toggle
2016-04-17

木製まな板をオリーブオイルで簡単メンテナンス

まな板オリーブオイル

まな板にこだわりがあるわけではありませんが、我が家では木製のまな板を使っています。DIYを始めたころにノコギリの練習がてら今の奥さんにプレゼントとして作ったもので、何年か使ってくれていたので、そのまま使い続けています。

頻繁にやっていることではないのですが、表面保護をしてまな板を長く使うためのメンテナンスをしてみました。ご家庭にあるもので簡単にできるので、木製のまな板を使っている方はぜひご覧になってください。

(プラスチックのまな板の方も日々のお手入れは必要です。)

オリーブオイルでまな板を長持ちさせよう

まな板オリーブオイル

木材全般の保護はオイルを使うことが多いのですが、さすがに体内に入る可能性があるものに、食用以外のオイルを塗装するのは怖いですよね。

そんな時に使えるのがオリーブオイル(普通の油でも可)。

まな板を買った直後や製作したときにオリーブオイルを塗っておくと、カビなどから保護することができるので長持ちします。手入れも同じことで、定期的にオイルを塗ってメンテナンスをしてあげると良いのです。

乾性油(植物性、オリーブオイル)を使い、しっかりと乾燥させておけば表面はベタつきにくくなり、水もはじきやすくなります。オスモカラーのオイルなど、家具用のオイルを塗装したときに、水がはじかれるようになるのと同じことです。

 

まな板の日々のお手入れ

上に書いたオリーブオイルを塗るというのは、毎日できることではありません。そこで毎日しっかりやっておきたいこともご紹介しておきます。

  1. しっかりと洗う
    (汚れを落としておかなけば腐る可能性があります)
  2. しっかりと乾かす
    (オリーブオイルでのコーティング効果がなくなっているとカビが生えるかもしれません)

基本的なお手入れはこれくらいで十分なのですが、たまにはしっかりとメンテナンスをすることも必要です。
カビが生えたもので食べ物を切るなんてしたくありませんので、乾燥はしっかりしたいところですね。

Check! プラスチック製のまな板もこのようなお手入れは効果的

 

他で紹介されているメンテナンス方法

今回はしていませんが、有効なメンテナンス方法があったので紹介しておきます。

木の表面を削りなおす

カンナがけ、またはペーパーがけ。長年使っていると木製のまな板も劣化してきます。

  1. 木がそって(反って)くる
  2. 包丁の跡で線がたくさん入る
  3. 小さなくぼみがたくさんできる

今回はこのような状態にはなっていなかったので試さなかったのですが、大きなくぼみがあったり、そりがひどい場合はカンナが必要だと思います。

参考 まな板のお手入れ/ TOJIRO:Net

 

 

たまに重層で洗う

たまに、というのも人それぞれの感覚で変わりますが、だいたい週一回くらいでしょうか。このくらいの感覚で、まな板に重層を擦りつけてしっかり洗ってみてください。

僕は結構重層大好き人間で、いろんな場面で重層を使っています。何気なくまな板の洗浄にも使っていたのですが、有効だったようで安心しました。

 

 

まな板買い替え(作り替え)のタイミング

我が家のまな板は3年弱使っていますが、まだまだ使えそうです。ではどのような時に買い替えたり作り替えたりするのかということについて考えてみます。

POINT!
  1. そり(反り)すぎて、置いた時に安定感がなくなる
  2. キズが多くなりすぎてメンテナンスしても消えない
  3. ひび割れ

木材ならではの問題です。これらがひどくなってきたときは作り替えたりしたいと思っています。

このことを考えると、プラスチック製のまな板のほうが使い勝手がよく、長持ちもするのでは?と思いますよね。僕もそう思ったので調べてみました。

 

プロも木製のまな板を使っている理由

Check!プラスチック製のまな板では刃こぼれが起こってしまう

これがもっとも大きな理由だそうです。

何気なく木製のまな板を使っていましたが、プロもちゃんとした理由があった上で木製を使っているようなので安心しました。
包丁もまな板も道具なので、どちらも大切に使い、長持ちさせるためにはとても相性が良い道具なんでしょうね。

 

まとめ

まな板のメンテナンスをオリーブオイルでしてみましたが、そのこと以上にいかに日々のお手入れが大切かということがわかりました。

新しいものにすぐ買い替えることなく、長く使える道具を大事にしていきたいと思います。

まな板オリーブオイル

ヘタクソな穴も、DIYを始めた頃のちょっとした思い出なので大切に使いたいです。

 

 

キッチン周りの手軽なDIY

アイアンのラックをつけると手軽におしゃれなキッチンにすることができます。ビスで打ち込むだけですので、壁に穴を開けることに抵抗がない方にはおすすめです。

関連アイアンブラケットで食器棚用のウォールシェルフをDIY

当ブログ(45House)のDIY記事一覧について

DIY関連の記事を一覧にまとめました。棚やテーブルなど家具をメインでDIYをしています。

楽しみながらDIYをしていますので、ぜひ一度ご覧になってください!!

Link: 【DIY】45Houseで作ったものまとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事