X100FにF-FOTOのホットシューカバーとレリーズボタンを付けた

F-FOTOアクセサリー
この記事のURLとタイトルをコピーする

FUJIFILM X100Fにアクセサリーを付けたってお話です。

むき出しになっているシャッターボタンの穴と、ホットシュー(ストロボなどをつけるところ)にカバーを装着!

汚れがたまるのを防げますし、ドレスアップにもなるので買っておいて損はないと思います。

というわけで、F-FOTOというお店でアクセサリーを購入しました。結構良いよ!

FUJIFILM X100Fのホットシューとケーブルレリーズ用の穴を塞いだ

真ん中のスライダーを動かすと変化を見れます。

比較写真がイマイチですがこんな感じ。

ボタンとホットシューカバーだけではなく、レンズフードもついているので、純正からは結構変化しています。

Amazonのホットシューカバーのレビューページでは、FUJIFILMのカメラの写真が多かったので、かなり参考になりました。

最初は木目にしようと思ったんですが、X100Fのベースカラーはシルバーと黒の2色なので、黒をつけることにしました。

COLABLOGのshunsukeさんが木製のカバーをつけていて、「これ良いな!!」と思ったんですけどね。2色のままに統一。

ウッドシューも良かったんですけどねー。

F-FOTOアクセサリー

あと、ホットシューカバーに名入れも考えましたが、シンプルにいくなら無地だなという結論にいたりました。

前のカメラではこの辺のアクセサリーとか全く考えていなかったんですが、選ぶのも結構楽しいですね。

僕一人で買っていたら間違いなく木製にしていましたが、奥さんと選んだんで選択肢が広がったので、相談してみて良かったです。

てか、木製だったら全部で5000円くらいだったんですよ。結構高い!
僕が買ったのは両方合わせて2000円くらいなので、値段的にもお得感を得られて最初に迷っておいて良かったかも。笑

そのおかげで新しい植物も買えました!笑

 

F-FOTO製品好きかも

F-FOTO製品にはこれからもお世話になる気がしています。

ちなみに、ホットシューはメタルなんで若干高級感アリです。実際はマットでもメタルでもどっちでも良かったけど。

安いわりに良い感じなので、もちろん満足しています。付けるときは、引っかかりも全くないのでピッタリです。色合いはそこそこ同じくらいかなといったところ。

F-FOTOアクセサリー

あとレリーズボタンはシールタイプではなく、ネジ込み式です。ボタンが外れて落としてしまったって話もあるんで注意ですね。

上の写真を見てみると、少し浮いているんですよね。完全に奥までねじ込めるわけではないんで、これが原因で落ちるのかもしれません。

シャッターを押す時の使用感は良好です。指の形にフィットするように若干丸み帯びているので、とても触り心地が良い。

F-FOTOのサイト情報によると、偽物もあるみたいなのでご注意ください。



この記事のURLとタイトルをコピーする
F-FOTOアクセサリー