「写ルンです」を披露宴で置いてみると何気に盛り上がった!

写ルンです

青春時代の思い出作りには欠かせなかった「写ルンです」

最近また流行りだしていると話題になっているようですが、愛用カメラ+写ルンを持って旅行に行っている方も結構います。

 

 

こちらの方々の影響もあり結婚式で置いてみたのですが、違った目線からの思い出が増えました。列席者の方の反応もよく、みんなが使えるカメラなので置いてみてよかったです!

それでは参考までにどんな感じだったかご覧ください。

写ルンですを披露宴会場でみんなに使ってもらうための準備

まず自由に使っても良いということを明確にする必要があります。
披露宴会場のテーブルに置いといただけなので、案内がなければ「誰の?懐かしいね~」くらいで終わってしまいます。

写ルンですを置くことをプランナー・司会者に伝える

プランナーさんの許可は必要です。勝手に話を進めてもある程度わかりやすく置いてもらうと使ってもらいやすいはず。
司会者にも伝えておけば、「写ルンですがありますよ~ご自由にお使いくださ〜い」という案内をしてもらえます。置いてあるだけではわからないのでここはしっかりと。

カメラ本体に「フリー」の札をつける

写ルンですには、ストラップをつける穴があります。紐を通し札をつけて、FREEご自由にどうぞと書いておくとわかりやすいですね。
何も書いてなければ手を出しにくく、ほとんど使ってもらえないかもしれません。

友達に直接伝える

「写ルンです使ってな~!」これだけで十分です。
僕らが披露宴会場に入場したとき、まだ写ルンですの枚数は減ってないような感じでした。案内があっても最初に手を出すのは意外と勇気がいることなのかもしれません。

列席者の写ルンですに対する反応

懐かしいな!久々に使うと良いな!意外と楽しい!あのアイディア良かったな!
こんな感想をもらうことができて、置いてみてよかったなと思います。

再流行していることを知らない方もまだまだ多いと思いますので、懐かしんでもらえると思います。僕自身も手軽に撮れましたので、披露宴をさらに楽しむことができました。

個人的に思ったことは、スマホで写真を撮られるときより気分が良いw

 

現像するといろんな視点が見れて楽しい

写ルンです

カメラは3つ置いといたのですが、2個は使い切ってもらえました。残りひとつは6枚ほどあまっていましたが、思った以上に使ってもらうことができました。
普段デジタルカメラやスマホを使っているとなかなか現像に出すこともありません。プリントしたものが手元に残るというのはすごく良い思い出になりました。

いろんな人が撮ってくれているので、視点も違っていてすごくおもしろかった。

写ルンです CD-R

今は現像に出すとデータ化してCDにも入れてくれるのでパソコンにも保存できて良いですね。いつもは加工してしまいますが、写ルンですで撮った写真はそのままで保存しておこうかなと思います。

 

写ルンです 現像 写ルンです 現像 写ルンです 現像

室内での写真はやっぱり暗い!でもこの暗くて粒子たっぷりな感じが懐かしく感じます。

 

最後に:写ルンですを使いやすいパーティー

さまざまなパーティーで使いやすそうな「写ルンです」

もちろん披露宴で使うのも楽しいのですが、ラフな披露宴、二次会、同窓会などで使ってみるのも楽しいですね。

 

参考記事 再び話題の写ルンですをパーティでばら撒いて遊んできた! / 銀塩日和

上のブログでは二次会で写ルンですを使っていてとても楽しそうです!たくさん使ってもらえると幹事さんも楽しいでしょうね。同じようなことをしている方がいて嬉しくなりました。

 

追記:写ルンです以外にも面白いインスタントカメラを買いました。フィルム交換ができること、モノクロフィルムが入っていること。この辺がちょっと特徴的です。

関連 新発売!フィルム交換ができるロモグラフィーのSimple Use Film Camera

 

 

写ルンですだけではなく、二次会の定番カメラ、チェキを置いてみるのも楽しいはずです!

 

結婚式の感想や体験談について

結婚式の体験談をまとめた記事と男目線での結婚式に対する心境の変化についての記事も参考にしてみてください。

  1. 尾道『ベラビスタ エレテギア』少人数で楽しむ最高の結婚式
  2. 女性にも読んでほしい、新郎目線で綴る結婚式のリアルな感想


写ルンです