【口コミ】有福温泉『ぬしや』で露天風呂付きの客室を堪能

ぬしや

『離れがある旅館を楽しみました』

福ありの里「有福」。島根県の西側、白イルカが有名な「アクアス」から車で10分ほどの場所にある「有福温泉」へ行ってきました。ここはとてもとてものどかな温泉街です。

僕らが泊まったのは有福温泉街のはずれに位置する『ぬしや』

静かな場所に佇んでおり、建物の外観・内観・食事・温泉・接客。すべてが最高の温泉旅館でした。

旅館情報とアクセス

名称 有福温泉 旅館『ぬしや』
住所 島根県江津市有福温泉町955
 MAP ぬしや GoogleMAP
 TEL 0855562121
受付時間 10:00〜18:00
料金 参考:有福温泉 旅館ぬしや
ジャンル 温泉旅館
駐車場 10台前後
 Web ぬしや 公式サイト
Facebook ぬしや Facebook
特徴 ・家族風呂あり
・離れあり
・マタニティプランあり
・源泉掛け流し露天風呂1室

▼GoToクーポン35%+ポイント5%でさらに23,000円引(プランにより変動)
さらに10/1以降の宿泊は地域共通クーポン9,000円分

一休でぬしやの宿泊プランを見る

ぬしやは島根県の江津(ごうつ)にあり、とてものどかなところです。ぶっちゃけかなり田舎なので、あるのは自然ばかり。近場には何箇所か温泉が湧いている場所があるみたいでした。

有福温泉『ぬしや』を選んだ理由

有福温泉 ぬしや

毎年11月から12月ごろには温泉付きの宿に宿泊していることもあり、「今年もやっぱり行きたいな。」なんて話をしていたところ気が付いたら11月中旬に。温泉宿の予約は冬になるにつれて取りにくくなります。それをわかっていながら動いていなかったので本当にアホですね。
そこで急遽いろんな宿を見ていたのですが、今回の旅は妊婦さんが泊まりやすい環境という条件があったため、なかなか決め切れませんでした。

そんなとき出会った旅館がこの『ぬしや』

僕らの住む地域からは3時間ほどの距離ですが、距離以外はかなりの好条件。

『ぬしや』の特徴

  1. 9部屋しかないので宿泊者が少ない
  2. 一棟貸しの離れがある
  3. 一棟の部屋数が多い
  4. 静かでゆっくりとできる場所
  5. 源泉かけ流しの温泉が付いた客室もある
  6. トイレ・風呂が綺麗
  7. 料理がおいしい
  8. 接客がていねい
  9. 女将さんがわざわざ挨拶に回ってくれる
  10. マタニティプランがある
  11. 宿泊料金が意外と安い

ぬしやはたくさんの特徴があり、とても素晴らしい旅館でしたが、その中でも特に僕が気に入った点について触れておきます。

建物について【外観・内装】

有福温泉 ぬしや

本館の表から見た外観

建物が本館と別館(離れ)に分かれており全部で9部屋。すべてに特徴があります。
本館にはロビー、お食事処、2階に客室が4室。

  1. 古民家を移築した別館の和室
  2. 二階建ての古民家
  3. 本館洋室
  4. 本館和室

有福温泉 ぬしや

有福温泉 ぬしや

有福温泉 ぬしや

本館にはロビー、お食事処、2階に客室が4室。

和モダンな雰囲気のあるロビーがとても良い。入った瞬間に家具がとても素敵な印象で落ち着きがあります。純喫茶のような昔ながらのバーのような…そんな雰囲気がとても素敵です。

有福温泉 ぬしや

奥にはネスプレッソ(多分)もあり、エスプレッソ・浅煎り・ノンカフェインの3種類が飲めます。ノンカフェインがある理由は妊婦さんに優しいプランがあるからです。

有福温泉 ぬしや

フリードリンクサービスだけではなく、DVDや本の貸出も充実していました。

ぬしやの周りはそこそこ田舎なので、早めにチェックインしたときはお部屋でくつろぎながらたまにはゆっくりしても良いのでは…!

