オーストラリア情報 泊まる

グレートバリアリーフに浮かぶ島、グリーン島に宿泊!

投稿日:2016年5月26日 更新日:

グリーン島

オーストラリア北東の観光地、ケアンズから船で約1時間の場所にある『グリーン島』

グレートバリアリーフに浮かぶこの島は景色も海も本当に最高です。

グリーン島は島の中心に宿泊施設や飲食店があり、まわりは全て海。主な楽しみ方はもちろん海で泳ぐことです。

さらに、ただ泳ぐだけではなく、シュノーケルやスキューバダイビングも楽しめるのでリゾート地として人気があります。

アクティビティの話もしたいところではありますが、今回はちょっと違う側面からグリーン島をご紹介します。

こんな方におすすめ

  • リゾート地が好き
  • 海が好き、泳ぐのが好き
  • オーストラリアといえばココ!ってところに行きたい
  • 特別感を味わいたい
  • 新婚旅行での思い出づくりがしたい
  • 口コミ評価が良いところに行きたい

 

今回の旅はケアンズを拠点としたハネムーンでグリーン島には2泊しました。

アクティビティについて詳しい情報をお探しの方は下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

 

アクセスについて【ケアンズ空港→港→グリーン島】

ケアンズ国際空港からグリーン島行きの港まではタクシーで15分から20分ほど。

オーストラリアは基本的に物価が高い国ですが、タクシーの料金は日本よりも安いです。

ちなみにクレジットカードOKで最初に乗ったタクシーは手数料が10%でした。帰りのタクシーは手数料無料だったので会社によって違うと思います。

手数料は「Extra charge10% OK(エクストラチャージテンパーオーケー)」みたいな感じ。

徐々に英語にも慣れましたが、到着したばかりのとき僕は全く聞き取れず奥さんに助けられました。笑

 

目指す港は 『reef fleet terminal(リーフフリートターミナル)』

reef fleet terminal
ケアンズを拠点にグレートバリアリーフの島々やアウターリーフのポンツーン(箱舟・海上の拠点)を目指す方は必ず覚えておきたい港です。

ケアンズ観光の方がたくさん集まっている場所ですので近くまで行けば迷うことはほとんどありません。

ここから船に乗ってグリーン島を目指します。

島に宿泊する方は受付で荷物を預けて何番ゲートから出港する船かを確認してください。

 

IMG_0023

グリーン島やアウターリーフに行く船は①か②番から出港していました。

受付の方は日本語を話す方はいませんでしたが、受付以外では日本語を話せるスタッフもいますので安心。

オーストラリアは日本人が多く本当に良かったです。

グレートアドベンチャーズという会社のツアーを選んでいれば、船内でも日本人スタッフが多く話も聞けるのでありがたいです。

 

船の旅は1時間ほど。

船内でも酔い止めはもらえますが、あらかじめ用意しておくのが無難です。2時間くらい前から飲んでおくと安心ですね。

かなり揺れますので、ジェットコースターが苦手な方はちょっと辛いかもしれません。僕はしんどかった…。

 

グリーンアイランドリゾートのは過ごしやすい観光地

グリーン島

船を降りるとすぐに、日本人のガイドさんが迎えに来てくださっていました。

宿泊者はそのままガイドさんと一緒にチェックインするためにロビーに向かいます。

素晴らしい対応!

桟橋の先にはグリーン島の入り口が見えます。桟橋の下にはカメやサメもいるようなのですが、到着してすぐは風の強さに驚き、桟橋を渡るのに一生懸命でした。

詳細は下の記事になりますが、海も綺麗で素敵な島です。

宿泊施設には日帰りの方は入ることができませんが、客室の外にある施設は利用可能です。

建物の外観や屋外施設

グリーン島の宿泊施設はグリーンアイランドリゾートのみ

自然と建物を上手に共存させている造りで、建物の間は自然のままの植物がたくさん。

広場の飲食店などのお店は宿泊者以外も利用できますが、受付より先にある客室には宿泊者しか入れないことも宿泊者には特別感があって嬉しいです。

宿泊施設はかなり広く、廊下に案内板があっても最初は結構迷いました。

 

グリーンアイランドリゾート

リゾート感最高!

