初めてのコーヒーグラインダーはハミルトンビーチがおすすめ

コーヒーグラインダー

コーヒーにこだわるならまず一番最初にそろえたいものは、コーヒーミルやグラインダー。

コーヒー豆を挽く道具は本当にピンキリで、家庭用のものでも2,000円弱から5万円以上するものまで種類も機能も様々です。

コーヒーミルやグラインダーを初めて買う方におすすめ

ハミルトンビーチのコーヒーグラインダーは比較的安価で、「とりあえず様子見で買ってみたい」という方にかなりおすすめです。
こだわってコーヒーを淹れるようになるとそれなりに手間や時間がかかります。コーヒーメーカーでも時間がかかるので、すぐに使わなくなる方もいるはずです。

そこで、飽きたときのダメージを軽減するためにまず安いコーヒーグラインダーから始めてみて、それから豆挽きの精度が高いものにグレードアップをする。
これくらい力まずに始めたほうが、意外と長く楽しめる趣味になるかもしれません。これが 初めてグラインダーやミルを買う方に安いハミルトンビーチをおすすめしたい と思っている理由です。

 

ハミルトンビーチをおすすめする4つのポイント

コーヒーグラインダー

いきなり値段の高いグラインダーというのは多少リスクがあるということをお伝えしましたが、それでもやはりコーヒーは豆のまま買ってもらいたいので、安くても器具はそろえるべきだと思います。

コーヒー生活を始めたばかりの人に、ハミルトンビーチをおすすめするポイントを4つ挙げたいと思います。

  1. とにかく安い
  2. ボタンひとつで全自動
  3. デザインがおしゃれ
  4. 挽き具合の調整ができる

 

手挽きのコーヒーミルの場合だと、慣れていなければ挽き加減が難しいことや、時間がかかるため使用頻度が減っていってしまう可能性もあります。
ハミルトンビーチのグラインダーは、このような手間を軽減してくれるのにも関わらずかなりお買い得。

手で豆を挽く時間が好きという方ももちろんいらっしゃると思いますので、そのあたりはお好みで器具を選んでみてください

 

購入前に気になっていた点

  1. コードが短い
  2. 海外製なのでコンセントの変換プラグが必要
コーヒーグラインダー

製品を見た瞬間は、正直そのコードの短さには驚きました。
これはやばい……と思ったのですが、ちゃんと下の部分が開きコードが収納してありました。レビューでは困るほど短いような意見も出ていましたが、僕はそれほど気になりませんでした。

コーヒーグラインダー

実際のコードの長さ

上の写真のように十分な長さがあるのでご安心ください!

後は海外製のコンセントプラグなので、変換プラグを購入する必要があります。僕の場合は問題がなかったのですが、買ってみて使えなかったとなると、がっかりするのでご確認ください。

 

グラインダーを実際に使ってみて一番良かったこと

コーヒーグラインダー

一番良かったことは全自動で豆を挽いてくれることです。
すごく値段が安いのに全自動というのは助かります。他にも安価で人気のあるグラインダーはありますが、それはボタンを押し続けないとならないと言うデメリットがあるようです。

デザインも良いし一度ボタンを押せば後は自動。そして何より安い!挽き目の調整もできますし、分量も設定できます。
操作方法はアナログで安いだけあってまあこんなものかという感じもしますが、始めたばかりで贅沢は言ってられません。

 

最後に

今までコーヒー豆をお店で挽いてもらって購入していた方は、ぜひグラインダーやミルを購入することをおすすめします。
焙煎後は日を追うごとに豆の鮮度は落ちていきますし、さらに豆を挽いてしまえばその鮮度の低下はさらに加速します。

少しでもお店で飲めるようなコーヒーを求められている方は、まず豆のままで買うようにしてみてください。それがおいしいコーヒーを淹れる第一歩だと学びました。

ハミルトンビーチは挽き具合にばらつきが出やすいので、後々物足らなくなるかもしれませんが、まずはこのグラインダーに限らず、安価な器具から始めてみてはいかがでしょうか。

自宅でおいしいコーヒーを淹れることができるようになればどんどん器具も欲しくなりますが、コーヒーをひとつの趣味として楽しむのも良いのでは?

 

 

コーヒーミルやグラインダーの関連記事

ハミルトンビーチの後にナイスカットミルを購入しました!やはり値段の高いコーヒーミルを使うと豆の挽き具合が均一になりやすいです。

ナイスカットミルシルバーは静電気が軽減されて使いやすい!

2015.01.21

ナイスカットミルシルバーは静電気が軽減されて使いやすい!