1年使ったルンバ880を徹底レビュー!口コミ以上に魅力的な家電です

ルンバレビュー
この記事のURLとタイトルをコピーする

『本当は掃除だけでも楽をしたいと思ってた』

我が家にルンバ880が来て1年ほど経過しましたので、自分なりにレビューをします。

お掃除ロボットのレビューは多くの方がされていることなので、スペック以外にも自分の感想や、メリットデメリット、おすすめしたい人などについても書いてみます。

POINT!
  1. 外観レビュー
  2. 簡単なスペック紹介
  3. 機能の良し悪し
  4. ルンバのメリット
  5. デメリット
  6. ルンバを使っているときの体験談を動画で
  7. 置き場所や騒音問題
  8.  感想(レビュー)

よく聞く話もあるかと思いますが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

最初に重要なことをお伝えしますと

ルンバ最高!正直安い!

お掃除ロボット 『ルンバ880』について

ルンバ800番台はシリーズの中でも標準的な立ち位置で、お値段も最近は5万円ほどで購入できます。(安い!)

一番候補に上がりやすいモデルではないでしょうか。

900番台、700、600、500と様々なモデルがありますが、その点については公式サイト(アイロボット ルンバ)を見るのが確実です。(番号が大きいほど高い。)

リアルな声についてはこちらのブログに、かなり詳しく紹介されているのでおすすめです。僕も全て読んだ上で購入しました。

では改めまして、「ルンバ880」についてのレビューをしていきます。我が家のルンバはルンバの中では真ん中より少しだけ良いくらいのスペックです。

外観とスペックをレビュー

第一印象は……でかいっっ!正直驚きました。購入時にサイズまでは見ていませんでしたので予想外でした。

サイズ 最大幅353mm × 高さ92mm
重さ 約3.8kg(バッテリー含む)
電源方式 充電式リチウムイオン電池(充電時間:約3時間)
稼働時間 通常清掃時/最大60分
Check! 公式サイトより

大きさはそれなりなんですが、重さは意外と軽くて助かります。取っ手もあるので、持ち運びはらくらく。それでは開封します。

箱から本体まで

ルンバ880

箱が大きいのですが、しっかりとしているので安心感があります。

 

ルンバ880 ルンバ880

裏側にはしっかりと説明が。説明書を読まなくても、ここだけ見れば特徴がわかります。

 

ルンバ880

中身は小さい箱にパーツが入っているので、バラけることもありません。開けてみるとやっぱり大きい。

 

ルンバ880

サイズは予想以上でしたがデザインがかっこいいことも驚きました。普通の掃除機しか使ったことがなかったので、かなりテンションが上がります。

 

パーツ関連

ルンバ880 ルンバ880 ルンバ880

 

  1. コード
  2. お部屋ナビ×2 (バーチャルウォール・ライトハウスモード用)
  3. フィルター×2
  4. エッジクリーニングブラシ×2
  5. リモコン
  6. ドック(充電器)

そのほかでは消耗品で裏面に電池パックがあります。2つずつ入っている消耗品はとてもありがたいですね。

ルンバはメンテナンスやパーツ交換の頻度が高い掃除機です。さらに、パーツ交換代がまあまあ高いことは購入前の懸念材料になっていますので、最初から2つずつパーツが入っているのはすごくサービスが良いと感じます。

 

裏面を詳しくチェック!

ルンバ880

起動するには、まず真ん中の白い紙のようなものを取り出す必要があります。
電池パックが機能しないようにする紙です。ドライバーがないと開けれません。

 

ルンバ880

中心部がローラーになったことでゴミが絡まりにくいそうです。古い型はブラシタイプもあるみたい。

 

ルンバ880

大容量になったダスト。結構たまるので、一回の掃除くらいではゴミが一杯になったときのエラーは出ません。

 

ルンバ880

外観はこんな感じです。800番台でも色が870がグレーで880がブラックなので、880にしてよかったなと思っています。

 

機能

  1. クリーンモード(通常)
  2. スポットモード(一箇所を重点的に)
  3. スケジュールモード(何曜日の何時何分に起動)
  4. ドック(充電スポットに帰るよ)