古民家『ぼたん』に宿泊

有福温泉 ぬしや

「ぼたん」は大きな古民家を分けたみっつのお部屋の中のひとつです。

現在は「つつじ・もみじ・ぼたん」と分かれておりますが、昔はすべて繋がっており1組のお客様に提供されていたそうです。

本館奥に離れが5部屋

有福温泉 ぬしや

有福温泉 ぬしや

この他にも2部屋あり中庭の池を囲うように客室が5部屋、逆側には大浴場と家族風呂があります。

本館を含めても9組しか宿泊できないので、特別感が半素晴らしいですね。実際他の宿泊客と出会うことはほとんどありませんでした。

有福温泉 ぬしや

客室の外観

ぼたんの特徴

有福温泉 ぬしや

  1. 2階建て
  2. 6畳の部屋がみっつ
  3. 源泉掛け流し露天風呂付き
  4. 室内にも風呂がある

おおまかにはこのような特徴があります。最高な雰囲気。完全に家です。\

室内について

室内は部屋が3部屋ありますが、テレビのスペース・風呂・トイレなど細かく分かれているのでもっとたくさん部屋があるように感じます。

  1. 荷物を置く部屋
  2. くつろぐ部屋
  3. 二階の寝室

ちょっとすごくないですか??では詳しく見ていきましょう。

ぬしや

荷物を置く部屋

一番驚いたのが、「こちらが荷物を置く部屋でございます。」と言われたこと。荷物を置くための部屋に6畳です。

いやいやここで寝れるでしょ。と思いながら説明を聞いていたのでなかなか頭に入ってきませんでした。笑

おそらく人数が増えた場合はこちらも寝室になるはずです。

有福温泉 ぬしや

くつろぐための部屋

自宅で言えば居間ですね。こちらも6畳。

ぬしや

外から盗撮。笑

ぬしや

テレビ、ポットなどしっかり完備。

有福温泉 ぬしや

一番興奮したのは南部鉄器の急須があったこと。さらに、妊婦さん用にノンカフェインの緑茶を用意してくださっていました。これは感動です。

有福温泉 ぬしや

寝室は2階

古い家なので階段は急です。ここだけは注意して上りましょう。

そして、階段を上った先には…

有福温泉 ぬしや

なんと洗面台があります。2階にトイレはありませんので、数人で泊まった時に喧嘩しないようにするための配慮でしょうか。

有福温泉 ぬしや

寝室は6畳間に布団をふたつ敷いてちょうど良いくらい。子ども一人は入れるはず。

ぬしや

さらに、寝室の横にはこんなスペースがあります。ここは部屋とカウントされていないのですが、しっかりと部屋になっています。

かなりくつろぎながらダラダラとテレビを見てしまいました。

こんな家に住みたいです。

嬉しいポイントは空気清浄機完備!

各部屋に空気清浄機があることは本当に素晴らしい。旅館はこのような配慮が素敵だなといつも思います。

洗面所・風呂・トイレについて

ぬしや

洗面所。二人使えるのでとても便利。

有福温泉 ぬしや

室内にもお風呂があります。こちらは温泉ではありません。

有福温泉 ぬしや

源泉掛け流しの露天風呂。室内風呂から直接出れるので、少し冷えたらすぐ中のお風呂に浸かれます。この辺の造りに気が遣われていて素晴らしいと感じました。

ここに決めた理由はこのお風呂なんですよね。また別記事で詳しく書きます。

料理について

ぬしや」はお部屋も温泉も仲居さんのおもてなしも最高でしたが、料理も大満足でした。

地産地消。良い旅館ほど地域の食材を盛り込んだ料理を出しており、特にお米がうまいことが多いと思っています。ぬしやもまさにそんな旅館です。

料理の前に簡単に形式から

料理は食事会場にて

有福温泉 ぬしや

ぬしやは部屋食ではなく、食事会場で食べることになります。本館に泊まっている方も離れに泊まっている方もみなさん同じですね。

時間はいくつかのパターンからか選べますので、みなさんが被ることはないと思います。

もともと部屋数は多くなく、宿泊者数も少ないので食事会場とはいえ、ゆったりと食べることができます。

部屋食が好きな方もいらっしゃると思いますし、僕も部屋で食べるのはゆっくりできて大好きです。しかし、離れに運んでもらうことになるとすれば、食事が冷めてしまったり、時間がかかるかもしれませんので、食事会場で食べる形式で良かったです。

