カラーボックスをリメイクして収納もおしゃれに楽しもう!

カラーボックス リメイク

DIYにハマっている、higekoi (@Freewheeling_h )です。こんにちは。

ホームセンターやドンキホーテで買える、何の変哲もない三段カラーボックスをリメイクしてみました。三段ボックスはもちろんそのままでも使えます。格好良くないということもないのですが、よりおしゃれな家具にするためにリメイクを試みました。

ほんの少しのリメイクでカラーボックスが大変身!

カラーボックス リメイク

あんまりかっこよくないカラーボックスも少し工夫をすればより良い物に変身します。やりすぎると使い勝手が悪くなってしまいますので、ちょっとだけ変化を加えてみましょう。

リメイクで重要視すること

  1. 短時間で簡単に
  2. 手間をかけすぎない
  3. 見栄えが良くなること
  4. 金額が安い

大物を全く別の形の家具にリメイクしてしまう場合でしたら、そんなことも言ってられず、自分のやりたいようにやるべきです。今回は「あまり手間をかけずに良い感じに仕上がるだろうな」と思っていたので、リメイクすることに決めました。

 

リメイクの作業内容

  1. 三段カラーボックスを二段に変更
    →三段なくても、収納は足りているのでムダを失くすため
  2. 天板を取り外し、上から物を入れることができるような形にする
  3. 一段目の前面に板を取り付け、デザインをオシャレに
  4. 再塗装。白に白の塗料を上塗りする形ではあるが、より鮮やかな白に

これだけの変更点で、かなり見栄えが変わるようなイメージができていたので作業を開始しました。

さっそくですが完成品はこちら⇩

カラーボックス リメイク

 

リメイクして良かったこと

  • 買ったものに見えなくなった
  • 収納上手っぽい感じ
  • オシャレでちょっとだけかわいい
  • 背板をベニヤではない厚めの板を入れたので、強度がグンとアップ

 

正直言って、ここまで良いものが出来上がるとは思っていなかったので、すごく嬉しい結果となりました。自分でも元のカラーボックスの形を忘れるほど、しっくりとくる仕上がりです。

捨てることになった物は背面のベニヤ板のみで、残りの物は再利用することができました。前面の板は自宅にあった端材を使用しているのでタダ!

廃材・端材は使い道がないだけでしっかりとしているので、本当に最高のアイテムです。

カラーボックス リメイク

意外と気に入っているのが再塗装をしたこと。
白から白だったので、意味はないかもなと思っていましたが、使用した塗料が良い風合いを出してくれるものなので、雰囲気がガラッと変わりました。

今回のパターンではなくても、塗装だけし直してみても違う家具に見えるような気もしますので、また試してみようと思います。

大変身!バターミルクペイントを使った塗り方3つ

塗料はオールドビレッジのバターミルクペイントという物を使用しました。マットな仕上がりになる、水性自然塗料です。

 

まとめ

今回のリメイクは塗装の乾燥待ちの時間を含めなければ、2時間もかかっていません。手間もかかっていないので、最高のリメイクができました。

カラーボックスをお持ちのかたは、結構いらっしゃると思います。簡単にリメイクできますし色々な形に変えることができるので、おすすめのリメイクパターンになる気がします。

ぜひ一度お試しを。

 

 

その他リメイク事例

リメイクはお金がかからずに家具を進化させることができるのでとてもおすすめです。

 

カラーボックス リメイク