EOS M3

Canonのミラーレス一眼用のマウントアダプターまとめ

投稿日:2017年3月20日 更新日:

KIPON MC MD SRマウントアダプター

『マウントアダプターでレンズの選択肢を広げよう』

Canonのミラーレス一眼カメラ「EOS M3」で試してみたマウントアダプターを一気にご紹介します。ベースはEOS M3ですが、Canonのミラーレス一眼カメラには全て通じるお話です。

  1. マウント紹介
  2. 実際に買ったマウントアダプターについて
  3. 作例

この順番でマウント別に書いてみます。実際に使ったことがあるマウントアダプター以外はひとつしか紹介しませんが、マウントアダプターは使用感をしっかりと説明できなければおすすめはしにくいのでご了承ください。

それではいってみましょう!

EFマウントからEF-Mマウントに変換

順当なラインでCanonの一眼レフカメラからミラーレスに移行した方や、EFマウントのカメラを持っていてサブカカメラとしてミラーレス機を購入した方は多いと思います。

そんな方は純正のマウントアダプターが必須です。

マウントアダプターはCanonの純正品

Cannon マウントアダプター

これがあれば、EFレンズをいつまでも楽しむことができます。さらに、ほかのオールドレンズをつけるときにも間にかまして使うのでいろんなレンズを試したい方はまずこれを買いましょう!

実際に付けてみると…

Cannon マウントアダプター

SIGMAの『17-50mmF2.8』のレンズをつけるとかなり大きいです。

このマウントアダプターを持っていることの最大のメリットはオートフォーカスが使えるサードパーティー製(Canon以外、SIGMAなど)のレンズが使えるようになることですね。

※EFマウントは全て使える

SIGMA EF 17-50mm作例

エンジェルロード 小豆島

うみねこかしや 小豆島

小豆島の記事で出てくる写真は、ほとんどマウントアダプターを介して撮った写真です。

MINOLTA MCMDマウントからCanon EF-Mマウントに変換

続いてオールドレンズを使ってみました。

MINOLTAのロッコールレンズをつけてたくさんの写真をとりました。柔らかい描写になるオールドレンズは、普段使っているレンズでは味わえない質感です。

マウントアダプターはKIPON製

KIPON MC MD SRマウントアダプター

KIPON製のマウントアダプターを買ってみましたが、かなり使いやすいです。スムーズな着脱が可能。装着するときにレンズがしっかりとはまるか。取り外しやすいか。この辺は考えたいポイントです。

KIPON製のMINOLTA用のマウントアダプターは問題ありませんでした。

KIPON MC MD SRマウントアダプター

KIPON MC MD SRマウントアダプター

MINOLTAのレンズを使う場合のマウントアダプターの付け方

ボディ→EF-EOS-Mマウントアダプター→MINOLTA用マウントアダプター→MINOLTAオールドレンズ

このように装着します。MINOLTA用のマウントアダプターは EFレンズのためのアダプターなので、まずミラーレス機に付けれるようにするためにはEFレンズを変換するマウントアダプターも必要です。

M3 オールドレンズ装着 ミノルタ

パッと見た感じは全く違和感がなく綺麗についている感じがしますね。
装着しているレンズは『MINOLTA MC ROKKOR-PG 50mm F1.4』です。

MINOLTAのオールドレンズの作例

笠岡ベイファーム コスモス

笠岡ベイファーム コスモス

フレアやらゴーストが出まくりで甘い描写ですが、最近のカメラではここまで出ることがないのでおもしろいです。

Nikon FマウントからCanon EF-Mマウントに変換

お次もオールドレンズを使った例です。

Nikonのオールドレンズが自宅に転がっていたので使ってみました。興味本位で試しにマウントアダプターを買ってみて撮ってみましたが、意外と難しくあまり使用頻度は高くなかったです。

