“マキネッタ×シェーカー” アイスカフェオレをもっとおいしくするためのひと工夫

投稿日:2017年5月31日 更新日:

マキネッタ シェーカー




『自分だけの特別なコーヒーを飲みたい』

前回の記事ではマキネッタでアイスカフェオレを淹れる方法をご紹介しました。

今回はマキネッタで淹れたカフェオレをもっとおいしくするために、シェーカーを使って“ひと工夫”してみます。

この方法はドリップで淹れたアイスコーヒーでも使えますが、僕は“マキネッタ×シェーカー”の組み合わせが多いです。

マキネッタの基本的な使い方は下の記事を参考にしてください。

カフェオレをカクテル用のシェーカーで振ってみる

最近はシェーカーでカシャカシャ振って、キンキンに冷やしてからグラスに注いでいます。

ただそれだけのことなので写真でイメージを掴んでみて、興味がわけばマキネッタとシェーカーをセットで購入ってのも、コーヒーライフの選択肢に入れても良いと思います。

本当にそれ以外言うことはなくて、“意外な方法でおいしくなるから共有したい!”って感じです。

マキネッタ シェーカー

マキネッタ シェーカー

マキネッタ シェーカー

もっとそれっぽく振ってますが全く上手くならないw

マキネッタ シェーカー

マキネッタ シェーカー

マキネッタ シェーカー

完成!

ちなみに僕はお酒は全然わからないので適当です。

奥さんが学生時代バーでバイトをしていたので、若干厳しい目で見られていますが、少しずつできるようになっているみたいで良かったです。笑

シェーカーで振るとなにが変わるのか?

シェーカーに入れて振って何が変わるのかというと…

  1. キンキンに冷える
  2. 濃厚になる
  3. 抽出時に出るクレマの代わりに泡々になる
  4. シャーベット状になった氷がうまい
  5. 絶対おいしくなる!

初めて飲んだときは感動するほどおいしかったです。

 

シェーカーを使おうと思った理由

シェーカーを使おうと思った理由は、別の記事で紹介した大分県のネルドリップ専門の喫茶店『Coffee5』の影響です。

マキネッタ シェーカー

こちらではアイスコーヒーを作る時にシェーカーに氷を入れずに、外部から冷やして薄まらないようにする方法で淹れています。

僕は完璧にマネることはできていませんが、氷を入れて振ってもすごくおいしくなります。Coffee5の淹れ方との出会いは最高でした。

 

ドリップコーヒー×シェーカー

ドリップ シェーカー

ドリップ シェーカー

ドリップ シェーカー

ドリップ シェーカー

ドリップは森彦のネルで淹れました。

完璧ではなくてもほぼ冷えた状態にはなっていますので、アイスコーヒーが薄くなりません。

シェーカーってすごいですね。

 

シェーカーを使うデメリット

良いことばっかりもアレなんで補足です。

手間が増える

工程が増えるので飲むまでの時間は遅くなります。早く飲みたい方にはおすすめしません。

洗い物が多くなる

マキネッタ シェーカー

  1. マキネッタorドリッパー
  2. グラス
  3. シェーカー

洗いもんが増えすぎるとやっぱり面倒です。時間に余裕があるときくらいしかできません。

この程度のことなので、デメリットなんて書くのもちょっと言いすぎですね。

 

シェーカーを使うコーヒーの淹れ方まとめ

一度飲んでみれば、洗いもんが多い程度のデメリットなんてぶっ飛ばせます。

シェーカーは振り方によって味の違いを感じるので、うまくなればまた違う味にたどり着けるのかなとも思ったりしているので楽しいんですよね。

次はブリッカでも買おうかな。

 

たくさんのコーヒー器具を紹介しているおすすめのページです。いろんな器具を試すとどんどんコーヒーを淹れることが楽しくなります。









-マキネッタ

Copyright© 45House , 2018 All Rights Reserved.