基本的にはこんな感じの動かし方ができます。

スペック(特徴)

  1. 吸引力がルンバ700番台の5倍
  2. ボタンひとつで清掃開始
  3. ソフトタッチバンパーで家具もルンバも守る
  4. バーチャルウォールで入らないで欲しいところを設定
  5. ライトハウス機能(お部屋ナビを使って複数のお部屋を順番に掃除させる)
  6. ゴミフルサイン(ゴミがいっぱいだよー)
  7. ダスト容器が1.6倍
  8. ごみ捨てが簡単(だけど…後で書きます)
  9. リモコン操作も可能
  10. 床の材質に合わせてヘッドを自動調整
  11. 2cmの段差を乗り越える(乗り越えなくても良い時もある)
  12. 階段は落ちない
  13. 掃除が終われば自動充電

かなり有能で特徴も多いので、本当におすすめです。

ルンバ880にアプリ連携機能はありません。

しかし、ご家庭によっては必要な機能、不要な機能がありますので、ルンバは機種選びの際にしっかりと比較する必要があります。
フルスペックの最上位機種が全ての家庭向けというわけではないんです。

というのも、我が家もルンバにはとても満足していますが、機能を持て余している部分もあるんですよね。

 

ルンバのここが便利!(実体験)

ここからは実体験にもとづいたレビューです。

ボタンひとつで自動運転(クリーンモード)

ボタンひとつで後は自動、お掃除ロボットのメイン機能でコレがなくては始まりません。とにかく助かる。

スポット清掃

「ここのゴミ取ってくれる?」って時に便利。自分の手を動かせばいいんですけどね。一部分だけまだ走っていないってこともありますので、そのときは重宝します。

衝撃的なほどは頭が良くないので、全てをまんべんなく掃除できていないときもあります。そんなときこそスポット機能が便利。

階段を落ちない

2階の掃除には欠かせない機能です。この機能がなければ廊下の掃除は厳しいです。
あると最高、この機能がないなら我慢して自分で掃除します。

タッチバンパー

使ってみて最初に驚いたのはルンバの攻撃力の高さ。ドンドンドンと体当たりをするので軽い家具は動きます。このときこのバンパーがなければどちらにも傷が入っていると思います。

厳密にはルンバのほうは傷が入っていますが、ゴム質のバンパーなので問題ありません。おそらく劣化はします。

吸引力が強い

最初にすごく驚きました。明らかにフローリングがキレイなんですよね。最高です。

角(隅っこ)の掃除やはり弱いんですが、頑張ってブラシで吸い込もうとしてくれているので許せます。笑
時間があるときはほうきで集めてあげたりしています。笑

2cmの段差を超える(良い面も悪い面もある?)

越えて欲しい場所1つ。超えて欲しくない家具2つ。

この件については、ルンバに文句を言うのは人間のわがままなので、2cmの高さを超えれるのは有能だと思います。

ルンバ880はマットをしっかり超えてくれるので、すごく助かります。

注意点は柔らかいバスマットなどは巻き込むので、避けておくのが無難です。

自動充電

ドックに自分で帰って充電を始めてくれるのは助かっています。次に動かしたいときすぐ使えて便利です。

 

掃除

 

不要な機能(各家庭のライフスタイルによる)

