フレンチプレスのフィルター交換の重要性に気づきました

フレンチプレス

フレンチプレス(コーヒープレス)を購入して9ヶ月くらいですが、フィルターを交換していませんでしたので専用フィルターを購入しました。

最近フレンチプレスで淹れたコーヒーがあまりおいしくないように感じていましたので、念のため交換してみることに。
実は、「変えてみて効果があるのかな?」という気持ちも若干ありましたので、調子の悪さを感じてから2週間くらいは放置していました。

ですが変えてみた結果、最高だったので、そのことについてのお話を少しだけ掘り下げてみたいと思います。

フレンチプレスの特徴

まず当ブログではフレンチプレスについて書くのは初めてですので、簡単にフレンチプレスの特徴を書いてみます。

  • 淹れるのが簡単
  • 味にブレが少ない
  • 誰でも淹れれる
  • 油分を含むパンチのある味を出してくれる
  • 微粉が少し出る

 

淹れるのが簡単・味にブレが少ないというのは、いつも同じ条件ということが前提です。具体的に書くと「豆とお湯の量を同じ分量でお湯の温度も高めに設定して淹れる」ということ。

逆に豆の量をいつもと変えてみたりすると、違う味を楽しめたりもできるというわけです。もちろん薄くなりすぎたりなどの失敗もありますが。

ですが、ドリップやサイフォンのように淹れる人の技術がほとんど必要ないのがフレンチプレスの良いところです。

しかし、ていねいに淹れた時と適当に淹れたときでは、味が違う気がするのはなんとなく感じています。お湯をドバドバーっと淹れるとなんか違うなあとか。ていねいにプレスをしなかったときは味がイマイチだとか。その辺はドリップと同じ気がします。

 

淹れ方について

2回に分けて淹れる丸山珈琲の淹れ方が好きです。『丸山珈琲 フレンチプレスの淹れ方

フレンチプレスはこんな感じのコーヒー器具で、僕はお気に入りです。このような魅力的なコーヒー器具の味に違和感を感じ始めたので、フィルターを交換することにしたというわけなんです。

 

フレンチプレスのフィルターを交換する前に感じていたこと

  • 味にパンチがなくなった
  • 若干薄い
  • 微粉が増えてきていた
  • 濃さの変化だけではなく、なんとなく違和感

 

なんとなくな部分もあったのですが、微妙においしくないというか薄いときが増えていました。特にアイスコーヒーにした時にかなり薄く感じていました。フレンチプレスで淹れたアイスコーヒーは本当においしいんですけどね。こうなったらもう交換するしかない。

 

ボダム フレンチプレス用の金属フィルターを交換しよう

フレンチプレス フィルター

左の新品フィルターのフチが太く見えるが、どちらも0.35L用

届いた新品のフィルターを見た瞬間、交換することの重要性に気が付きました。

フチが歪みすぎているのでこれでは側面から微粉がもれるのかもしれません。そして、メッシュ部分が若干痛んできていたのも味を落としていた原因でしょう。わずかですが、メッシュに隙間が出てきていたり逆に歪んで隙間がなかったり…いつも通りプレスをしてもしっかりと抽出できていなかったのかもしれません。

メッシュが痛んできてるのは新品と比べてみなければわかりませんでしたが、一度交換を体験してみるとなんとなくわかるようになると思います。

 

交換時期について

コーヒーに異臭を感じたり、プレスの力を強くしなければ濾せなくなったときには、新しいモノと 交換してください。

via.  自家焙煎珈琲 ハーモニー

異臭はありませんでしたが、妥当な交換時期だったのかなと思います。今後はニオイも気をつけたいです。

 

交換後の感想

交換後はやっぱり全然違いました。アイスコーヒーはここ数日飲んでいたモノと全くの別モノになりました。やっぱりフレンチプレスで淹れたコーヒーはおいしいです。

 

最後にまとめを

フレンチプレスのフィルターを交換していない方はぜひ一度試してみてください。なにか変化を感じれば、それはもうコーヒーの沼にハマっているかもしれません。笑

それではまた。

 

メジャーなスタンダードタイプのフレンチプレスです。他にもオシャレなデザインのモノもありますが、シンプルなのもカッコいいです。

 

おすすめのコーヒー器具

コーヒーにハマり始めた方は、まずコーヒーミルを検討してみてはいかがでしょうか。ミルがあれば挽き目をたくさん変えれますので、いろんなコーヒー器具を楽しむことができます。

ナイスカットミルシルバーは静電気が軽減されて使いやすい!

2015.01.21

ナイスカットミルシルバーは静電気が軽減されて使いやすい!

 

コーヒー器具の関連記事一覧