夕食

ぬしやの料理は和食がメインです。旅館での料理はメインで和牛のステーキや鉄板焼き、カニ料理などが多いと思います。

もちろんぬしやも牛の鉄板焼きがありましたので最高でした。カニも良かったんですが、奥さんが妊婦でしたので肉の方が無難かなと思って和牛を選びました。

有福温泉 ぬしや

有福温泉 ぬしや

有福温泉 ぬしや

まずは前菜から。どれも食べやすくておいしかったです。個人的にはハモの湯引きが最高でした。

有福温泉 ぬしや

刺身は日本海の魚です。コリコリで新鮮でした。わさびもこだわられているようです。
妊婦さんは他の料理を食べることができます。マタニティプランではなくても料理の変更は可能です。

有福温泉 ぬしや

寄せ鍋も優しい味でおいしい。

有福温泉 ぬしや

石見松永牛。
ほどよい柔らかさで最高でした。男性にとっては少し足らないので、1,000円くらい払ったらもう一枚くれないかなと思ってました。笑

有福温泉 ぬしや

ほわほわしてとてもおいしい蒸し物。

有福温泉 ぬしや

天ぷら。この辺りまでくるとかなりお腹も良い感じになってきていますが、天ぷらの品揃えがガッツリではないので、全然食べきれます。しいたけがとてもおいしいです。写ってませんが、もちろん海老もうまい。

あとは島根県産のコシヒカリと赤出汁・さらにはデザートがありました。

かなり豪華で量も多めなので大満足!正直まだ食べれましたが、腹8分目くらいが幸せですよね。

個人的な感想ですが、日本海の魚はとてもおいしいので、肉以上にインパクトがありました。奥さんは食べることができませんでしたので、この刺身のためだけでもまた来たいと思っています。

朝食

ぬしや

朝食もかなり豪華でした。朝から大好きな「のどぐろ」が出たのはかなり嬉しかったです。しかものどぐろって高級ですよね。クオリティの高さはわかります。

と言いつつものどぐろの写真はボケていますね。笑

旅館に泊まるときは、夕食もですが朝食も本当に楽しみにしています。旅館や良いホテルに泊らなければ豪華な朝食はなかなかいただけませんので、夕食が終わった後は朝食のことばかり考えてしまいます。笑

ぬしやの朝食は量はちょっとお腹いっぱいになるくらいでした。お米もたくさんもらえますので朝から大満足。何が美味しかったかなと考えるとやっぱり「のどぐろ」ですね。

温泉・お風呂について

有福温泉 ぬしや

有福温泉はほどよくとろみのある泉質で美人の湯として定評があります。

  1. 大浴場
  2. 家族風呂
  3. ぼたんの間の露天風呂

この3箇所で温泉に入ることができます。
大浴場の場所は、僕らが泊まった「ぼたん」のお部屋を出てすぐの場所に大浴場と家族風呂があります。

もちろん泉質はすべて同じですが、違うタイプのお風呂に何度も入ることができるのは嬉しいですね。種類が多いとかなり楽しめますので、温泉好きの方にとってはかなり良い宿と言えるのではないかと思います。

大浴場は人が少ないので快適

有福温泉 ぬしや

大浴場は「でかっっっ!」ってほどではありませんが、そこそこの人数が入れるくらいの大きさです。20名ほど入るときついかもしれませんが、安心してください。

ここ「ぬしや」は全9室なので、そんなに大勢入ることはないでしょう。さらに家族風呂もあります。見た感じお子さん連れの宿泊客の方も何組かいましたので、家族風呂を利用する方も多いんですよね。

男女のお風呂は分かれていますが上は繋がっています。人がいなければ隣と話もできるので…こういうの好きです僕。笑

浴場は室内大浴場がひとつと露天風呂がひとつ。冬の露天風呂は最高なので、寒いのを我慢してでもぜひ入っていただきたい。

温度は40度前あとでとても入りやすくて、とろみもまとわり付くほどではなくちょうど良い。湯船から上がると肌のツヤ感が明らかに増しているのがわかります。

化粧品類は大浴場が一番充実していますので、一度は入っておくとよりスベスベになります。旅館の乳液はすごく良いものが揃っているので、大浴場でしっかりと堪能しましょう。部屋には付いていないこともありますからね。

