大分の陶器『小鹿田焼』の魅力。現代風のオシャレなデザインが良い!

小鹿田焼き

3年ほど前に大分に行ったときに初めて知った焼き物『小鹿田焼(おんたやき)

大分県日田の小さな集落で作られている、デザインに特徴がある陶器です。400年もの歴史がある昔ながらの陶器なのですが、とにかくオシャレ。

皿山という地域で10軒の窯元があり、小鹿田焼は共同ブランドとして扱われているそうです。

小鹿田焼

この模様は「飛び鉋」という技法で作られており、このほかにも数種類あります。

  1. 飛び鉋(とびかんな)
  2. 刷毛目
  3. 櫛描き
  4. 流し掛け
  5. 打掛け

ちなみによくある模様は「飛び鉋」です。伝統的な製法で作られており、飛び鉋の模様も大正時代から始まったと言われているのに、現代でも全然違和感がなく「昔ながら」という感じがしないのはすごい。

初めて見かけたのは3年前と言いましたが、現在はさらに多くの雑貨屋さんで置いてあるような気がします。広島の田舎でもよく見かけるので、都会の方にもかなり進出しているのではないかなと。

他の模様は見たことがないのですが、調べてみるとこちらのサイトでは刷毛目、流し掛けの模様がありました。

小鹿田焼

少し特徴的ではあるので、好みは分かれるしれませんが、食卓に並ぶとなかなか良い感じ。お値段も湯のみなら1,000円前後、大きな皿でも2,000円から3,000円ほどなので意外と手を出しやすいです。

今持っている湯のみは、我が家にひとつしかないのでまた見かけたら購入したいです。

 

ちょっと違うタイプですが、こちらも素敵です。

 

我が家の食器をまとめました

食器類の紹介が増えていましたので、一気に紹介しています。お気に入りが見つかるかもしれませんので、ぜひご覧下さい。

1つ買うとまた欲しくなる!おしゃれな食器やキッチンツールまとめ【陶器・磁器・木製】

2016.12.26

1つ買うとまた欲しくなる!おしゃれな食器やキッチンツールまとめ【陶器・磁器・木製】

 

陶器や食器の関連記事

陶器の記事も増えてきました。食器で食卓は少し変わりますので、ぜひご覧ください。