1つ買うとまた欲しくなる!おしゃれな食器やキッチンツールまとめ【陶器・磁器・木製】

Kitchentool

食器類の記事もたまってきましたので、家にある食器類やキッチンツールをまとめてみます。

食器の紹介をしているときにはいつも書いていることなのですが、食器がおしゃれだと食卓の雰囲気も良くなりますし、食事自体も楽しくなるんですよね。

例えばマグカップはモノによって質感が違うので、味も違って感じる時さえもあります。

まだまだ、ハッキリと違いがわかる男ではありませんが、感覚的になんとなく何か思うことがあるから食器にもハマってきているのかなあと。

マニアックな領域は程遠いですが、せっかく陶器やらなんやらが色々増えてきているので、現在持っている良い感じの食器類などをダダダっとご紹介します。

すこーしだけ長くなるかもしれませんが、もしよろしければ写真だけでもサクッとご覧ください。

ではいってみましょう。

おしゃれなマグカップ

高橋工芸 マグカップ

今でも新しく欲しいマグカップは何種類かありますが、とりあえず持っているモノから。一番最初に興味を持ち出したのはマグカップでした。コーヒーが好きなので、やっぱりこだわりたいと思ったんですよね。

HASAMI×SHUNTARO TAKEUCHI

HASAMI

「 HASAMI×SHUNTARO TAKEUCHI 」 のマグカップ。波佐見焼とデザイナーさんのコラボ商品。

波佐見焼は最近はかなり人気の高い磁器です。どこの雑貨屋さんに行っても置いてある印象。ですが、このマグカップは限定品だったので、現在は売っているかはわかりません。

この後にもちょっと違うデザインで販売されていたので他のはまだあるかも。って思って探したら…

最新モデルはあった。2016年モデルはモンローセットでした。マリリンモンローさん、白ってのが良い。

 関連記事   尾道のおしゃれなセレクトショップ『ALL TIME CLASSICS』

 

“HASAMI PORCELAIN MUG” Ouur by KINFOLK

“HASAMI PORCELAIN MUG” Ouur by KINFOLK

KINFOLKっていうライフスタイルマガジンとHASAMIがコラボをして作られている『HASAMI PORCELAIN』というブランド。これはもう超有名だと思います。

結構どこでも売っているし「人気!定番!おしゃれ!シンプル!」という感じです。

とりあえずひとつお伝えしたいのは、HASAMI(波佐見焼)は磁器ってことです。特徴を簡単に書くと、石粉が原料で水をほとんど通さず機密性が高い焼き物です。

まあまあ定番品になってきているので、長く販売されそう。お値段は2,000円と少し高め。

 関連記事  HASAMIの超シャレたマグカップ!『Ouur by KINFOLK』

 

STUDIO M’ の切立マグカップ

スタジオM マグカップ

愛知県にある MARUMITSU POTERIE(マルミツポテリ)が最初に立ち上げたブランド『 STUDIO M’(スタジオエム)』

シンプルでおしゃれでハンドメイドなのに……

安い!

ひとつ1,000円ほどで購入できるマグカップで、質感は少しザラっとしていますがそれが良い。

小さめのマグカップが欲しくて探していたところ、この子に出会いました。即買い。ちょっと一杯コーヒーを飲みたいなって時に使えます。

 

 関連記事  「スタジオ M」 ハンドメイドのマグカップが超おすすめ

高橋工芸の木製マグ(Kami)

高橋工芸 マグカップ

北海道の高橋工芸さんのマグカップは今年買ってよかったモノを挙げるとしてもかなり上位にくるモノ。
Instagramでこのマグカップを使っている方がいて、ずっと憧れていたので我慢できませんでした。

木製で手作りなので、まあまあお値段は張りますが、このカップでコーヒーを飲むと若干まろやかに感じます。口当たりがサラッとしているのでかなり好きなマグカップ。

どんどん味が出てくると思うので、長く楽しめる一点。

「木製・手作り・数も少ない」ということもありお値段は高め。4,000円弱です。

 関連記事  高橋工芸の木製マグカップ『Kami』の魅力

 

次に狙っているマグカップ

  1. Echo Park Pottery:もはや芸術品。1万円弱とお高い。
  2. ONE KILN CERAMICS:鹿児島の陶芸家が作るシックでおしゃれな陶器。4,000円くらいでまあまあな金額。

 

お茶系(湯のみ・急須)

緑茶用の急須と湯のみもご紹介。

萬古焼(ばんこやき) 『4th market』

4th-market

半磁器で陶器と磁器両方の性質を持ち、特徴のある土を使っていて質感は少しツルツル。手触りがものすごく良いです。

萬古焼は三重県で300年近く続いている昔からある焼き物で、今ではおしゃれなデザインの食器も増えてきています。その中に「4th market」もあり、おしゃれな雑貨屋ではときどき見かけます。

このポットは大量に緑茶を飲む方には最適です。茶こしもついているのでとても使いやすい。

 

 関連記事  おしゃれな陶磁器『萬古焼(ばんこやき) 4th market』の大きなポット

 

湯のみは小鹿田焼(おんた)

小鹿田焼

小鹿田焼(おんた)は大分県日田市で作られています。模様に特徴がありまして、上の湯のみは「飛び鉋」という柄です。一般的に雑貨屋などでよく見かけるのはこの柄ですが、ほかにも4種類ほどあります。

お値段は比較的安価ですので手を出しやすい一点。

 

 関連記事  大分の陶器『小鹿田焼』の魅力。現代風のオシャレなデザインが良い!

