなせるようになってくると、逆にそんなに機能は必要ないと思い始めてしまっていました。

で、このファンクションキーは余っているので、RAW切り替えを割り当てたというわけです。

上の写真の赤枠で囲まれているボタンを長押ししてメニューを起動します。

デジタルテレコン X100F

メニューが起動できたらRAWを押します。これで設定完了。

JPEGに切り替えれるようになったので、右手の操作だけで簡単にデジタルテレコンが使えるようになりました。あとは、コントロールリング(ピントの回すやつ)をくるくる回せばテレコンが動くようにしておけば完璧。

ちなみにFn1にはNDフィルターを割り当てていましたが、2回くらいしか使ったことがありませんでした。

 

最後に

X100Fのデジタルテレコンはパッと見はトリミングしている印象なので、使うことを避けていた方もいらっしゃるかもしれません。

でも使ってみると結構良い感じな写りなので、このまま当分使い分けをしてみようと思います。

ちなみに、テレコンの画角は

  1. 35mm
  2. 50mm
  3. 70mm

を使うことができるんですが、僕は50mmは使っていません。なんとなく中途半端なので。

あと好みの問題もありますが、風景写真でデジタルテレコンを使ってもそんなにおもしろくないと思います。ほんと好みですけどね。

おすすめは最短撮影距離で撮る!これです!

黒が欲しい。

 

X100Fにおすすめのパーツ

フードやホットシューカバーをつけるとX100Fはもっとかっこよくなります。かっこいいカメラをもっとかっこよく!









-FUJIFILM X100F
-

Copyright© 45House , 2018 All Rights Reserved.