『くうきれい』でのエアコン洗浄とプロに頼む時の6つの注意点

くうきれい

あなたのお部屋のエアコンはイヤなニオイがしませんか?

偉そうに言ってみましたが、僕の部屋のエアコンはつけた瞬間は結構ひどいですw

「くっさー」と笑っていられるのも、エアコンのファンを見る前までです。フィルターの奥をのぞいてしまったら、何とかしたいという気持ちになること間違いありません。

エアコンのニオイが気になる場合にできる3つの対策

  1. エアコンの買い替え
  2. 清掃業者に依頼し、ファンの掃除をしてもらう
  3. 自分でめちゃめちゃ頑張って掃除をする

 

当たり前のことしか思い浮かびませんでしたが、この3つの行動パターンが妥当などころではないでしょうか。

  • 1.2番→お金をかけることができるのであれば、手間がかからない
  • 3番 →安く済ますことはできるけど、素人では応急処置程度にしかならないし大変そう。

 

どの選択肢をとるにしても、何かしらの注意点はあります。

ですが、ニオイが気になるようになってしまったのであれば、そのデメリットを受け入れてでも行動に移すべきです。エアコンが「カビだらけ」なんてイヤですよね。

カビを放置してしまうと、異臭がするだけではなく、空気までもが汚いものとなってしまいます。必ずや、何かしらの対策を打つことをおすすめします。

 

清掃業者さんに頼む場合の注意点

くうきれい

今回清掃業者を検討していましたので、いろいろと調べた結果わかったことがあります。

特に知っていて良かったと思ったのが、掃除を頼んだ結果「フィンだけしか掃除してもらえず、満足のいく結果とならなかった」という事例。これは困ります。ファンのカビが気になっているのですから。

その他にも注意すべき点がありますので、よろしければ、下記の注意点と参考サイトをご覧下さい。

注意する点

  1. 価格だけで判断しない
  2. 会社名や会社の規模だけで判断しない
  3. 専門業者かどうかをチェック
  4. 洗浄方法や洗剤をチェック(ファンを外して洗浄してくれるかがポイント)
  5. 抗菌、防カビの後処理をするかどうか
  6. ブログ、Webサイトをチェック

 

 

個人的には4番を特に注意するべきかなと思いました。お値段や掃除業者選びのチェックポイントは下記のサイトをが参考になります。

 

今回は『くうきれい』を使用して自分でめちゃめちゃ頑張って掃除してみる

くうきれい

実は僕は「くうきれい」のリピーター。
この記事を読んでくださっている方は「安く済むなら、自分で掃除してみようかな」と思っているのだと思います。

「くうきれい」をおすすめしないわけではないのですが、めちゃめちゃ大変でめんどくさいです。さらに僕は大成功を収めたことはありません。(笑)

それでも「くうきれい」をリピートしている理由は、やはり『安く、効果もしっかりある』から。大成功ではありませんが、効果はちゃんとあるんです。

以前「くうきれい」を試して大変だったことをよく覚えていましたので、さすがに今回は業者さんに依頼をするか、エアコンを買い替えるか、かなり悩みました。

ですが、「エアコンを掃除しました(2011) |とくみつ録。」という内容のブログを見たことでやる気がでました。

 

エアコンのフィンとファンを掃除するために準備するもの

  1. くうきれい
  2. フィン洗浄剤
  3. 養生するためのゴミ袋(くうきれいの中にも入っていますが、間違いなく足らないため)
  4. ウエスなどを巻いた割り箸か使用済みの歯ブラシ
  5. 養生テープ
  6. ペットボトル専用加圧スプレーノズル
  7. バケツ
  8. 雑巾
  9. ゴム手袋
  10. 床にブルーシートなどを敷けばなお良い

 

「くうきれい」を使用してエアコン洗浄をするのですが、「くうきれい」だけでできるほど甘くはありませんでした。

準備するものがたくさんありますので、全く同じではなくてもできるだけ揃えて下さい。

 

 

