お金がかからないDIY!ローテーブルをどんどんリメイクします!

ローテーブル DIY

以前もローテーブルをリメイクしたのですが、どうも使い勝手が悪かったため、またまたリメイクしてみることにしました。

ローテーブルをDIY!!リメイクでも意外と良い感じ。

2013.12.24

最初のリメイク⇧

ローテーブルをもう一度リメイク!その理由は!?

ローテーブルを解体し二度目のリメイクをしました。以前の物はDIYを始めて以来の大物だったこともあり、かなり気合いを入れて作りました。

完成品したものは大満足の仕上がりでしたが、「実際に使ってみると使いにくいな」と思うこともしばしば。先週まで実際に使用していたローテーブルがこちら⇩

 

ローテーブル リメイク

リメイク前の問題点

  1. 下に棚があることによって、足を伸ばせない。(かなり窮屈でした。)
  2. 高さが自分に合っていない。(床に座ると高く、ソファーに座ると低い。)
  3. 足の色が部屋に合わなかった。

 

ということで、「気に入らなくなったので、作り替えてしまおう!!」
と思った訳です。愛着は湧いていましたが、家具は使ってこそだと思いますので、なるべく躊躇はしません!

この問題点を解消することを目標にし、この度、製作したローテーブルがこちら⇩

 

DIY ローテーブル リメイク

リメイク後(変更点)

  1. 足の色の変更と全体的に再塗装。
  2. 若干ガタついていた天板をできるだけフラットに。
    (DIYにおいて、ばらつきなどは味になると思っていますが、ローテーブルの天板の平面出しは大事でした)
  3. 足同士で繋げていた棚を撤去。
  4. 足を直角に変更し高さの調節。(足を直角にしたことにより、安定感もアップ)
DIY ローテーブル リメイク

DIYとリメイクのメリット

DIYのメリットは作り終えたものでも、何度でもやり直しや付け足しがきくということです。もちろん、時間をかけて自分で製作したものなので、リメイクするまでは悩みました。ですが、使いにくいという実感があったため、良くなることはわかりきっていたのです。

他にも使いにくいだけではなく、デザインが気に入らなかったりもすると思います。

「使いにくい、デザインが部屋に合わなかった」

これらはDIYではなく、家具屋さんで購入したときにでも、起こり得ることではないかなと思います。安く購入したものでしたら、思い切ってリメイクしてみても良いかもしれませんが、高い買い物でしたら、なかなかそうもいきません。

DIYが一番良いとは言いませんが、不満があった時に、思い切ってリメイクできる点は、ものすごいメリットだと思っています。

DIY ローテーブル リメイク

今回はローテーブルをローテブルにリメイクでしたが、全く別の家具に変えてしまうことも可能だと思います。

カラーボックスをリメイクして収納もおしゃれに楽しもう!

2014.02.19

上のURLの家具は、普通の三段ラックを二段に変えて、風呂場に置くラックとして使用しています。
天板も外して、脱いだ服を入れるものにしました。

 

材料費や製作時間

今回のリメイク費用は再塗装、新たな木材合わせて500円程度。
木材は端材を使用する程度で済んでいるので、ほとんどお金はかかっていません。
本当に安い!

そして、製作時間は解体、カット、組み立てで、2時間強

DIYをするからにはそんなにお金をかけたくはありませんよね。楽しければ時間はかかっていいですが、使用できない時間を考えると、一から作り直すよりも早く作れるのはおすすめするポイントです。

楽しくできて、安い木材を使用して経済的!DIY最高です。