グレートバリアリーフのポンツーンでシュノーケリングを楽しもう

ポンツーン 半潜水艇からの景色
この記事のURLとタイトルをコピーする

グレートバリアリーフの中でも特に透明度が高く、より美しいサンゴ礁を見れる場所「アウターリーフ

ケアンズから行けるこの場所ではシュノーケリングやダイビングを楽しむことができます。
拠点となるポンツーン(浮き桟橋)は、海の上とは思えないほどに充実した環境が整っていました。海でこんなに楽しめたのは生まれて初めてだと思うくらい最高でしたので、ガッツリとご紹介したいと思います。

 

今回はこんなお話!
  1. ポンツーン内での過ごし方
  2. おすすめしたい半潜水艇
  3. シュノーケリングやダイビングについて

水中カメラで撮った写真も載せていますのでぜひぜひご覧になってください。

ではではいってみましょう。

グレートアドベンチャーズのポンツーンに到着(グレートバリアリーフ)

グレートバリアリーフ ポンツーン

ポンツーンは何箇所かあるみたいですが、僕らが参加したアウターリーフツアーは「グレートアドベンチャーズ」のものです。

この会社はグリーン島でもお世話になっており、グレートバリアリーフ関連の観光ではかなり有名な会社です。船の中では必ず声をかけてくださり、日本人ということで気にかけてくれました。
ツアーの勧誘ももちろんありますが、純粋な気づかいやオーストラリア観光の知識を教えてくれたりもしました。

この船でもグリーン島行きの船でも「ポンツーンのツアーはグリーン島に泊まったならそのまま行けば良いのに」ということを言われました。これはちょっと失敗でしたが、来てみないとわかりませんでしたので仕方がないです。

でもグリーン島に泊まっていたということで、本来ならお金がかかるはずのクラゲスーツを貸してくれて本当に感謝です。

グレートアドベンチャーズは日本人スタッフがとても多く、気さくに話しかけてくださる方が多いので、自分でツアーを選ぶときは間違いなくおすすめ。

 

アウターリーフのポンツーンでの過ごし方

ポンツーン アウターリーフ

ひたすら泳ぐだけでも楽しいことは間違いありませんが、ここでは半潜水艇も楽しめますし、食事もちゃんと出ます。
基本的にはお金は必要ないみたいですが、タオルは4$ほどで少し高め。

簡易シャワーや更衣室もあるので、泳がないのはもったいないですね。

では次は具体的に何ができるのかを紹介していきます。

 

ポンツーンでの昼食

ポンツーン 食事

昼食はカレーです。
ケアンズで作られたものを持ってきて、到着した後に30分くらいかけてビュッフェ(バッフェ)の準備をしてくれます。
この間に着替えや場所取りをすませておくと色々とスムーズ。

すぐに泳いでいる方もいらっしゃいましたが、もし食べるのであれば泳ぐ前が良いような気はします。理由は絶対に冷めるから

ちなみに期待してはいけません。海の上で食べるものなので贅沢は言えませんが味は微妙です。

 

半潜水艇で楽しむ海中展望室

ポンツーン 半潜水艇

次は泳ぐ以外のアクティビティです。船を見た瞬間「これってももしかして潜るの?」と思い、かなりワクワクしましたが、潜ることはありませんでした。船に地下室があってその壁がガラス張りというつくりです。

ポンツーンに来た方の大半は潜ったり・シュノーケルをつけて泳ぐことをメインとしているので、半潜水艇は意外と人気がなく、すんなりと入ることができました。

早く泳ぎたいという気持ちに駆られるのは間違いありませんが、この潜水艇もぜひ乗ってみていただきたいと思います。

ポンツーン 半潜水艇からの景色 ポンツーン 半潜水艇からの景色 ポンツーン 半潜水艇からの景色 ポンツーン 半潜水艇からの景色 ポンツーン 半潜水艇からの景色

 

シュノーケルやダイビングを楽しむ

ポンツーン シュノーケル

船の上からでも明らかにキレイすぎる海。テンションが上がらないわけがありません。ポンツーン上でいろいろと楽しんでいたら、シュノーケルをする時間は1時間ほどになっていました。

1時間近く泳ぎ続けましたがあっという間でしたね。それほど泳ぐことが楽しく海がキレイすぎて癒されます。

写真も撮っていたのですが、20分くらいで撮りきってしまいました。

アウターリーフ シュノーケリング

後半にインストラクターさんがナポレオンフィッシュを連れてきて、ダイビング体験の方と一緒に泳いでいるのがうらやましすぎました。
めっちゃブサイクなのに海のキレイさに相まって神秘的に見えたのが不思議でたまりません。

僕はシュノーケルなので潜れませんでしたが、負けじとナポレオンフィッシュの真上を漂っていましたw

泳げる範囲は結構回ったのですが、一箇所だけ魚だらけの場所があり、長時間一緒に泳ぐことができて楽しかったです。ちなみにこのときもカメラの残数は0。

アウターリーフ シュノーケリング アウターリーフ シュノーケリング

 

最後に

アウターリーフ、ポンツーンは必ず行っておきたい場所だと思います。

海で泳ぐことがこんなにも楽しいことだとは思っていませんでした。シュノーケルがあって、フィンもあってライフジャケットもあって本当に最高です。
機材が充実していることやライフガードの方がたくさんいて安心感があるからこそ、なにも考えずに海と向き合えるのだと思います。
こんなに良い環境で守られながら泳ぐなんてことはめったにできることではないはず。

最後にまとめると…
  1. ポンツーンは半潜水艇がおすすめ!
  2. ダイビングやシュノーケリングは泳げるならやったほうが良い
  3. グレートアドベンチャーズのツアーを探すべし!
  4. ご飯は美味しくない
  5. 海なのに施設は充実している
higekoi
グレートバリアリーフ(アウターリーフ)に行くならグレートアドベンチャーズのポンツーン!

 

ちなみにトラベルドンキーが安いです。

ではでは。

 

オーストラリアで体験したアクティビティ

オーストラリアではグリーン島に3日間滞在し、さまざまなアクティビティを体験しました。そのことについてを下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

新婚旅行中のケアンズ旅行記のまとめ

今回のポンツーンの記事は新婚旅行中の体験談です。旅行中の全体験をまとめている記事のリンクを貼っていますので、ここからお好きな記事を探してみていただけるとスムーズです。

1週間の体験なのでなかなかのボリュームだと思いますが、良かったらご覧ください。

新婚旅行におすすめのオーストラリア・ケアンズ旅行での体験談

2016.06.25

オーストラリア観光を一覧にまとめました。下のボタンからご覧いただけますので、もしよろしければ参考にしてください。



この記事のURLとタイトルをコピーする