Nikonのレンズはズームレンズでしたが、オールドレンズはシンプルに単焦点の方が楽しいかもしれません。

マウントアダプターはKernel製

nikon マウントアダプター

Fマウント用の変換アダプターはKernel製を買いました。先程のマウントアダプターと違ってただのリングのような感じですね。頼りないですが使えます。

着脱は少し引っかかりがあって最初はやりにくかったのですが、徐々に慣れるので使えるマウントアダプターと言っても良いと思います。

NikonのFマウントのレンズを使う場合のマウントアダプターの付け方

nikon マウントアダプター

nikon マウントアダプター

ボディ→EF-EOS-Mマウントアダプター→Fマウント変換アダプター→Nikonオールドレンズ

MINOLTAと同じようにまずEFマウントに変換してからオールドレンズ用のマウントアダプターを装着します。つまみを押し込んで回すのがそれなりに面倒です。

レンズは『Nikkor 35mm-105mm』を使っています。

Nikonのオールドレンズの作例

nikkor 35-105mm作例

nikkor 35-105mm作例

ピントがかなり甘いので難しいレンズだと感じました。絞って撮ると楽しいと思います!

CanonFDマウントからCanon EF-Mマウントに変換

次はCanonnoFDマウントのレンズを使いました。Canon AE-1 PROGRAMいうカメラに付いていたレンズを試してます。

少しの間ハマっていましたが、MINOLTAの単焦点レンズとほぼ被るので、どちらかと言えばMINOLTA製がおもしろかったかなと思っています。しかし、Canonのレンズを変換するためのマウントアダプターはかなり良かったです。

マウントアダプターはK&F Concept

FDマウント⇒EF-M

CanonFDマウント用の変換アダプターはK&F Concept製を買いました。

着脱もスムーズで形も綺麗なので、かなり良いマウントアダプターです。見た目がCanonの純正アダプターに似ているので付けてみたときに違和感がありません。

CanonFDマウントのレンズを使う場合のマウントアダプターの付け方

FD⇒EF-Mマウントアダプター

FD⇒EF-Mマウントアダプター

ボディ→CanonFDマウント変換アダプター→CanonFDレンズ

これまでのオールドレンズ用のマウントアダプターと違う点は、FDマウントからEF-Mマウントに直で変換できることです。間にマウントアダプターがこないので、重量やかさばりもありません。

見た目や着脱のスムーズさはこの中のアダプターで一番です。レンズは『Canon FD50mmF1.4』という単焦点レンズです。

Canonのオールドレンズの作例

FD⇒EF-Mマウントアダプター

FD⇒EF-Mマウントアダプター

ふわっとした描写を実現してくれるとても良いレンズです。

M42マウントアダプター

M42マウントは使ったことがないアダプターなので簡単にご紹介しますが、下のマウントアダプターは高評価なのでおすすめです。ヘリオス44というぐるぐるボケで人気のマウントアダプターなので載せておきました。

M42はほかのレンズも対応しているのでぜひご検討ください。

オールドレンズを使うときのカメラ側の設定について

ちなみにここまでオールドレンズ用のアダプターをご紹介してきましたが、ただつけるだけではなく、カメラ側の設定をする必要もあります。

設定からレンズなしレリーズONに設定する(オールドレンズは感知しないので、レンズがないと判断されてもシャッターを切れるように設定する)
【関連】 EOS M3でマウントアダプターを使ってオールドレンズで撮るときの設定

Canonのミラーレス一眼カメラにつけれるマウントアダプターまとめ

Canonのミラーレス一眼カメラは専用レンズが少ないので、マウントアダプターを使うことによって幅が広がります。

ミラーレスに移行する前に持っていたレンズ資産はもちろんのこと、たくさんのサードパーティ製のレンズやオールドレンズを試して遊んでみてください。

焦点工房はマウントアダプターを専門で販売されているおすすめのお店です。変わったアダプターをお求めの方はまず見てみると見つかる可能性は高いです。

EOS M3の本体についても書いています

今後新しいミラーレス機も出るかもしれませんが新機種が出ています)、M3はCanonが初めて本気を出したとまで言われているミラーレスカメラです。AFも早く携帯性も良くカッコいい!

EOS M3の本体レビューも書いていますのでもしよければこちらもどうぞ。1年間使ったうえで評価をまとめています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

よく読まれている記事

-EOS M3
-

Copyright© 45House , 2018 All Rights Reserved.