種まきハウスの使用例と使ってみて感じたこと

投稿日:2017年7月23日 更新日:

DIME 種まきハウス




前回の記事ではDIME種まきハウスのレビューを書きました。

播種(種まき)のときに便利な『DIME 種まきハウス』のレビュー

 

今回は実際に使用してみたので、その様子と感じたことをご紹介。

 

DIME種まきハウスを使ってみた

DIME 種まきハウス

実際に使ってみるとこんな感じになります。

穴が全部で18個あり、たくさんの種を撒くことができるのでとても便利です。

実際に使ってみて感じたこと

  1. 腰水をできるのは本当に便利
  2. ポットが繋がっているので、持ち運びが楽
  3. 作りの悪さはそれほど気にならない(作りがちゃちいと前回のレビューで書いた
  4. 通気性が良いのでカビも発生しにくそう

作りのショボさについて、最初は気になっていましたが実際に使ってみるとそこまで気にならなくて、アンダートレイとポットのトレイを別で持ち運べば全然使えるなと感じました。

発芽率について

DIME 種まきハウス

発芽率が良くなるかどうかも期待したいところですが、実際はこの種まきハウスを使うことによって、発芽率が上がるということはないわけではないと思うのですが、頼りすぎは禁物だと思っています。

腰水ができたり、カバーをつけたりできますが、それ以上に発芽するための条件や段取りが大切で、その種自体の素質を引き出すのはこの製品ではないと思います。

このハウスはあくまでも、たくさんの種を撒く際に便利なモノという程度の認識で使ってください。
発芽させるための条件は種ごとに違うので、しっかりと調べてもらえれば発芽させるための後押しくらいにはなるんじゃないかなあと。

播種(種まき)のときに便利な『DIME 種まきハウス』をレビュー









-園芸用品

Copyright© 45House , 2018 All Rights Reserved.