結婚式のリアルな感想を男目線で語ります。#お金 #感謝

ベラビスタ レストラン

2016年の4月に結婚しました。

結婚はしたかったです。でも結婚式にそれほど興味がなく、どちらかと言えば新生活にお金をかけたいと思っていた僕ですが、結果的には最高だったなと思える一日となりました。

極端に言うと結婚式否定派だったのですが、今では完全に肯定派です。結婚式の話を初めたばかりのころと現在では正反対の意見を持つようになりました。

なぜ結婚式の感想を書こうと思ったか?

本当は結婚関連のことを書く気はなかったのですが、奥さんから、男目線の結婚式の感想を知る機会がなかったと言われたので、記事に残しておこうと考えました。

それなら、「結婚式はこんなことをやるのがおすすめ!」ばかりではなく、結婚式に対してネガティブな意見を持っていた男の心境が徐々に変化するリアルな意見を書こうと思ったわけです。

結婚式をしたくないと思っている彼氏がいる女性・結婚式に良いイメージがない男性の目に留まれば幸いです。では僕の心境の変化について書いてみます。

 

結婚式が重要と思っていなかった理由

まず結婚式に興味がわかなかった理由からお話します。

  1. とにかくお金がかかる
  2. 家具や生活用品にお金をかけたい
  3. 準備が大変、ケンカが増えると聞く
  4. 披露宴のひな壇で二人でピシッとしてても楽しくなさそう
  5. 披露宴中も友達と話をしたい
  6. 先に結婚式をした友達の意見がネガティブ
    (ただただ疲れた ・ 二次会のほうが楽しかった )

 

 

一番はお金

結婚式は莫大なお金がかかります。数百万円を家具などに回し、貯金もすればばそれなりに良い生活がスタートできるんじゃないか。そんな思いがありました。

家具・家電は両親からの援助もあるという方もいらっしゃると思いますし、実際僕も援助はありました。新婚旅行用にもたくさんもらいました。本当に感謝しかありません。

ただ、最初からそのお金をあてにして結婚式の計画を立てていてはただのクソヤローです。(期待するのは別w)
就職したばかりの方・10代後半・20代前半ならまだしも、僕は今年で30歳。援助やお祝いは無いものとして考えていました。

結婚式ができないほどではありませんが、「その後の生活は大丈夫だろうか。新婚旅行に行けるくらいお金が残るのか…

結婚が決まったころはこのような不安がかなり大きかったです。

 

本当に楽しいのか?

こんな思いもありました。みんなでワイワイしている列席者を羨ましがる自分を想像してしまいました。新郎新婦は本当に楽しいのかなと。

また、結婚式は「両親の卒業式、両親への感謝の気持ちを伝える場」とも言われていますが、実はあまりピンときていませんでした。感謝の気持ちを示すという考えが完全に欠けていました。

この気持ちは完全に逆転することとなります。

 

友人の意見

疲れた、二次会は良かった。
友達だけでパーティーをするほうが楽しくて気楽。お金もかからないからそれでも良くない?これが率直な意見でした。さすがに奥さんには言っていません。笑

 

ここまでを客観的に見てみると…

文章にしてみると本当にダメ男ですね。

  • 親のことを全く考えてない
  • 感謝の気持ちを大切にしていない
  • 何より彼女のことを大切にできてない

 

ひとつ弁解しておきますが、「結婚式なんてやらなくて良くない?」という話し合いはしていません。かわいい花嫁さんになるというのは彼女の夢でしたので、それを否定するつもりはありませんでした。

気持ちの面ではこうだったなという話です。

 

結婚式に対する心境の変化

空 写真

結婚式を重要視していなかった理由と照らし合わせて書いていきます。僕の気持ちは大きく変化しました。

 

お金の面の不安

お金に関しての不安は、日を重ねるごとになくなっていきました。

一年間お金を貯める余裕があった

僕たちは約一年間結婚式の準備をしてきました。準備期間が長い分お金を貯める時間もたっぷり。一昨年までは一年で貯めれる額なんてしれていましたが、目標があれば計画的になります。
無駄づかいも減りましたので、自然と貯金は増えました。

