初めての海外旅行でマナー違反をしないために調べたこと【オーストラリア】

30歳にして初めての海外旅行に行くことになりましたので、行き先のオーストラリアで気をつけたいことについて調べました。

国ごとに法律やマナーの違いはあると思いますが、共通する部分もいくらかはあるはず。今回はオーストラリアに行きますので、そこを中心に気になったことをまとめました。

今回はこんなお話です
  1. 食事や日常生活において気をつけたいこと
  2. 海外ならではの必要な持ち物

現段階では体験ではなく調べたことなので、サクッとメモをしておきます。
旅行から帰ってきた時にまた気付いたことを追記したいと思います。

実際はどうだった?←このマークのところが体験した感想です。

 

海外旅行で気をつけたいマナーや法律(オーストラリア)

オーストラリアの法律やマナーについて。特に気になったことを何点かあげます。

食事中

  1. 食事中は音を立てない(ラーメンをすすらない)
  2. くちゃくちゃ食べるとかなり嫌がられる

麺類をすする以外の食事中の音は日本も同じなので問題はなさそう。

実際はどうだった?そこまで神経質になる必要もなさそうでした。日常的に気をつけていれば全く問題なし。

 

日常のマナー

  1. 鼻をすすらない(鼻をかむのはオッケー)
  2. くしゃみをしたら小声でもExcuse me(エクスキューズミー)と謝る

鼻をすするクセがある僕はこのことについては本当に気をつけたいです。

 

  1. オーストラリアとシドニーなるほど豆知識
  2. オーストラリアの常識 / オーストラリア留学の準備マニュアル
実際はどうだった?多くの方がexcusemeと言っていた。僕も言うようにした。

 

言葉

  1. ルー = トイレ
  2. ター = ありがとう
  3. エクスキューズ =ごめんなさい

馴染みがないので少し難しいかもしれませんね。

 

 

  1. 短くて簡単!旅行中に役立つオージー英語の言い回しアレコレ 
  2. 旅行前に絶対チェックしておきたいオーストラリア人がよく使うフレーズ5選

オフラインで使える翻訳アプリ もあるので入れておくべきだと思います!

実際はどうだった?エクスキューズは使った。トイレなどは表記してあるので問題無し。ターはthank youで大丈夫。翻訳アプリは役に立ちました。

 

タバコのマナー

  1. 館内禁煙が多い
  2. 禁煙場所での喫煙は200ドルの罰金
  3. 歩きタバコはダメ
  4. タバコは日本円で1,500円から2,000円

オーストラリアは世界的に見てもタバコに対しては厳しい国で、一箱あたりの値段も高いです。

最近では増税の話も話題になっていました。禁煙したい方には最高の国です。僕も良い機会なのでタバコは持っていかずに禁煙にチャレンジです!

実際はどうだった?オーストラリアは喫煙率が低く感じました。観光地には灰皿もありましたが、あまり使っている光景は見かけなかったです。吸いにくそうでした。

 

持ち物について(持って行くと便利なもの)

特に電子機器については海外に行くと使えないときもあるので対策は必要かなと思います。

スマートフォン

Wi-Fiを使えない時などにオフラインでWebページを読む方法を調べました。下調べしたことすら見ることができないという状況を回避するためです。

iPhone6s

Safariでリーディングリストに保存をするかPocketというアプリに保存をしといて、電波が入っているときにダウンロードをしておくかです。

実際はどうだった?Pocketはすごく役に立ちました。オフラインで見れるので「小説を保存しておいて暇つぶしに見る」ということもできました。

 

Wi-Fi

  1. オーストラリア(ケアンズ)は観光地なので無料Wi-Fiスポットが多い
  2. Wi-Fiレンタルのサービスもあり

僕が行くケアンズはホテルもお店も比較的Wi-Fiの利用が可能みたいなので借りませんが、町中以外の観光が多い場合は重宝すると思います。

実際はどうだった?どこでも繋がるのでレンタルは必要なさそう

 

一眼レフなどカメラ

個人的な話ですが、カメラはできるだけ多くのレンズを持っていきたいと思っています。が、問題もありそうです。

Check!
  1. 飛行機の預け荷物の扱いは酷いのでよほどのことが無い限り、カメラ、レンズは機内へ
  2. 海外で乗り継ぎするとロストの可能性もある。
  3. どうしても預ける場合は、厳重にパッキング。
  4. ボディとレンズは外してパッキング。
  5. 明らかにカメラバッグと分かるケースだと、海外の空港で抜き取られるというリスクもある。

via.  海外旅行にカメラを持って行くときに注意した4つの事。【国内旅行にも】

 

この記事を見た僕の決断は…

  1. 機内に持ち込めるくらいの量に収める
  2. メンテナンス用品も最低限
  3. 三脚はミニ
  4. SDは多めに

こんな感じで行くことにしました。

インナーケースに収まる程度におさめていきたいです。

実際はどうだった?そこまで神経質になる必要はないので、壊れたらまずいものだけ機内に持ち込むと良いと思います。

 

コンセントプラグ

オーストラリアは日本と電圧もコンセントプラグも違うので注意が必要です。

  1. 電圧は240V
  2. コンセントプラグはOタイプ

 

コンセントが必要なモノ

  1. 携帯充電器
  2. カメラ充電器
  3. ヘアアイロン

Oタイプのコンセントプラグがあれば、ほぼ問題ないのですが、奥さんの話によるとヘアアイロンは電圧が240Vまで対応していないそうです。

その場合は240V対応のヘアアイロンを買うか変圧器を買うかということになります。

 

実際はどうだった?ホテルによるとは思いますが、変圧器の貸し出しもありますのでそれほど問題になりません。

貸し出しありました↓

 

初めての海外旅行で知っておきたいことまとめ

今回はオーストラリアについて書きましたが、他の国にも通じることがあると思います。

海外旅行に行くときは、マナーを守らなければ現地の方に不快な思いをさせてしまったり、思わぬ罰金を払わなければならないかもしれません。
そんなことにならないためには事前に調べておく必要はあると思います。

 

実際に体験した上で最後にまとめると…
  1. マナーについてはそこまで気にしなくても良さそう(最低限は必要です)
  2. 街はWi-Fiがしっかり飛んでいるので通信自体は余裕
  3. タバコは吸いにくそう
  4. まあまあ高級なレストランもラフな格好の方が多かった(観光地だからか?)
  5. 過ごしやすい!

初めての海外なので実際は観光地でしたら寛容なのかもしれませんけどね。(←ものすごく寛容な国でした)

実際はどうだった?というタグもありますので、見逃した方はそちらをご確認ください!

ではでは。

 

新婚旅行中のケアンズ旅行記のまとめ

今回の記事は新婚旅行中の体験談です。旅行中の全体験をまとめている記事のリンクを貼っていますので、ここからお好きな記事を探してみていただけるとスムーズです。

1週間の体験なのでなかなかのボリュームだと思いますが、良かったらご覧ください。

新婚旅行におすすめのオーストラリア・ケアンズ旅行での体験談

2016.06.25

オーストラリア観光を一覧にまとめました。下のボタンからご覧いただけますので、もしよろしければ参考にしてください。