我が家の場合は不要な機能を見ていくと、もしかすると880ではなく870番とかでも良かったかなとも思います。

なんとなくですが、便利すぎる機能ってのがあって。そこまでは頼らなくても大丈夫かなと思って使っていないだけです。機能としては本当に素晴らしいものばかり。

スケジュール機能

スケジュール機能は日々のスケジュールがカツカツすぎる方・完全放置でも不安にならない方に向いている気がします。

今の我が家では不要ですが、子どもは怖がるみたいなので子どもが生まれたら、スケジュールも設定する可能性はあります。

朝にイスなどを片付けておく時間がない

床に物があるとルンバは自由に動けないので。朝にしっかり片付けてでる余裕があるならスケジュールは便利ですね。

休みの日なんかは、外出前に片付けて予約して…って思ったんですが、自動運転をスタートして出れば良いのでやっぱりあんまり使わないかも。です。

お部屋ナビ

お部屋ナビはしっかりと活用すれば便利ですが、頼らなくても全然余裕です。

バーチャルウォールで入らないで欲しいところを設定

入らないで欲しい場所といえば風呂の中だけですが、ウォール機能を使う前に閉めたほうが早いです。

使うようになりました。下に追記しました。

ライトハウス機能【お部屋ナビを使って複数のお部屋(3部屋)を順番に掃除してもらう】

最大25分間は一部屋を掃除してくれる機能がついています。
しかし、僕の場合は一部屋に閉じ込めて適当に時間が経ったらほかの部屋に移動させたりしています。3部屋連続ではやりません。

このような使い方をしている時点で、800番台の割とスペックが高いほうのルンバを買う必要はなかったかなと思います。

最初は使っていたのですが使わなくなった理由は、全部屋のドアを開けていると中途半端に終わっている時があるから。

完璧には信用できないんですよね。意外と途中で止まることもあるので。

極論ですが、自動で掃除してくれて吸引力があって、大容量ならなんでも良いかも…という感じはします。便利すぎても持て余すかも。

 

追記:子どもが産まれて使用環境がかわりました

元々バーチャルウォールは使っていませんでした。

しかし、子どもが産まれたので、子どもがいる部屋には入らないようにバーチャルウォールを設置するようになりました。

かなり便利な機能だと実感しています。

これだけでも子どもがいる家庭にはピッタリの家電ではないかと思うほどです。

 

ルンバの良いところと良くないところ

ルンバ880

気持ち的な面でルンバについて語ります。

最高の家電だと思って使用していますが、良いところもあれば良くないところもあるのは事実。

ただし、良くないところは自分自身の意識の低下、ルンバに頼りすぎな点が原因です。

ルンバの良い所(メリット)

  1. ほかの家事をしているときに掃除を済ましてくれる
  2. いつも部屋がキレイになった
  3. ペットみたい(かわいい)
  4. 床に物を置かなくなった
  5. 床をキレイにする意識がついたので、部屋がいつもキレイ

共働きですと、どうしても食事と風呂掃除、洗濯に重点を置いてしまい、部屋の掃除は後回しになってしまっていました。

そんなご家庭には一台あると本当に助かると思います。購入時54,000円くらいでしたが、冗談抜きで安いと思います。
ボタンひとつで自分が掃除するよりも綺麗になるなんて最高すぎます。

ルンバが自由に動けるように、床を綺麗にしておく週間が付いたのはすごく良いメリットです。

悪いところ(デメリット)

繰り返しになりますが、自分次第なので意識を高く保てれば大丈夫です。

  1. ルンバに頼りっぱなしになるあまり、モップがけの回数が明らかに減った
  2. ルンバが入れない場所を自分も見過ごす
  3. 階段にホコリがたまりがち

ルンバに任せっぱなしだからこそ起きる現象ですね。甘えてます。

ルンバはものすごい有能なお掃除ロボットなんですが、掃除できない場所ももちろんあります。

ホコリを吸うための機械なのでモップがけは必要です。が、回数は減っています。これは反省ですね。
(階段のホコリもモップをかける回数が減ったことから。)

ルンバ自体の面倒な点は

ルンバの掃除(メンテナンス)

機械のメンテナンスはなくてはならないものなので、掃除をすることは別に構いません。

しかし、ルンバはダストも含めて水洗い不可なのでルンバのための掃除機は必要です。ハンドクリーナーがあると便利ですが、ルンバのための掃除機を買うのは少しアホらしいですね…。

刷毛でキレイにしても良さそうですが、家の中ではできないので小さめの掃除機がおすすめ。

部品交換代が高い

基本的に純正を使ったほうが良いのは間違いと思いますが、バッテリーは高すぎるので、互換品でも問題なさそうです。

フィルターやローラーはまた買うとき考えます。

 