お金がないのであれば、日程に余裕をもって計画を立てるのも良いと思います。

 

お金を貯める上で意識したこと

  • 月初めに貯金用の別口座に一定金額以上を移す
  • 自分へのこづかいを決める

 

 

意識的に貯金をしなければ多分お金は貯まりませんでしたが、目標があれば大丈夫。安心してください。

姉の旦那さんはバイトもしていたそうです。やる気になれば根性でどうにかなるもんだと思せてくれた人が身近にいたことは救いです。

多くの方からのご好意

両親の援助・お祝い・列席者からのご祝儀、結婚式に呼べなかった方からのご祝儀やプレゼント。たくさんの方のおかげで結婚式は成功しました。僕らは恵まれていたと思います。

 お金の面での注意点

結婚式場からくる請求額以外でもかなりの金額を使います。家具・家電は別としても、50万から100万くらいはかかるかもしれません。
ざっくりですが、何にお金がかかるかまとめておきます。

 

結婚式以外で使うお金

指輪 20~30万円
(希望するモノによる)
お車代
お心付け
20万円以上
(招待者数による)
両親へのプレゼント 数万円
結婚式用の小物類 10万円以下
前撮り撮影 10万円
(知り合いに頼んだので格安)
ブライダルエステ
ヘアサロン
まつげ
ネイル
10万円程度

 

ネガティブな気持ちになってしまうかもしれませんが、知っていればより計画的に貯金ができると思います。実際僕はこの辺のお金を考えずに貯めていましたので少し後悔。

この辺の支出がリアルになってくるのは、準備も後半戦に差し掛かっているころ。「どうしよう…」と思っている時間もありませんし、この頃には多くの方への感謝の気持ちも強くなっているのでお金のことばかり考えてもいられません。

大丈夫。どうにかなるはずです。いや、するはずです。

 

本当に楽しいのか?という思いもだんだんなくなる

準備をしている間に、そんな小さな感情はどうでも良い話だと思うようになっていきました。

衣装合わせに毎回一緒に行く

彼女がどれだけ楽しみにしているかが良くわかる衣装合わせ。
「幸せにしたい、なりたい」という気持ちがあれば、自分のネガティブな感情も徐々に薄れていくはず。相手のお母さんが行くと言っても甘えず一緒に行きましょう。

ネガティブな感情がパッとなくなることはありません。だから毎回付いて行ってみてください。実際はめんどくさいけどw
彼女の楽しそうな顔を見ていると、だんだん自分も楽しめるようになってくるので不思議な気分でした。

新郎に憧れを持ったことはありますか?僕は全くありません。かわいい花嫁さんを見るとテンションも上がるものです。

 式中は楽しいのか?

これはやってみないとわからないことです。僕の場合はめちゃくちゃ楽しかったです。特徴のある式だったのでまた記事にしたいと思いますが、ざっくり概要を記しておきます。(結婚式の内容については⇩⇩)

式の特徴

  1. チャペルが特徴的
  2. 海を見下ろせる場所にあるホテル
  3. 披露宴会場は横長のテーブルでひな壇なし
    (隣、正面に友人がいる)
  4. 通常は普通のレストランなので、大人数は入れず36名
    (無理を言って37名にしてもらった)
  5. 人数が少ないのでみんなと話せた気がする
  6. プールサイドでケーキカットができる
  7. プールサイドで挨拶

これらの多くは、雨が降らなかったから楽しむことができたというのも事実です。良かった点は、普通に友達と話ができたこと。感謝の気持ちを伝えやすい距離感だったのは最高でした。

披露宴のひな壇で二人でピシッとしてても楽しくなさそう

と最初に書いていますが、僕は全くピシッとしていませんでしたw カメラも持ち運べましたので最高です!