グリーンアイランドリゾート

グリーンアイランドリゾート

 

オシャレで広い客室

部屋に入るとすぐに巨大なベッドがあります。

今回泊まったリーフスイートはキングサイズのベッドでかなり寝心地がよく、室内ではほとんどの時間をベッドで過ごしました。

宿泊者はいつでも客室に帰ってこれるので、アクティビティを体験したあと少し部屋でくつろいだり、昼食を部屋に持ち込んだりできます。

結構オープンな感じの宿泊施設ですが、客室に行き来しながら過ごすなんて特別感があって最高じゃないですか。

 

では部屋の写真を少し。

ベッドがでかい!!

グリーンアイランドリゾート 客室

グリーンアイランドリゾート 客室

キングサイズのベッド

グリーンアイランドリゾート 客室

二人用のダイニングセット。ほぼ未使用w

グリーンアイランドリゾート 客室

バルコニー。ここにダイビング用品を干せる

グリーンアイランドリゾート 客室

バスルームは広々としたつくり

外国は湯船につかる文化はありませんが、ホテルは浴槽がついている場所も多いそうです。シャワールームは高級ホテルの定番ガラス張り。

水回りは日本のほうがキレイで安心感もあります。でも想像以上に良いバスルームでした。

アメニティも充実しておりドライヤーも完備。高級リゾートなのでしっかりとしていました。

トイレの写真はありませんが、清潔感のある様式の水栓トイレです。海外では基本的にウォシュレットはありません。

冷蔵庫の中身も充実していますが、オーストラリアは物価が高いので注意。オレンジジュースで400円くらいです。

僕はプリングルスを3つ食べました。笑

 

ここまでのPOINT!

  • リゾート感満載
  • 宿泊者しか入れないゾーンがあるので特別感がある
  • キレイな景色
  • 部屋はとてもキレイ
  • アメニティも充実
  • 冷蔵庫の中のモノは高い

 

グリーンアイランドリゾートでの食事

グリーン島

初めての海外旅行で一番心配だったのが食事です。

「米が食べたい。うまい米が欲しい!!」

オーストラリアの食事に飽きて慣れてきたころは米のことばかり考えていました。

食事に関しては良い思い出ばかりではありませんが、グリーン島は満足度が高かったです

でも、ケアンズ市街よりも相場は若干高めに設定されているので、リゾート価格はあるっぽいです。

グリーン島で利用できる飲食店

  1. エメラルド・レストラン(ホテルのレストラン)
  2. キャノピーグリル(ハンバーガーショップ)
  3. リフレクションズ・プールバー(バー・ピザなど)
  4. ビーチピクニック(レストランで注文し、ビーチなどで食べる)
  5. ライトバイツ・アイスクリームショップ

昼食以外はすべてエメラルドレストランで食べました。エメラルドレストランで食事をすれば間違いありません。

キャノピーグリル(ハンバーガーショップ)

初日はハンバーガーショップでホットドッグを食べましたが、大きさに衝撃を受けました。

そしてそんなにおいしくはありません。笑

グリーン島 ホットドッグ

「ハァッドォァッグ」と発音

注文の時「ホットドッグ」といってもイマイチ伝わりません。

オーストラリアは「」なので、極端なくらい「ハァッドォァッグ」といっても良いです。

ハンバーガーの料金はセットで15$くらい。

ドリンクもつけると一人20$を超えますので、場合によっては日本円で2,000円ほどにもなります。

クオリティはいまいちなので高すぎっっって思いました。クオリティというか、味覚の違いかもですね。

エメラルドレストランでのディナー

エメラルドレストランではディナーを楽しみました。

グリーン島 ディナー

OGビーフステーキ

グリーン島 ディナー

子牛のステーキとエビ

グリーン島 ディナー

タコのカルパッチョ

上のカルパッチョは1人用ですwどんだけ食わすんだよって感じですよね。

夜の食事は前菜+メイン+ドリンクで100$前後(8,000円)で食べることができます。(2人で)

ドリンクが結構高いので、飲み過ぎると2万3万いきそうですね。

品数はそれほど多くありませんが、量が多いので大満足!てかこんなに食べれません。笑

グリーンアイランドリゾートでの食事一覧

エメラルドレストランでのランチ

バンズもしっかりしてる!肉も高級なやつっぽい!

グリーン島 ランチ

最終日の昼もレストランでハンバーガーを食べましたが、バーガーショップよりもおいしかったです。

お値段はキャノピーグリルよりも5$(約400円)ほど高めですが、おいしさが断然上なのでレストランのほうがおすすめです。

ポテトもすごくおいしかった。

エメラルドレストランでの朝食はビュッフェ(バッフェ)

グリーン島 朝食

グリーン島での朝食はビュッフェ(バッフェ)でした。

朝からオシャレなレストランでの食事はテンションが上がります。

 

オシャレ~!でも野菜がない‥!