トラブル(エラー)はよくある話

我が家はルンバを一度修理に出しました。購入店舗ではなく、メーカーに直接連絡しましたが、すぐに対応してくださって、引取の準備もしてくれました。

購入後すぐだったので無償でしたので、ありがたかったです。

もう一点エラーはありました。自己責任ですが、バンパーの位置がズレて挙動がおかしくなったので、分解をしました。

精密ドライバーさえあれば個人でもできる作業です。今はスマホで気軽に写真を撮れるので、ポイントを写真に収めながらやると分解後の組み立てもらくらくです。

関連 『ルンバ880の修理』バンパー分解からもう一度組み立てるまで

 

ルンバを使っているときの体験談を動画で

時にはユニークな動きを見せてくれるルンバはやっぱりペットです。笑

3cmの壁に挑むルンバ(超えれるのは2cm)

実際は2cmを超える実力しかないのにもかかわらず、3cmほどの高さを越えようと頑張ってしまいます。偉い!

おそらくですが、越えようとしている対象物が丸み帯びているので、乗っかった最初はいけそうな感じがしているのだと思います。

ルンバの攻撃力(壁や家具に当たるときの衝撃)

iRobotのホームページでも家具に対しては優しくと書かれていますが、「そこまで感知してますか?」と思わざるを得ない時もあります。まあかわいい。

階段を避けるルンバ(階段は落ちません)

初めはヒヤヒヤしましたが、階段を落ちたことは一度もありません。階段を落ちるときはセンサーに異常をきたしているのでしょうね。

階段を落ちたときはセンサーがトラブルを起こしている可能性もあるので、一つの指標になりますね。落ちないのが一番だけど。笑

 

その他ルンバについての補足

スペックとかとは違うので、補足としてまとめます。

置き場について

置き場所についてなんですが、我が家ではソファーの下に入れています。リモコンがあれば動かすのも簡単です。

むき出しでリビングに居座られているとかなりの存在感なので、影を薄くできる場所の確保は必要かな…とは思います。

NOYES ソファ Villa Check! ソファ専門店『NOYES』でスタイリッシュな『Villa』を購入

 

あとは音!騒音レベルは!?

うるさいというレビューも度々見かけますが、普通に掃除機の音ですね。
ダイソンやほかの掃除機よりも静かだと思います。

ただ、一点思うのは、普通の掃除機は自分でかけているので、そんなに煩わしさを感じないのかもしれません。心理的にいつもよりうるさく感じる??わからないですけどね。

そんな方にはスケジュール機能があるので、家を出るときにかければ解決です!マンションで夜に起動するのは迷惑かもしれませんね。

 

最後に感想(レビュー)

「ルンバを買って本当に良かった」以外の感想はなく、「5万って高いわ!とか、結局あんまりいらないかもね。」ってことは全くありませんでした。がっかり家電ってありますけどそれはまずないです。

この子がいなければ、本当に週末にならなければ掃除をできない日々が続いていた気もしますので、今ではなくてはならない存在です。

総合的な評価は最高な製品としか言いようがありません。

関連 モノが多くて部屋が汚い!って方は根本的な原因を解決してみませんか?

一人暮らしには600番台が良いかも。

 

公式サイトもおすすめ

通販サイトでも購入はできますがirobotの公式サイトを見てみるとスペックの比較もしやすいですね。

ルンバを公式サイトで購入するメリットは日本仕様のモデルを間違いなく購入できることです。

通販サイトは海外からの並行輸入品や偽物もあるそうなので(公式サイトにも並行輸入品に注意と書かれている)、確実に購入したい方は公式サイトがおすすめです。ちなみに僕はAmazonで購入しました。

 

家電はレンタルもアリ

最近は家電のレンタルもかなり一般的になってきて価格も安くなってます。DMMレンタルでは1ヶ月からレンタル可能なので、必要か悩んでいる方はレンタルから始めてみると良いと思います。

上位機種は1週間6,000円くらいですが、古い機種なら1ヶ月間のレンタルで4,000円ほど。1日当たり130円くらいなので思ったより安いです。

 



この記事のURLとタイトルをコピーする

ルンバレビュー