マキネッタ

味がブレにくい『マキネッタ』の特徴とおすすめの豆をご紹介

投稿日:2014年11月28日 更新日:

マキネッタ淹れ方

マキネッタの愛称で親しまれている『モカエキスプレス』。

おじさんのマークが特徴で、とてもかわいらしいデザインの直火式エスプレッソマシンです。

コーヒーが大好きな方は1台持っておいて損のないコーヒー器具です。マキネッタを買えば自宅で飲めるコーヒーの種類が増えますので、ぜひぜひ購入を検討してみてください。

マキネッタの淹れ方については「マキネッタで手軽においしいコーヒーを淹れための使い方」で詳しくご紹介しています。

  1. マキネッタの特徴
  2. おすすめのコーヒー豆

今回はこの2点について詳しくご紹介したいと思います。それでは少しだけこのマキネッタというコーヒー器具についてご紹介~

スポンサーリンク

 

マキネッタの特徴と飲めるコーヒーの種類

マキネッタ

マキネッタはハンドドリップやコーヒーメーカーなど、一般的な抽出器具とはちょっと違ったコーヒーを飲むことができます。

直火式エスプレッソマシン」といわれていますが、実はマキネッタで淹れたコーヒーは『モカコーヒー』と呼ばれています。

どのコーヒーとも違って、独自の味を出すことができる素晴らしいコーヒー器具なんですよね。

特徴やおすすめポイント

ポイント

  • 1〜18杯用まで豊富なサイズ
  • 手軽で味にブレがない
  • 抽出時間が短い
  • コクが出やすい
  • ステンレス製とアルミ製がある(アルミがおすすめ)
  • インテリアとしても活躍するほどオシャレなデザイン
  • イタリアでは70%ほどの家庭で使われている
  • マキネッタは洗剤で洗ってはいけない

 

マキネッタを使用するようになってからは、前よりもおいしいコーヒーを飲めるようになりました。
エスプレッソとは違うのですが、深みのある濃いコーヒーが好きな方にはおすすめです。

使用サイズ

サイズも豊富なんですが、僕は3杯用サイズのモノ「ビアレッティ 直火式 モカエキスプレス 3カップ」を購入しました。

3カップ用は最大抽出量が180mlしかありませんが、実際にはいつも150ml程度の抽出になります。それでも僕としてはちょうど良いですし、安定して同じ味を出すことができるんです。

だから家族が増えても3カップを使い続けています。

1人用にはちょうど良いサイズなのですが、2人・3人となっていくと物足りなくなってしまいますので、多めに飲みたいという方は4・5杯用をおすすめします。

4・5杯用でしたらお値段もほとんど変わりません。4杯用はなぜか3杯用よりも安い

飲めるコーヒーの種類

 

マキネッタ

基本的にはエスプレッソマシンで飲めるようなコーヒーを飲むことができるようになります。
エスプレッソブレンド豆を選ぶと良い感じの抽出を安定しておこなえますね。

厳密にいうとエスプレソとは違うので、家庭的なエスプレッソのような感じだと思ってください。

カフェラテも飲む人によっては、コーヒー牛乳のような感じと思うかもしれませんが、かなり濃厚な味になるのですごくおすすめです!

スポンサーリンク

 

おすすめのコーヒー豆について

カフェロッソ コーヒー豆

マキネッタに使用する豆はできれば深煎りの豆が良いと思います。

好みの問題ですが、せっかくなのでより深い味わいを楽しんでいただきたいので僕は深煎りをおすすめします。

最近はエスプレッソでも浅煎りのシングルオリジンで淹れるお店もありますが、エスプレッソマシンほどの圧力はありませんので、できればマキネッタでは深煎りを選びましょう。

僕は自宅で森彦の浅煎り豆を使ってアイスアメリカーノを淹れたことはあります。

浅煎りで淹れるなら、カフェラテよりはアメリカーノの方が合っていると感じました。

メーカー(ビアレッティ)もおすすめしているイリーの粉

お買い求めやすいのでは、ビアレッティ社もおすすめしている「illy(イリー)」のコーヒーのエスプレッソ粉もあります。
僕も試してみましたがなかなかよかったです。

お値段的にもちょうど良いので、継続してマキネッタを使用する方にはおすすめ。

豆ではなく、粉で販売されているのはより多くの方に飲んでもらえたらと思っているからでしょうね。
イタリアでは多くの方に愛されているので、コーヒーミルがなくても気軽に飲めるように…という配慮だと思います。

 

粉じゃなく豆バージョンもあるよ!

 

コーヒーミルがあるならカフェロッソの豆がおすすめ

カフェロッソ ラテアート

イリーももちろんよかったのですが、これまで僕も何種類かの豆を試してみた結果、一番お気に入りなのが島根県の「カフェロッソ」というお店の豆です。

とても味わい深く、イリーよりも濃厚。

エスプレッソにこだわっているお店なので本当におすすめです。エスプレッソ用の豆は3種類あり、その中で『エスプレッソブレンド ラテアート』という豆を継続して使っています。

とにかく大好きな豆なので、興味がある方は下のリンクからお店の記事や豆の記事もご覧ください。

エスプレッソブレンドについてもっと詳しく

豆からならコーヒーミルは必要

コーヒー豆からというとハードルも高くなるかもしれませんが、コーヒーミルがあると色んな種類のコーヒーを楽しめるようになります。

よかったら「ナイスカットミルシルバーは静電気対策をされて使いやすくなった!」をご一読ください。

 

最後に:マキネッタ発祥のイタリアのお話や感想など

マキネッタ

イタリアで「コーヒーください」というとエスプレッソが出てくるそうです。

日本やアメリカとは飲み方もコーヒー文化もだいぶ違っているみたいですね。
日本はどちらかといえばアメリカの影響を強く受けているので、ヨーロッパに行くと驚くのかもしれません。

ヨーロッパで日本で飲み慣れているコーヒーを頼みたいのであれば「アメリカーノやロングブラック」といってみてください。

イタリア人からするとアメリカンは薄いお茶みたいな感じらしいです。

オーストラリアもイタリアのように、エスプレッソが主流でした。コーヒースタンドが多くとても楽しい街です。

・・・

コーヒー文化の違いを調べてみるのもコーヒー好きとしてみればなかなかおもしろいものです。

マキネッタの購入を考えるまでは、エスプレッソが飲めるものだとばかり思っていたので、ほかのコーヒーでも色んな勘違いがあるかもしれません。

イタリア流の『モカコーヒー』は、そのままでも砂糖を入れてもミルクと混ぜてもとてもおいしいです。コーヒーが好きな方は、ぜひぜひ検討してみてください!

マキネッタのまとめ

  • マキネッタでは濃厚なコーヒーを飲める
  • 豆は深煎りがおすすめ
  • エスプレッソと間違われがちだがモカコーヒーというジャンル

マキネッタについてもっと詳しく

 

定番の3カップ!

 

マキネッタ以外の器具もたくさんご紹介

コーヒー器具

コーヒー器具ドリッパーだけではありません。

いろんなコーヒー器具があれば、いろんな味のコーヒーを楽しむことができます。マキネッタも特徴的なコーヒー器具ですが、下のページではお店でも見かけないような器具も紹介しています。

インテリアとして楽しむことができる器具もあります。コーヒー器具は部屋にひとつあると雰囲気がすごく変わります。

もし興味があればごらんください。

コーヒー器具をもっと探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-マキネッタ

Copyright© 45House , 2018 All Rights Reserved.