• カメラアクセサリー・機材

『FUJIFILM X100F』フィルター・フードなど本体以外で揃えたモノ

FUJIFILM X100Fを購入したときに一緒に買い揃えたモノをご紹介。

基本的には純正のモノが良いのかもしれませんが、選択肢はたくさんあります。

X100Fはコンデジでも13〜14万円ほどするなかなか高級なカメラなので、別売りのパーツは全部を安く済まそうかと思いました。
でも、せっかくデザイン重視で買ったカメラなので、見える部分はこだわることに決めました!

▼フードを付けたり外したりしている動画を撮りました。(新しいカメラのX100V用ですが仕様は一緒なので参考になると思います!)

FUJIFILM X100F用に揃えた別売りパーツはコレ!

X100F
  1. アダプターリング(レンズフードの付属品)
  2. Kenkoフィルター49mm
  3. ハクバレンズキャップ(激安)
  4. 純正レンズフード

すべて付け替えた結果

X100F
X100F

上が純正。フード・フィルター・レンズキャップをつけた結果がこんな感じになります。

X100F

横から。

以下、各パーツについて。

FUJIFILM 純正フードとアダプターリングセット LH-X100

純正レンズフードは7,000円を超えてきます。

かなり高いのですがアダプターリングも付いていますので、これを選んでおけば間違いないです。

JJCのレンズキャップの方が5,000円近く安いですが、ColaBlogさんによりますと、

  1. 色が違う
  2. 微妙にネジの精度が違う
  3. ケラレに差が出る(スリット部分の気の使い方など)

ということなので、かっこいいX100Fを保つためには純正かなと思いました。

僕は以前 JJCのオートレンズキャップを使ったことがありますが、作りに不備はなく一度も不満を感じたことはありませんでした。

単純にデザイン重視なら純正品。安く済ませるならJJCですね。

【Kenko】49mm PRO1Dフィルター

フィルターはKenkoでも間違いないので迷わずこちらを選びました。

逆光にも強い純正品もありますが高いですね。Amazonで4,500円もするので、お金持ちになったら買おうと思います。Kenkoの倍です。

Kenkoを選んだ理由

  1. フードをつければフィルターは隠れるのでメーカーはわからない
  2. フィルターむき出しの状態が多くなりそうなので、安いモノを買い替えながら使いたい
    →レンズキャップの着脱が面倒なため
  3. 正直つけてあればなんでも良いと思っている

というわけで安い方を選びました!

ハクバレンズキャップ 49mm

レンズキャップはハクバの激安ワンタッチレンズキャップを選びました。

レンズフードをつけると純正のキャップがはまりません。だからこのレンズキャップがあって本当に助かりました。

フードを付けた場合に使える純正のレンズキャップもあるそうなんですが、売り切れていたのでこちらを選択。

安いので問題点もありますがとりあえずはオッケーです。

問題点

  1. 付けにくい。外しにくい。
  2. 純正よりはダサい

ワンタッチの部分?握るところのアソビが浅い気がしてちょっと使いにくさはあります。

ですが、長時間撮っているときは小まめに付け外しはないと思うので大丈夫でしょう!

  • フードを付けるなら上の3つは揃えたほうが良い!
  • フードがなしならフィルターとキャップだけでも買ったほうが無難!

レンズフードの付け方

X100F
X100F
アダプターリングを回して外します
X100F
強く締めていなければ簡単に外せます
X100F
リングを取り替えた状態
X100F
フィルターだけ付けている状態
X100F
X100F
フードなしでキャップを取り付け

X100Fはアダプターリングを付け替えなければ、レンズフードをはめることができません。

  1. アダプターリングを外す
  2. レンズフードについていたアダプターリングをはめる
  3. フィルターをつける
  4. レンズフードをつける
  5. レンズキャップをつける

レンズキャップはフィルターの上にはまるので、レンズフードがあってもなくても付けれます。

ケラレについて

X100Fにフードをつけるとファインダーをのぞいたときに若干フードが被ります。

X100F

OVF(ほぼレンズで見たままのような光景が見える)では右下にフードが見えますね。
スリット部分がちょうどここに来るように工夫はされているみたいです。

社外品はこの辺に気を使っていないみたい。

▼またまたシュンスケさんのブログ
 富士フイルムX100Fの純正フードLH-X100と、互換品(JJC製)と比較してみた

X100F

EVFなら見えません。

でもOVFのほうが楽しいし見やすいです。

X100Fに+αであったらいいなってモノ

Kenko 液晶保護フィルム  X100F / X100用

ついでですが、液晶フィルムは貼っておきましょう。

カメラは使わなくなったときは売るという選択肢があります。

ちゃんとキレイに使っていれば結構なお値段で売れるので、液晶の保護は必須かなー

Micro USBケーブルも買いました

Anker Micro USBケーブル

USBケーブルの接触が悪くなったので、AnkerのMicro USBケーブルを購入しました。

1200円くらいで3本入っているのでかなりお得です!

バッテリーは互換品でもOK

rowa バッテリー

純正バッテリー6,000円を超えるので、2個で1,600円ほどの互換バッテリーでも十分です。

ROWA(ロワ)ジャパンは結構よく使われているバッテリーです。X-H1以降の新しいカメラでは純正でなければエラーメッセージが出るようです。

アクセサリーも買いました

F-FOTOアクセサリー

レリーズボタンはなくても困りませんが、あるとちょっとかっこよくなります。

デザインがかっこいいカメラなのでさらに良い感じ。ホットシューは汚れや傷、接触不良防止にホットシューカバーをつけておくと良いと思います。

X100F用パーツまとめ

X100Fにつける別売りパーツをご紹介してみて改めて思ったのですが全部高いですね。笑

買っておいてアレですが本当に高級コンデジです。最高すぎます。

ストラップなどいろいろ揃えたいモノはあると思いますが、まずやはりフィルターやフードは大切だと思いますのでぜひご検討を!

『FUJIFILM X100F』レビュー

あわせて読みたい