まずはムースでファンのカビを徐々に徐々にしっかりと落とします

くうきれい

まずはエアコンのファンに掛けて放置するタイプの「くうきれい① ムースタイプ
このムースを掛けておくとどんどん汚れが落ちていきます。

ムースは15分放置と書いてありましたが、そんなに短時間ではほとんど落ちません。
30分から1時間程度放置しておいても良い気がします。

この時袋に水がどんどん溜まっていきます。溢れることはありませんが、重みに絶えきれず落ちてしまったら悲惨なことになります。注意です。(バシャーンとはなってませんが経験済)

 

追加で専用カバーを購入しておくと便利かもしれません。

 

ムースの待ち時間でフィンの清掃をしてしまいましょう

くうきれい

ファン洗浄用のムースをなじませている間に、フィンに洗浄スプレーを吹きかけましょう。これ一本で完全に綺麗にできる訳ではありませんが、やるとやらないとではニオイが違います。

初めてエアコン洗浄をした際はこのスプレーを吹きかけなかったため、ニオイが少し残りました。

 

リンスを使ってムースを洗浄

くうきれい

ここからが一番大変です。
ムースを完全に洗い流さなければならないのですが、なかなか落ちてくれません。そして、内部の汚れも半分くらい残ってそうです。

この辺りから重要になってくるのが気合いです。どのくらい頑張るかによりますが、綿棒や、割り箸にウエスを巻いたものでゴシゴシ掃除していくと、徐々に綺麗になっていきます。

ただ、完全に汚れを落とすことは不可能です。でも安心してください。気になるニオイはほとんど消えます。

一点注意しておいて頂きたいことが、「リンスは全然たらないということです。その時に準備しておきたいものがひとつあります。

 

ムースを完全に落とすために“ペットボトル専用加圧スプレーノズル”を準備しよう

くうきれい

このペットボトル専用加圧式スプレーノズルはペットボトルの口に取り付け、圧をかけて使用する、簡易高圧洗浄機のようなものです。

霧吹きなどでも少しずつは落とせますが、やはり水圧が足らないと、奥まで洗い流すことができません。追加で購入しなければならないことがネックではありますが、このスプレーは必要かと思います。

綺麗に洗い流すことができたら、エアコンの水を拭き取り、改めて別のゴミ袋を取り付けて、エアコン内の水が落ちきるまで送風で運転をします。(20分程度)

 

最後に『くうきれい』は おすすめできるか!?

くうきれい

「くうきれい」はお金を掛けたくない方には、すごくおすすめできる商品だと思います。しかし、ショーワさんが言っているほど簡単な作業ではないことは間違いありません。

ものすごく簡単にエアコン洗浄ができると思って「くうきれい」を購入した方は失敗したなあと感じるかもしれません。ただ、ニオイは消えますし、2年ほどはある程度綺麗に保てるので、ちょっとニオイが気になるくらいでしたら、一度試してみるのも良いかもしれません。
エアコンの状態によっては、生まれ変わったと感じるほどの効果を期待できる可能性はあります。

他の方のブログでも、完璧に洗浄ができたと言う話はありません。エアコンの寿命を延ばしたい方は、エアコン洗浄のプロにお任せするのが良いと思います。

夏を快適に過ごすために、エアコンの内部清掃をしっかりとしておきましょう。

肝心の作業画像がなかったことをお詫び致します。(そこまで余裕がなかったことと、汚くて撮る気にならなかったため。笑)

 

記事途中で紹介したペットボトル専用加圧式スプレーノズルは、エアコン洗浄以外でも活躍しています。窓の桟(さん)の掃除・植物への霧吹きなど。

 

使い方をしっかりと熟知すれば良い結果になると思います。説明書だけでは難しいのでより詳しい説明はこちらのブログがおすすめです。

 

お掃除に関連する記事

激落ちくんはやっぱり最強だと思います。掃除が楽しくなるかもしれませんので一度下の記事を読んでみてください。

我が家のおすすめの掃除用品『激落ちくん』シリーズを全て紹介!

2014.12.09

自宅の主力掃除用品『激落ちくん』シリーズを全て紹介!