【実生 0〜3ヶ月まで】アデニウムアラビカムの成長記録

アデニウムアラビカム

アデニウムアラビカムの種を植えたのは今年の6月末のこと。それから3ヶ月と少し経過しましたので、現在の状況についてお伝えします。
徐々に涼しくなってきているので、休眠時期も近づいてきているので成長も落ち着いてきました。

種から植物を育てるのは小学校のときのアサガオ以来なので、すごく難しく、勉強の日々でした。育て方は専門家に意見を聞いているわけでないので参考までに。

種を植えて芽吹くまでの記録はこちら

ではいってみましょう。

アデニウムアラビカム 0か月~3ヶ月までの成長記録

アデニウムアラビカム種から

前回最後の成長記録の写真はこんな感じ

芽が出そろってからは順調でした。株がしっかりてから徐々に直射日光にも当て始め、冬を越せる強い株に育て上げようと思い、自分自身にも気合を入れました。

1ヶ月経過したころの(7月20日前後)

アデニウム 実生

1ヶ月ほど経過したころの写真

思っていた以上に成長が早く、日々変化していくのが目に見えてわかりました。毎日の観察がすごく楽しかったですね。

双葉が出てから本葉が出るまでは1週間ほどかかりましたが、そのあとは次々に葉が増えていって1ヶ月経つと見違える姿に。このころは本当に赤ちゃんのようでかわいかったです。

このころの管理方法

  • 小さいうちは毎日か1日置きに水やりをしていた
  • 大きくなってからは、水が乾いてから2日後くらい
  • 肥料は月に1度(2回でも良さそう)

 

アデニウムに限らず、多肉植物は水をやりすぎると根腐れを起こしやすいです。ぷっくりしてきて水を蓄えられていることがわかれば、水やりの頻度を減らしても良さそう。

なにより、アデニウムは砂漠で育つ植物です。日本の環境では水が必要ですが、もともと少量の水で成長できるような性質なのです。

2ヶ月経過

最初は発芽する数も成長スピードも全く分かっていませんでしたので、鉢の中に2~3粒の種を植えていました。ですが、成長スピードが早かったので、1年目にして早くも植え替えが必要になってしまったのです。

ほかの方のアデニウムのそだてレポを見ても結構1年目で植え替えをしている方はいるので、僕も気にせずに植え替えをすることに。
自宅に何個か鉢はありましたが、足らない分も出てきましたので、セメントの鉢を作って植えてみました。

短時間で製作できるちょっとおしゃれなセメント鉢をDIY

 

セメント鉢 DIY セメント鉢 DIY

この時点で残っていた実生株(種から育てている株)は11体。最初に植えたのが15粒で芽が出なかった種が4つありましたので、まずまず順調です。

日光の当たり具合や水の量が関係しているのかもしれませんが、株はどんどん個性的になって、ぷっくりしてくる子や細長くなってしまっている子も出てきました。
一応徒長(無駄に伸びる)対策は一株だけしていたのですが、変化は特に見ることはできません。普通に種を植えるだけでも良い気がします。

2ヶ月~3ヶ月の間:植え替えのストレスで成長が停滞。

2ヶ月から3ヶ月の間で植替えをしたことによって成長が少し止まってしまいました。なかなか変化が表れなかったので、結構ドキドキの日が続きます…。

アデニウムアラビカム

葉が少し枯れたりもしたが、持ち直して今は元気

植え替えで植物に与えてしまうストレスというのは人間にとって手術と同じようなものと言われています。だから植え替え後の管理は結構重要で、

  • 肥料はダメ、
  • 水も植え替え直後以外は葉水で様子見
  • 1日中は日に当てない

via.  観葉植物の植え替えで絶対に注意しなくてはいけない3つのこと

このように、植物に対してやってあげたいことがダメだったりするんですよね。

で、いままでの経験からなんとかなるだろうと考えていましたが……難しい!
成長が止まってしまうのは仕方がないことですが、枯れかけてしまう株が出るとは思いませんでした。

考えられる原因

始めはセメント鉢がダメだったのかと思いましたが、セメントに植えたアデニウムだけが (´・ω・`) となっているわけではなかったので鉢は大丈夫みたいでした。
⇒セメント鉢は強アルカリ性で植物や生き物は弱いため、植える前に少し気を使う必要がある

となるとおそらく、水をやるタイミングが早かったか、日に当てすぎたということになると思います。
成長を促すための水やりですが、気がはやりすぎて植物に無理をさせてしまったのかもしれません。推測でしかないですが、この辺に気を付けて次に活かしたいです。

 

現在のアデニウムの姿

アデニウムに嬉しい変化が!

higekoiさん(@higekoi_old)が投稿した写真


なんか赤いのが先っぽにあるんですよね。蕾っぽくはないですし、アデニウムの花が咲くのは3年後くらいなので不思議です。が、これ以降も赤い部分が成長しているので、少しだけ花が咲くかどうか楽しみにしています。

花は咲かない可能性が高いとは思いますが、植え替え後の停滞期間を経てのこの赤い物体です。成長していると実感できる変化でしたので、本当に嬉しかったです。

体長や株の太さ

体長(全長)や株の太さはまだそれほど気にしても仕方ないかもしれませんが、成長記録のブログなので念のため。

体長:5cm前後
株の太さ:1cm〜1,5cm

 

こんな感じです。個体差がありばらつきはありますが、しっかりと成長しています。

 

アデニウムの今後の育てかた(越冬に向けて)

これから大変なのが冬をどう越すかということ。水を切って休眠させるのを(冬眠時期)11月ごろからにするか、室内の温度を保ってもう少し成長させてから寝かせるか…迷いますね。

越冬対策はビニールハウスをDIY

今使っているすのこに柱を4本立てて、ホームセンターでテーブルクロスを買って被せとこうかなと考えています。あまり自信はありませんが、簡単にできそうですのでまた作ったらアップします。

ビニールで全体を覆うと呼吸が怪しくなりそうなので、まだまだ調べないとダメそうですが、アデニウムはできれば10度を下回るところには置きたくないのでどうにかしたいですね。

 

最後に

アデニウムは育て方も人によって違います。これからは明け方と日中の気温変動が激しくなりますので、より管理には気をつけたいです。
もう少し寒くなってきたら、夜だけは室内に入れなければ!

それではまた、ビニールハウスを作ったころに(11月中頃)更新予定です。

 

肥料はAmazonで評価の高い、観葉植物用の液肥「ハイポネックス」を使っています。

 

アデニウムアラビカムに関連する記事

一番上の記事は種を植えてから発芽までの記事です。ぜひチェックしてみてください。

アデニウムアラビカム