グリーン島 朝食

写真を見てわかるように野菜がありません。果物はたくさんあったのですが野菜は見つけられませんでした。

 

グリーン島 朝食

オーブントースターが変わっていておもしろかったです。速度を調整して焼き加減をお好みにすることができます。

そのほか飲み物も充実していました。朝から楽しい朝食が体験できるのも見どころですね。

食事メモ

  1. 少し高いけどエメラルドレストランで食べれば間違いなし!
  2. お酒を飲みすぎると高くなりそう

 

スポンサーリンク

 

グリーンアイランドリゾートの料金や含まれているサービス

宿泊していないとできないこともあります。

グリーン島は宿泊しなくても来れるプランがありますが、宿泊者は結構優遇されているなあと感じました。

泊まるメリット!

  • 多分泊まりたくなるから日帰りは後悔しそう
  • ケアンズ-グリーンアイランド間のグレートアドベンチャーズ社利用の往復フェリー代
  • シュノーケル用具レンタル
  • グラスボトムボート乗船
  • 水中観測室入場料
  • サンセットドリンク
  • 桟橋での魚の餌付け
  • 夜のネイチャーウォーク
  • ビーチパラソル&チェアーセット
  • カヌーやカヤック
  • ビーチバレー、ウインドサーフィンなどのレンタル

1泊3万5千円くらいですが、これだけのサービスを利用することができるのであれば、日帰りではなく宿泊したほうが相当お得だと思います。

日帰りツアーの方は、シュノーケルだけが付いていたり、グラスボトムボート(床がガラス張りのボート)だけが付いているという感じになるみたいです。

泊まればゆっくりはできますが、ほかの観光地もたくさん行きたい方は日帰りがおすすめかもしれませんね。

 

グリーン島でかかった全てのお金

最終的な料金は滞在中にレストランなどで食べたものや、有料のアクティビティを利用したものも合計されます。

全部ツケておく感じ。

 

実際にかかった金額はコレ!

2名×2泊3日=2,000$(約16万円) 

チェックアウトの時に2,000$の明細を見て正直ビックリしました。

でもグリーンアイランドリゾートにはそれだけの価値があると思います。

島ではずっとツケで払うので、最初の予約よりも少し金額は上がるということは注意が必要です!

 

それでも!!!

グリーンアイランドリゾートは最高だった

僕らは2泊3日でグリーン島に滞在しましたが、1泊しかせずにケアンズに戻る方もたくさんいました。

1泊でも満足できると思いますが、2泊することによってダラダラと過ごす時間が増えてとてもリラックスできます。

まさにリゾートっぽい過ごし方ができました。今思い出しても夢のような時間だったなあと思います。

こんな方におすすめ

  • グリーン島の宿泊施設は宿泊者しか入れない
  • リゾート地なのでゆっくりとくつろげる
  • 料理は少し高いけどエメラルドレストランはとてもおいしい
  • 最高の景色(海が綺麗)
  • アクティビティが充実しすぎている
  • 値段は全体的に少し高め
  • 価格以上の満足度

この海だけでも幸せすぎる!!!

グリーン島

 

宿泊地情報

名称

グリーンアイランドリゾート
Green Island Resort

住所 グリーン島
 TEL 61740313300 (国際電話)
ジャンル ホテル
 Web
特徴
  • 島全体を楽しめる
  • グレートバリアリーフ
  • リゾート地
  • くつろげる

 

グリーン島を予約する

僕らは飛行機から全て自分たちで予約しましたが、ツアーでも良いと思います。

グリーン島だけではなく、ケアンズを回っていると何度も同じ方に会いましたので、同じ期間中の滞在であれば、似たようなルートにはなります。

安いのは間違いなく個人予約です。楽なのはツアー。

 

次におすすめの記事はコレ!

今回はグリーンアイランドリゾートという施設そのものについて書きました。アクティビティについても詳しく紹介しているのでぜひご覧ください。

グリーン島はアクティビティを楽しんでこそですのでぜひ!

体験談をもっとみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-オーストラリア情報, 泊まる
-,

Copyright© 45House , 2018 All Rights Reserved.