マキネッタ

マキネッタを使ったおいしいカフェオレの淹れ方(カフェラテ風)

投稿日:2017年5月30日 更新日:

マキネッタ カフェラテ

『家でもおいしいアイスカフェラテを飲みたい』

僕はエスプレッソマシンで淹れる濃厚なカフェラテが大好きです。

小型のエスプレッソマシンもありますが、さすがに自宅には置きにくい。そんなときに役立つのがマキネッタ。

特殊な器具ですが小型で使いやすく、濃厚でおいしいコーヒーを淹れることができます。

マキネッタは直火式エスプレッソマシンですが、厳密にはマキネッタで淹れるコーヒーはモカコーヒーと呼ばれています。
だから牛乳を入れてもカフェラテではなく、カフェオレという名前になってしまうんですけどね。

それでも自宅で簡単にカフェラテに近いコーヒーを飲むならば、この方法が一番良いと思っています。

少し話がそれましたが、今回はマキネッタを使っておいしいアイスカフェオレを淹れる方法をご紹介します。

自分の中ではかなり満足している味なので是非試してみてください。写真付きで簡単にレシピを載せていきますね。

基本的な淹れ方や豆知識に関しては、別で記事を書いていますのでもしよろしければご覧ください。

  1. マキネッタで手軽においしいコーヒーを淹れための使い方
  2. 味がブレにくい『マキネッタ』の特徴とおすすめの豆をご紹介

最高においしいアイスカフェオレをマキネッタで淹れよう

マキネッタ

夏に特に飲みたくなるアイスカフェオレ。本当はアイスカフェラテと言いたいところですが、微妙なラインなのでカフェオレにしておきます。笑

でもカフェラテにも負けないほどおいしくなりますよ!

カフェオレのレシピ

珈琲器具 マキネッタ3カップ
コーヒー豆 カフェロッソ
ラテアート(エスプレッソ用豆)
焙煎度合い 深煎り
挽き方 細挽き(ナイスカットミル1番)
豆の分量 19~20g
抽出量 100ccの水で90ccほど抽出
ミルク 40~50cc
ミルクの量はお好みで

カフェオレの淹れ方

レシピに沿って淹れていきます!

マキネッタ カフェラテ

マキネッタは豆の分量を20gに設定。

マキネッタ カフェラテ

水は100ccです!

マキネッタ カフェラテ

豆はできるだけ深煎りのものを細挽きに。

マキネッタ 使い方

抽出!うまそう!!

マキネッタ カフェラテ

100ccの水で85〜90ccくらい抽出できます。

マキネッタ カフェラテ

牛乳は40ccほど入れて125cc前後にするとちょうど良いです。コーヒーの抽出量によって牛乳の入れ方も調整します。

これで抽出は完了です。アイス系のコーヒーは急冷がポイントですので、すぐに冷やします。

マキネッタ カフェラテ

氷に当てながらコーヒーを注ぐとよりおいしくなります。

氷が溶けてカランコロンと落ちていく音がたまりません。

味に変化をつけてみる

変化っていうと大げさかもしれませんが

砂糖を入れても良い

マキネッタはかなり苦いコーヒーになりますので、苦手な方は無理はなさらず。僕は気分によっててんさい糖を入れています。

マキネッタ カフェラテ

エスプレッソに砂糖を3杯入れるイタリア人からすると、「あんなに苦いエスプレッソをそのまま飲む日本人はどうかしてるよ」と思われているという記事を読んだことがあります。

苦いなら無理はせずに砂糖を入れちゃいましょう。

ちなみに僕は初めてエスプレッソを飲んだときは苦すぎて残しました。笑

豆の代わりにilly(イリー)の粉もアリ

粉でも良いという方や豆を挽く電動ミルがないという方にはilly(イリー)の粉をおすすめします。

マキネッタのメーカー、ビアレッティも推奨しているので間違いありません。僕も一度だけ頼んだことがあります。
パンチは弱いですが、豆を挽く手間は省けます。

カフェラテを家で飲めるのは最高

マキネッタは見慣れない器具なので、初めはハードルが高く感じました。ですが、味のブレは少なくとても簡単に入れることができるのでどんどんハマっていきます。

これだけでも十分おいしいのですが、もう一手間かけるとさらにおいしくなりますので『“マキネッタ×シェーカー” アイスカフェオレをもっとおいしくするためのひと工夫』もぜひご覧ください!

マキネッタは最高です!

たくさんのコーヒー器具を紹介しているおすすめのページです。いろんな器具を試すとどんどんコーヒーを淹れることが楽しくなります。

【関連】インテリアにもなるオシャレなコーヒー器具やグッズのおすすめリスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

よく読まれている記事

-マキネッタ

Copyright© 45House , 2018 All Rights Reserved.