コーヒー豆

延岡のRegolith Coffee(レゴリスコーヒー)から頂いたコーヒー豆がおいしかった【PR】

投稿日:2017年5月11日 更新日:

Regolith Coffee

宮崎県延岡市にあるRegolith Coffeeさんからコーヒー豆をご提供頂きました。

喫茶店の部屋というブログの@kissatenさん経由でのご紹介です。その間にもうお一方経由しており「九州でも有名な豆香洞珈琲(とうかどう)で働いていたイケメン焙煎士さんが煎った豆」という紹介もあり、これはぜひ飲んでみたいと思いました。

今回のお話は大きく2点。

  1. サンプルの試飲をした感想
  2. お店についての紹介
こんな感じの内容でお話します。

Regolith Coffee(レゴリスコーヒ-)について

Regolith Coffee

レゴリスコーヒーは宮崎県の延岡にあります。奥さんの実家が大分県の佐伯でお隣なので、いつか一度は行ってみたいと思います。

レゴリスコーヒーは

  1. 2016年に始まった比較的新しいお店
  2. 自家焙煎豆珈琲の専門の販売店
  3. 焙煎機はGIESEN(ギーセン)
  4. コーヒー教室を開催
  5. 豆香洞珈琲で働いていた

こんなお店です。

コーヒー豆について

Regolith Coffee

コーヒー豆のパッケージは白が基調でとてもかわいらしいデザインです。ジッパーがついているのでそのまま保存できます。

Regolith Coffee

裏には焙煎日やグラム数が書かれています。焙煎日の表記があるとより安心して飲めますね。

サイトではコーヒー豆の他にキャニスターやドリップバッグ、ギフトも販売されています。価格は100g当たり650円から1,000円ほど。産地や製法によって細かく価格が変わっているので、よりこだわりを感じました。

レゴリスコーヒ-は、配送料がヤマトでもゆうパックでも3,600円以上の購入で無料になります。他店は5,000円くらいで無料になることが多いので、この料金設定はかなりのメリットです。

ご提供品は2種類

  1. エチオピアのナチュラル中煎り  100g(豆のまま)
  2. ドリップバッグ ホンジュラス 中煎り 1パック10g

豆は20gほどの提供だと思っていたので、100gも送っていただけて驚きました。お手紙付きでドリップバッグの試飲もしてみてくださいとのことです。喜んで頂戴します。

コーヒーロースターさんはこのお店に限らず、ふいに手紙付きで豆やドリップバッグを送ってくださることがあります。

コーヒー豆は決して安いモノではありませんが、こういったサービスがあると本当に嬉しくなりますし、またリピートしたくなりますね。

豆の状態について

Regolith Coffee

豆の状態は、開封した時の香りの良さに驚きました。

エチオピア・ナチュラルの中煎りです。甘いような酸っぱいような…。コーヒー豆でよくされている表現で、フルーティーな香りっていうのがあるんですがまさにその通り。果実らしさを感じます。

焙煎も一定で、豆の大きさにもばらつきがほぼないようです。

豆へのこだわり

  1. 欠点豆を取り除き高品質を保つ
  2. 豆によって焙煎度合いを変える
  3. 焙煎後は30日以内に販売
  4. 生豆の香りを引き出す焙煎

上のこだわりはWebサイトにも書かれています。特に香りが良いと飲む前からすごく良い気分になりますね。

実際に自分で淹れて飲んでみました

3パターンで淹れましたので、それぞれご紹介します。

水筒用にフレンチプレスでアイスコーヒーを淹れる

Regolith Coffee

まずフレンチプレスでアイスコーヒーを淹れました。

フレンチプレスの淹れ方は別の記事で詳しくご紹介しているのですが、同じようにていねいに淹れました。

フレンチプレスは油分が多く出る抽出器具で、良くも悪くも豆そのものの味を体験できる器具だと思っています。いつも同じ淹れ方をしていれば、味のブレが少ない印象。

というわけでいつも通り淹れました。

エチオピアのナチュラルは、カフェロッソというほかのお店でも何度も飲んでいますがいつもは浅煎りです。中煎りは初めてなんですが、浅煎りよりも香りが良い気がします。

焙煎日は半月ほど前のことなので、大きく膨らむことはありませんでしたがとてもおいしいです。膨らまないからといってダメなことはありません。

会社の水筒用に入れましたが、氷が少し溶けても濃厚なままで10時くらいまでおいしいコーヒーを頂けました。

Regolith Coffee

後日ホットコーヒーも飲んでみましたが、アイスよりもおいしかったです。

夕食後にネルドリップで淹れてみる

Regolith Coffee

夜は森彦のネルドリップでも試してみました。こちらはホットコーヒーです。ネルで淹れるときは豆によって分量を変えたりもしますが、いつもと同じように淹れました。

ネルではペーパーのときよりも豆の量は多めです。1杯分18gと言われたり20gと言われたりしますが、僕は20gで粗挽きで淹れています。

Regolith Coffee

Regolith Coffee

Regolith Coffee

Regolith Coffee

実際に飲んでみた感想は、めちゃくちゃおいしかったです。ネルドリップの器具を新しくして、慣れていなかったのでどうかなと思いましたが最高でした。フレンチプレスよりおいしかったです。

もしかするとドリッパーの性能も良いのかもしれませんが、本当においしいコーヒーを飲むことができて若干驚きました。

朝はドリップバッグで手抜きもアリ

Regolith Coffee

僕は朝食のときや朝食後にコーヒーを飲まないのですが、ドリップバッグならアリだなと思いました。

Regolith Coffee

粉はホンジュラスの中挽きを10gです。ドリップバッグはほとんど飲んだことがないので、豆の生産国の記載もあるということは初めて知りました。

Regolith Coffee

中にも外にも淹れ方の説明があって親切だと思います。どなたでも淹れることができそう。

Regolith Coffee

3点をマグカップにしっかりと引っ掛けて…

Regolith Coffee

10秒ほど蒸らします。粉が膨らむことはないですね。スーッとお湯が抜けていきます。

Regolith Coffee

こんな感じで2回~3回抽出します。

Regolith Coffee

とても簡単に淹れることができました。すごく早い。

意外と言うと失礼ですが、ドリップバッグは思っていた以上のおいしさでした。

一度だけ豆は心斎橋焙煎所で買ったことがありますが、思い出すくらいに近いモノは感じました。

朝の忙しい時間にどうしても飲みたいときは、本当に便利なんじゃないかなと。豆から淹れるのが好きなので、絶対ナシだと思っていましたが、それはちょっともったいない考えだったかもしれません。

まとめ

レゴリスコーヒーはコーヒー豆もおいしく、サービスも素晴らしいので、いつか必ず行きたいと思います。

たくさん種類があるので、試してみたい方はぜひ一度Webサイトをご覧ください。

【公式】Regolith Coffee

最後になりますが、お店の方とはメールで何通かやりとりをしてとてもていねいな方だと感じました。その点をふまえても、気持ち良く購入できるお店なんじゃないかなと思います。

今あるコーヒー豆がなくなったら、次回はレゴリスコーヒーで注文してみます。

店舗情報

店舗名 Regolith Coffee(レゴリスコーヒー)
住所 宮崎県延岡市大貫町大貫町4-2932-2
TEL 0982206382
営業時間 12:00~19:00
定休日 水曜日
駐車場 5台ほど
備考 自家焙煎コーヒー豆専門店
Web Regolith Coffee

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

よく読まれている記事

-コーヒー豆

Copyright© 45House , 2018 All Rights Reserved.