Ambのスニーカーに大満足!流行にとらわれないシンプルな一点

amb
この記事のURLとタイトルをコピーする

『買ったその日から、履心地の良い柔らかい革のスニーカー』

今回は久々にファッションネタで、おしゃれなメンズスニーカーのレビューをします。

夏はちょっとゴツいサンダル、冬はアウトレットで買ったVansの一番シンプルなやつとか、服に合わせてちょっと良いローファーだったり、スウェードの靴を履いているのですが、よくよく考えるとスニーカーを全然持っていないみたいで…。

ということで、久々にスニーカーを買いました。初めて見たブランドなのですが、一目惚れをしました。Ambというスニーカーをご存知でしょうか?

服を選ばないスニーカー『Amb』

AMB スニーカー

デザインはいたってシンプルでちょっとだけスマートな感じ。

シンプルだから特徴がないということではありません。時代を選ばないシンプルなデザインのスニーカーですし、流行にも左右されにくい。履いてみた感じどんな服にでも合うと感じています。

僕はゴツいスニーカーは苦手なので、ちょっとすっきりしたタイプのスニーカーが好きです。Vansのスリッポンのやつもシュッとしているから好きなんですよね。

ちなみにAmbのスニーカーのお値段は1,5万円くらいから3万円くらいです。

 

デザイン・機能面のレビュー

AMB スニーカー

今回買ったAmbのスニーカーはシンプルなのに特徴があります。スポーティーなスニーカーと違ってシュッとしています。キレイ目の格好にも合うスニーカーですね。

  1. 表部分(アッパー?)がスウェード
  2. ソールの部分が厚い
  3. 中は革張り

アッパーはスウェード

AMB スニーカー

写真では少しわかりにくいですが、スウェードなので、ちょっと普通のスニーカーと質感が違って見えます。

色はちょっと濃い目の緑で僕は好きな色です。

注意点は、スウェードは雨には強くないので、履く前と雨の日に履いた後には手入れが必要。ですが、防水スプレーとブラッシングだけで良さそうなのでそんなに気を使わなくても良さそうです。

革やスウェードはお手入れをしっかりしてあげると長持ちします。

 

履き心地

AMB スニーカー

歩いてしまったのでアウトソールの写真はありませんが、グリップもしっかりしていて歩きやすいです。最初に履いた瞬間はかなり履き心地が良く感じました。

若干ソールが高く見えて白い部分が良い感じ。緑の部分が映えます。

中は革張り

AMB スニーカー

中は革張りになっています。履き始めはやはり少し硬かったですが、徐々に柔らかくなりサイズ感もちょうど良くなってくるので、あまり大きめのサイズにしてしまうと後で困るかもしれません。

ちなみに初日はつま先部分が痛くなりました。

革関連でひとつ。

Fukulowさんの記事で革靴の履きならし記録をしている記事があるのですが、これは本当にタメになります。

僕もローファーで辛い思いをしているので、このシリーズを読んで少し気持ちが楽になりました。(Fukulowさんほど高い靴ではない)

 

Ambスニーカーまとめ

久々にスニーカーを買いましたが、革靴とは違った良さがあって良いですね。

履物はサンダルが最強だと思っている自分もいますが、おしゃれは足元からとも言いますので、靴は適当にしないようにしたいです。

履心地が良く、デザインもおしゃれ。さらにお値段も2万円前後と革割に安いスニーカーです。最高の一点をぜひお使いください。

ではでは。

上の白いタイプはスウェードではなかった気がします。

グリーンは在庫が減ってきています。Ambは毎年新しいモデルが出ているのでCheckしてみてください。

余談

今回購入した店舗は僕がいつも行っている『OCRES(オークル)』というお店です。

Ambのスニーカーと同じように流行に流されにくいデザインのブランドを多く取り扱っているセレクトショップです。何年も前に買った服を未だに着たりしているので、取り扱っているブランドやデザインにも統一感があると感じています。

BURNERとかSTILL BY HANDというブランドが好きなのですが、この店で服を選んでいるとよく言われることが

「その服持っとるよな?」

微妙に違うんですけどね。でも僕がこのお店を好きな理由は、今よりもっとおっさんになってもずっと着れる服がそろっているからです。

楽天でも出店しているのでぜひ。

 

ファッション関連の記事

SETTLERの財布はかなり気に入っています。もちろんウィルダネスなんちゃらも気に入ってますが、記事としておもしろみがあるのは財布のエイジングです。

  1. エイジングを楽しめるセトラーの財布を使い始めて3年弱が経過 Check!
  2. 日帰り旅行におすすめのバックパック。#ウィルダネスエクスペリエンス


この記事のURLとタイトルをコピーする