toggle
2017-11-28

初めてゲイシャ種のコーヒー豆を飲んだときの感動は一生忘れない

ゲイシャ

スペシャルティコーヒー界でもっとも注目を集めている豆といわれる『ゲイシャ種

以前から飲んでみたいと思っていたのですが、なかなか購入できるタイミングがなく、以前からずっと狙っていた豆です。とても高価な豆で日常的に飲める豆ではありませんので、年に一度くらいは…と思い切って買ってみました!

お値段はいつも飲んでいるコーヒー豆の倍以上しますが、それだけの価値…いやそれ以上の価値はあります!!

 

たった1杯のコーヒーで感動を味わえる『ゲイシャ』

ゲイシャ

パナマ エスメラルダ農園のゲイシャ種は本当に最高の豆でした。

今回購入した豆はオークション豆ではありませんが、それでも想像以上です。ヤバすぎる。

封を開けた瞬間に感じる果実の香りが最高

ゲイシャ

コーヒーを飲む一口目に負けず劣らず袋を開ける瞬間が大好きです。インスタントコーヒーや缶コーヒーでは絶対に味わえないような独特なフレーバーは、豆から買わなければ体験することはできません。

思わず一粒食べたくなるような香りは、コーヒー豆は果実なんだと感じる瞬間です。ゲイシャは一粒がすごく大きいので余計に食べたくなります。笑

豆を挽くときの香りもまた違った良さがあるのですが、開封の瞬間はやっぱり最高すぎますね。

一口目から広がるコーヒーの甘味が最高

ゲイシャ

ゲイシャ

ゲイシャ

ゲイシャ

ゲイシャ

マジでうまい!

テイスティングデータを見ると(甘味・酸味・苦味・コクなどの公開データ)酸味は強いはずなんですが、豆そのものの甘みが強くとてもおいしい!正直、酸味はほぼ感じませんでした。

甘味が強いためコーヒー独特の苦味もほとんど感じません。ってなるとコーヒーっぽくないの?って思いますよね。
全くそんなことはなく、コクがとても強いので、ブラックで飲んでも全然苦くないのにコーヒーっぽさはめちゃめちゃある。

説明っぽい言葉だとクドくなるので、僕と奥さんが二人で実際に飲んでるときの感想を書くと…

  • このまま食べたい
  • こんなチョコレート食べたい
  • ずっと飲んでいたい
  • 一杯分じゃ足らん
  • マジでうまい

とにかくうまい!家で飲むには贅沢すぎるコーヒーです!

とまあ、ここまでテンションで押し切りましたが、「ゲイシャってなんすか?」ですよね。

※コーヒー豆の説明が不要であれば下までスクロールしてください。

コーヒー界でもっとも注目されている品種『ゲイシャ』

ゲイシャ

今回購入したコーヒー豆はパナマのエスメラルダ農園で作られている「ゲイシャ」

栽培が難しいため生産性が低くなかなか市場に出回らないことから、貴重でとてもとても人気がある豆です。

  1. 2004年の「ベスト・オブ・パナマ」という品評会で最高落札価格を記録
    (※ベスト・オブ・パナマは世界最高峰のカップ・オブ・エクセレンスと並ぶ品評会)
  2. 2004年から4年連続優勝
  3. 生豆で1キロ3万円
    (オークションの落札価格なので手元に来るまでにもっと高くなる・ブルマンの4倍の価格)
  4. 優勝しすぎてエスメラルダ農園だけ別枠でオークションにかけられるようになった
    (エスメラルダ農園の7区画でオークション)

本当にすごいコーヒー豆なんです。

オークションロットとノンオークションロット

フィールドオブクラフト倉敷08

前半で少しだけ触れましたが、今回の豆はノンオークション豆です。(オークションにかけられていない豆)

オークションロット

  • エスメラルダ農園の7区画の農園で10ロット(1ロット300ポンド:約136キロ)をオークションにかけられた豆がオークション豆
  • オークションロットはノンオークションの倍以上のお値段。
  • あるお店のオークションロットは100g 4,600円。僕がいつも飲んでいる豆は100g600円から800円前後。

ノンオークションロット

  • 300ポンドに満たない豆(1ロットから弾かれる豆)はごちゃ混ぜにされてノンオークションロットとして販売される
  • 比較的安いが、普通の豆の倍以上の金額
  • 主観ですがめちゃくちゃおいしい豆
  • 比較されている方の見解はオークション豆より香りが薄いらしい
  • 今回の豆は200g 2,756円

オークションロットとノンオークションロットについてはこんな感じです。

安心して豆を購入したい場合はオークションロットの豆を買うと良いと思いますが、だいたい入荷案内がきたら数時間で即完売です

購入店舗について

購入店舗はワールドビーンズショップで通販しました。

豆の種類がとても豊富で生豆からの販売を行なっているお店です。

いつか自家焙煎をしようと思っていて、生豆を探していたときにたどり着いたお店なんですよね。生豆を売っているお店はなかなかありませんのでありがたいんです。(Amazonは地味に売ってる)

お店の特徴

  1. めちゃ安い
  2. 生豆販売
  3. 焙煎度合いを自分で決める
  4. 表示されている金額は生豆料金
  5. 焙煎料金は300円から(グラムによって変わる)

購入時には少しだけ注意しておきたいことがあります。

ワールドビーンズショップ___パナマ_エスメラルダ_ゲイシャ1500

焙煎をしてもらうかどうか決めます。焙煎をするなら手数料がかかりますが、それを踏まえてもかなり安いお店だと思います。

焙煎度合いも自分で決めるのでお好みで。おすすめの焙煎度合いの記載もあるので、その通りにするのが無難ですね。

あとは普通の通販と同じです。

3,240円以上の購入で送料無料になります。焙煎手数料は最後に追加されるので、生豆を3,240円以上選んでいると最終料金が5,000円近くなると思うので注意です。

  • 焙煎をするかどうか
  • 焙煎度合いはどうするか
  • 豆は挽くか

この辺だけしっかり決めれば、普通の通販と同じです。

ちなみにこのお店のおすすめポイントは、COE(カップオブエクセレンス)を受賞した豆(コーヒー会のアカデミー賞のようなもの)も販売されていることです。世界8位の豆も飲みましたがやっぱりおいしかったです。

というわけで、ゲイシャとともにワールドビーンズショップもおすすめです。

コーヒーはおいしく楽しい

ダラダラと書いてしまいましたが、本当におすすめの豆ですし正直かなり感動しました。

僕はこの味ですごく満足しましたが、毎年ゲイシャを飲む方からすれば、もしかするとオークション豆を飲まずに語るな案件かもしれません。笑

だからというわけではないですが、シンプルに興味本位で来年は100g 4,600円の豆も飲んでみたいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事