 

友人の意見からネガティブな印象を受けていたことについて

 ただただ疲れた

疲れました。実際めちゃくちゃ疲れました。でもそれは自分の思い描いていた疲れとは違って、「楽しかったなあ、終わったー」という達成感が大きかったです。友人もこんな気持ちだったのだと思います。

でも正直な意見をひとつ。

higekoi
後撮りはしんどかった!もう口角上がりません!w

 二次会のほうが楽しかった

これはやってないのでわかりませんが、そうかもしれませんね。僕は結婚式で疲れまくっていたので、二次会がなくてよかったと言うのが本音です。披露宴の後は列席してくれた友人と飲みましたが、気兼ねなく楽しめたのでこれはこれで最高でした。

二次会をやらなかった理由

  • 式が日曜だったので遠方の人が帰らないといけなかった
  • 日曜なので遠方の方を呼びにくい
  • 日曜ってことが全て

 

新婚旅行も一ヶ月後なのですが、間が空いて良かったです。お礼もできずに行くと、旅行の後もまだまだバタバタしてしまうんでしょうね。

朝から結婚式をして、夜中まで二次会・三次会と当たり前かのようにやっていますが、かなりすごいと思いました。面倒なら、思い切って「やらない」という選択肢アリです。

ホテルのスイートルームに泊まれたので、とりあえず満足してしまったと言うのもありますが、結婚式の後すぐに平常運転も全然良いと思います。

 

最後に結婚式の感想

結婚式をやってみて本当に良かったと思います。
友人の余興にも感動してしまいましたし、何より両親へ感謝の気持ちを伝えることができたのが良かったです。普段なかなか言えることではないですからね。

圧倒的に花嫁さんのほうがちやほやされますが、僕も気分が良かったです。幸せそうな奥さんを見れて幸せでした。
超高額な飲み会みたいなもんですが、「一生に一度だから。」という女性の気持ちが少しだけわかった気がします。

男のほうが妄想族だとは思っていますが、女性の結婚式に対しての妄想は何十年も前から始まっているのでしょうね。敵いません。幸せな時間を過ごすことができると確信しているのだと思います。女性は強い。

 

感謝

この気持ちが強くなればなるほど、結婚式を楽しめるような気がします。

  • 両親への感謝
  • 親族への感謝
  • 友人への感謝
  • 奥さんへの感謝
  • プランナーさんへの感謝
  • スタッフさん全ての方への感謝
    (式場・カメラマン・メイク・着付け・衣装屋・花屋)

 

基本的なプランは一緒かもしれませんが、自分たちが創り上げた結婚式は世界でひとつだけで量産品ではないんです。

本番が近づくにつれて感謝の気持ちも高まっていきます。最初は気にしていたお金もだんだん気にならなくなってきました。むしろ300万とか400万でも安いんじゃないのかと思えるようになりました。

プランナーさんが深夜まで働いているのは、打ち合わせでかなりの時間が取られるからというのもあると思います。

本番はたった数時間の出来事ですが、何時間も打ち合わせに付き合ってもらったりしていることを考えると多分安い
なにより式中のおもてなしのクオリティに感激しました。

お金の面での考えが変わってくると、「どうやって楽しんでもらおうか。料理は満足してもらえるだろうか。」こんなことばかり考えるようになりました。結婚式は自分達だけのためではないんですよね。経験してみて初めてわかりました。

 

僕の結論

  1. 女性の結婚式への思いを否定しない(金銭面で非現実的なときは別)
  2. 男も楽しい!
  3. 感動もする!
  4. 互いの両親との距離も近づく!
  5. だんだんお金のことは気にならなくなる!

 

こんな感じです。この記事を読んでくださった方の結婚式が素晴らしいものになることを願っています。

ではでは。

やっぱりブライダルフェアなんかは噂のゼクシィで予約するのが一番早かったです。

 

結婚関連の記事

結婚式の関連記事をいくつか書いていますので、ぜひご覧ください。少人数で楽しんだ結婚式のお話はおすすめです。

ベラビスタ レストラン