家族風呂

有福温泉 ぬしや

家族風呂は2種類あり、岩風呂と檜風呂

予約不要で札を確認し「空いてます」だったら使ってもOK。このアバウトさも部屋数が少なく、宿泊者が多くないからこそできることでしょう。

浴槽の大きさは4人で浸かるといっぱいいっぱいなので、お子さんが小さいうちしか使えそうにありません。交替で入れば全然問題ありませんけど、小さいころが狙い目です。

檜風呂は足元が滑りますので、ご注意ください。

ぼたんの源泉掛け流し露天風呂

ぬしや

ぬしや

「ぼたん・さくら」この2部屋は露天風呂が付いており、ぼたんのみが源泉かけ流しの温泉です。さくらも露天風呂ですが、温泉ではないようです。

今回の旅は妊婦の奥さんとの最後の旅行ということもあり、とにかくゆっくりできる部屋を選びたかったんですよね。その要素のひとつがこの露天風呂。

ここの部屋なら、妊婦さんでもゆっくりできるかなと思って決めましたが間違いなく最高です。結局奥さんは大浴場にも入ったんですけどね。家族風呂・露天風呂付き部屋ともに満足してたようで良かったです。

マタニティプランもありますので、妊娠中の奥さんがいらっしゃるご夫婦はぜひご検討ください。

注意!

妊婦さんはあまり熱いお湯に使ってはいけないので主治医に確認のうえ自己責任でお願いします。確認したところ長時間はダメよとのこと。

部屋風呂(温泉はでない)

有福温泉 ぬしや

部屋風呂はどこの部屋も温泉は出ません。部屋の風呂も素敵な形をしており温泉は出なくても雰囲気がとても良いんです。温泉が出なくても満足できますね。

ちなみに露天風呂付きのお部屋の場合は、外風呂と中風呂が繋がっているので、外で体が冷えたら中で暖まれるので最高です。

マタニティプランもあって、妊婦さんが泊まりやす温泉宿

ところどころで触れていますが、妊婦さんもすごく泊まりやすい宿ですのでまとめておきます。
かなり過ごしやすいですし、みなさんが妊婦さんが来ていることを把握してくれているので、とてもありがたいです。

  1. マタニティプランがある
  2. 料理の変更が可能
  3. 仲居さんが妊婦さんの対応に慣れている
  4. 仲居さんがちょくちょく気遣ってくださる
  5. 緑茶がノンカフェインだった
  6. ノンカフェインのコーヒーもあった

妊婦さん向けでどんなサービスがあるかは下の記事に詳しくまとめています。

注意点!

妊婦さんとの旅行には細心の注意を払う必要があります。私たちの場合は車で行ける距離。日帰りでも行ける程度の距離ということを念頭に置いて場所を選びました。

主治医さんの指導に従って行動するようにお願い致します。

最後に

二人で最後の旅行は最高でした。(気分的には3人のつもりだったけど)

ダラダラ書いてしまいましたので、「ぬしや」の何が良かったのかをまとめます。

  • 部屋が広く綺麗
  • 離れが最高
  • 全体の雰囲気の統一感
  • のどかな地域で落ち着きがある
  • 食事が朝晩共に美味しい
  • マタニティプランがある(使ってないけど対応してくれる)
  • 温泉が気持ち良かった
  • ぼたんの間にある源泉掛け流しの露天風呂
  • すべてのスタッフさんの気配り(女将さんが挨拶までしてくれる)

大まかにまとめるとこんなところ。

島根県の有福温泉はバリバリの観光地ではなく、静かな田舎の村という印象の方が強いですね。だからこそ、この旅館の素晴らしさが際立っているわけでもなく、「地域の特産品の素晴らしさ、のどかな雰囲気、旅館の良さ」この有福温泉街全体を見てもとても素晴らしい場所です。

本当におすすめの旅館です。ぜひ一度有福温泉『ぬしや』へ。

有福温泉「ぬしや」を予約

僕は楽天トラベルで予約することが多いのですが、比較できるようにご案内しておきます。

料金は部屋や食事によって変わりますが、2万弱~3.5万ほどが多いです。

※部屋食にも変更できるようになりました。

▼GoToクーポン35%+ポイント5%でさらに23,000円引(プランにより変動)
さらに10/1以降の宿泊は地域共通クーポン9,000円分

一休でぬしやの宿泊プランを見る

Related Post

Search

SHARE ×

-Trip

© 2020 45House(よんごーはうす)