プライムフォトはAmazonDriveを使うと捗りすぎてすごい

Amazondrive

前回書いたプライムフォトのお話の続きです。

プライムフォトを使ってみて便利だと思った理由は、AmazonDriveがいつの間にか始まっていたからです。前からあったのかもしれませんが、全く知りませんでした。
AmazonDriveがあればプライムフォトへのアップロードがサクサクなんですよね。

ブラウザを立ち上げることなくPCのデスクトップ画面に呼び出し、保存したいデータをドラッグ&ドロップ
これでデータの移行・バックアップは完了します。

PCにソフトをインストールして使うのですが、とても簡単なアプリです。

 

RAWデータはAmazonDriveにアップロードして寝れば良い

寝る

前回の記事でプライムフォトの最大のメリットは、RAWデータをアップロードできるということと書きました。

RAWデータをオンラインストレージに保存できるのは最高です。でもRAWはバカみたいに重いので、寝る直前にAmazonDriveに投げとくと朝嬉しい気持ちになります。

最高3500枚ほどの写真を入れましたが余裕でした。RAWとJPG半々で60GBくらいです。

ブラウザからのアップロードも最近は良くなっているのかもしれませんが、とにかくAmazonDriveは簡単・便利・最高。

プライムフォトはAmazonDriveとともに使うことで機能が向上します。

PCのスペック

余談ではあるのですが、僕のPCのスペックはなかなか低くて、MacBook Airの11㌅のやつなので、結構前の型です。だからRAWデータを移動するときはPCが唸るんですよね。

夜にしっかりと働いてくれるAmazonDriveは便利です。ブラウザは落ちることがあったんです。

話がそれました。

 

AmazonDriveの使い方

AmazonDriveをダウンロードしてPCにインストールします。デスクトップ版なんですが、MacでもWindowsでもいけるみたいですね。

Amazondriveダウンロード

ダウンロード後、PCインストール。

 

Amazondrive

上にアイコンが出るのでクリック。

 

Amazondrive

アップロードマークがあるので先に進みます。

 

アップロード方法は3パターンくらい

Amazondrive

フォルダ選択からも、ドラッグ&ドロップでも大丈夫。

 

Amazondrive Amazondrive

アップロードボタンはこちらにもあります。

 

Amazondrive

アップロードを開始したらあとは放置です。

簡単すぎます。ブラウザ版はややこしかったわけではないんですが、アップロードがうまくいかなかった時もありました。PCが古いからかもしれませんけどね。

それで1年くらいは使っていなかったんですが、AmazonDriveは相当便利です。

購入リンクっぽいですが無料です。

 

まとめ

AmazonDriveは本当に便利ですが、使ってみなければその良さはわかりません。
注意点はAmazonプライム会員でなければ、プライムフォトを使えないので、Driveだけ落としても意味がないということです。

会員になってまでプライムフォトを使いたいと感じるかどうかは、前回の記事をご覧になってご検討を!!

関連 プライムフォトを久々に使ったら便利すぎて衝撃を受けた話

 

AmazonDriveはスマホアプリもあり、同期が楽々ですので、合わせてご利用ください。

Amazon Drive
Amazon Drive
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

次回はプライムフォトの記事を連チャンで書こうと思ったきっかけ、AmazonDriveスマホ版についてご紹介します。マジで使えます。

関連 iPhoneでもRAW編集!「AmazonDriveアプリ」⇨「VSCO」が便利すぎてビビる