ハンドドリップ

デザインに惚れた!初めてのコーヒードリッパーはCHEMEX(ケメックス)

投稿日:2017年4月30日 更新日:

CHEMEX




オシャレすぎるCHEMEX(ケメックス)は、眺めているだけでも気分がよくなるコーヒードリッパーです。

完全に惚れました。

ケメックスは僕にとって、初めてのコーヒードリッパーです。誕生日プレゼントにもらって、本当にすごく嬉しかったのをよく覚えています。

初めてのコーヒードリッパーとしては少し難しいのですが、今どんなドリッパーでもそれなりに淹れれるようになったのは、このケメックスのおかげです。

難しいですが、諦めなければレベルが上がることは間違いありません。

コーヒー通からも「良いの使ってるじゃん」と言われることがあったので、コーヒーを楽しんでる感じも味わえました。

見た目は本当に最高ですが、ケメックスは

  1. 淹れるのが難しい
  2. 洗うのが面倒
  3. 一体型で割りやすい(僕だけかも)
  4. フィルターが高い

初心者で買った僕がいうのもアレですが、いきなり買うドリッパーではありません。笑

「見た目に惚れた!形から入るタイプなんだよ!」

と割り切れる方はぜひ即購入してください。笑

とはいえ、難しいのは最初だけなので買う価値は間違いなくあります。

 

ケメックスのデザインがオシャレすぎる

ケメックスはオシャレすぎるデザインが最大の特徴です。

サーバーとドリッパーが一体型となっているフラスコのようなデザインは、本当にかっこよく、芸術品のようにも見えます。

真ん中の木製の部分も素晴らしいデザインです。

インテリアにもなりますし、コーヒーを淹れている姿もすごくかっこよく映りますね。

ケメックス

こんなドリッパーが自宅にあれば、お部屋は確実にオシャレになります。

僕は割ってしまったので今は持っていませんが、かなりオシャレなので、所有欲も満たされます。

こんなドリッパーがあれば、男の一人暮らしのレベルも確実に1段上がること間違いなし!!

コーヒーを始めた時に一緒に揃えたハミルトンビーチのコーヒーグラインダーもかなり素敵なデザインです。

形から入ると結構趣味は続くものです。笑

余談ですが、デザイン重視で買ったFUJIFILMのX100Fというカメラがありまして、カメラに対する物欲が収まりました。笑

プレゼントにも喜ばれる

冒頭でも書きましたが、僕はこのケメックスを誕生日プレゼントにもらいました。

初めてのコーヒードリッパーは何もわかっておらず、とにかくかっこいいデザインのモノが欲しかったので、このドリッパーが欲しくてたまりませんでした。

もらった日のことは、今でも本当によく覚えています。

 

淹れるのが難しいので、ドリップのレベルが上がる

ケメックス

ケメックスは淹れるのが難しいです。

フラスコそのもののような形なので、ドリッパー部分にリブがなく、コーヒーの道すじを自分の抽出スピードのみで調整するんです。

もちろんおいしいコーヒーを淹れることはできます。でも慣れも必要なんですよね。

※リブは下画像参照

リブ

上のドリッパーはコーノ式

難しいと思われるのも事実ですし、ドリップケトルのお湯の量の調節に慣れていなければ薄良いコーヒーになりがちです。

でも最初からケメックスのドリッパーを使えば、間違いなくドリップが上手になります。

お湯の量の調整がうまくなるので、どんなドリッパーでもおいしく淹れることができるようになるんですね。細いお湯で抽出するのが間違いなく上達します。

薄くパンチのないコーヒーを何度か淹れてしまったこともありますが、ケメックスのおかげでかなり上達したと感じています。

上達すれば、自分の思い通りの味に調整することも可能なので、研究もやりがいがあります。

オシャレなコーヒーライフを過ごしたい方には、本当におすすめの1点です。

意外とすぐ慣れるので楽しいですよ!

器具は並行輸入品なら5,000円前後で買えます。

 

次におすすめの記事はコレ!

今まで使ったことがあるドリッパーについてまとめました。

それぞれ違った抽出方法なので、いろいろ試して見てください!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

ひげこい

写真とコーヒーとDIYと旅行が好きです。 お気軽にお問い合わせください!

-ハンドドリップ

Copyright© 45House , 2018 All Rights Reserved.