 

次に狙っているお茶関連の焼き物

有福温泉 ぬしや

南部鉄器の急須はずっと欲しいと思っていたのですが、金額的にも諦めていました。ですが、最近泊まった旅館で改めて良さを再確認。次買います。

 

皿・食器類

皿も最近良い感じのが増えています。MARUMITSU POTERIE(マルミツポテリ)で揃ってしまいそう。

STUDIO M’のボウル

STUDIO M ' ボウル

ハンドメイドで焼き目が一つ一つ違うのに、お値段は安めの「STUDIO M’」のボウル。会社は愛知の「MARUMITSU POTERIE(マルミツポテリ)」です。

完全に洋風でもないので、和洋どちらもいけます。肉じゃがとか入れてますが全然違和感なし。

1,000円~2,000円前後で買える食器が多いので、ついつい買ってしまいそうになります。このボウルは即決でした。

 

 関連記事  『STUDIO M ‘』自宅の雰囲気にピッタリなボウルを購入

 

SOBOKAIの大皿

sobokai2

一枚あると便利な大皿。こちらも「MARUMITSU POTERIE(マルミツポテリ)」で『SOBOKAI』というブランドです。

レストランやカフェなどで使えるような業務用の食器を取り扱っています。真っ白でシンプルなデザインが特徴的なブランドです。上の写真は裏面は茶色っぽい感じですが、サイトを見ると白が多いです。

 

 関連記事  MARUMITSU POTERIEの食器がどうやら好きらしい【SOBOKAI】

 

木製食器

木製食器

木製の皿はあると嬉しいです。食卓は間違いなくおしゃれになります。しかし、電子レンジは絶対ダメなので木製ばかり集めると不便にはなるかも。

琺瑯(ホウロウ)と木の食器だけってなるともうピンチ。でも僕は木製の食器が大好きです。

頂いたモノなので、関連記事はなし。

 

萩焼の茶碗

割れましたが愛用していました。萩焼は種類が豊富で昔ながらの「茶碗!!」という感じのデザインのモノも多いですが、ちょっと現代風によってきている印象もあります。

昔ながらのデザインでも全然好きです。

 

キッチンツール

この辺もいつか全部こだわりたいです。ちょこちょこ買い足す予定。

オリーブのおたま

木製食器 オリーブ

オリーブを使って作られているおたま。木製でかわいいのですが、厚みがあるのでちょっとだけ使いにくいモノを選んでしまったなと思っています。

下のリンクのやつのほうが良いかも。レンゲですが平で使いやすそう。ちなみに結婚式のケーキはこれで食べました。

 

 

木製マドラー

木製食器

4年くらい使っているマドラー。めっちゃ擦り切れてうちで一番味があります。これがなくなったら泣く。実際300円程度で買えますが、味が出てくるのは何年も経ってからなんですよね。

 

リカシツのビーカー

リカシツ ビーカー

主にコーヒーをドリップするときに使いますが、ビーカーの中ではかなりかわいいと思っています。

この辺を紹介するとコーヒー器具の話もしたくなりますが、もし興味があればこちらもどうぞ。

2つセットなのがちょっと残念。

 関連記事  リカシツのビーカーが使いやすくてかわいい!ドリップに使えるよ!

 

まな板は木製で

まな板オリーブオイル

木製のまな板は、どうしようもないほどひわってこなければ長く長く使えるモノです。これは手作りですが、カットして面をしっかり平らにするだけなのですぐに作れます。

殺菌、メンテナンスは重要です。

買っていないので、激しくオススメはできませんがAmazonにも結構ありました。無印のは触った感じ良さそうでしたね。

 関連記事  木製まな板をオリーブオイルで簡単メンテナンス

 

どんなお店におしゃれな食器はあるのか

nid 尾道 オールタイムクラシックス 03 SHIMA SHOP ONOMICHI U2

ELD INTERIOR PRODUCTS
どんなお店にあるかってことを改めて考えると、雑貨屋だけではなく、家具屋・服のセレクトショップでも結構置いてあるなあという感じ。

逆に雑貨屋が服を扱うケースもあるので、もうどこでも買えるんじゃないかと。都会ならもうどこに行っても置いてありそう。

 

ここで今紹介したのは、尾道・福山・岡山なのですが、ほかにも紹介していないお店もたくさんあります。

例えば、

  1. HAC by Wonder Mountain (リンクはECですが、店舗もあり)
  2. MOE
  3. lifestyle

僕の近所のお話で申し訳ないんですけどね。こんな感じです。

 

最後に

こうやって書きだしてみると結構いろんな食器がありました。

カッコつけて見栄を張って絞り出して紹介しているので、ここに紹介していないノーブランドで結構シャレとるモノとか、100均の真っ白な食器がレギュラーだったりとか……まあ実際はここの食器ばかり使っているわけではなくいろいろです。

無理矢理おしゃれ感満載でお届けしましたが、食器が好きなのは事実ですし、これからどんどん怒られながらでも買い揃えたい気持ちもあります。

物欲には逆らえません。いや、逆らいません。笑

次の物欲はこちら

厳選なしで全部紹介!今まで買ったコーヒー器具をまとめました

2016.12.03

厳選なしで全部紹介!今まで買ったコーヒー器具をまとめました