DIY!アンティークな椅子の塗装はバターミルクペイントが最適

アンティーク調 椅子 DIY

椅子のDIYは難易度が高い。なにが難しいかと言いますと、背もたれがに角度をつけることが素人ではなかなかできることではありません。

今回製作したものはなインテリアになったり観葉植物を置いたりして使おうと思っていたので、背もたれに角度を付けることは諦めました。いつかチャレンジしてみたいのですが、簡単な方法があれば探してみたいと思っています。

では今回製作した誰でも簡単に作ることができる、可愛らしい椅子をご紹介します。

 

小学校にあったような椅子をDIY

アンティーク調 椅子 DIY

うろ覚えですが、こんな形の椅子小学校にありませんでしたか?昔はなんとも思いませんでしたが、最近はアンティークと言えばこんな感じってイメージがあり、座りにくくても置物にはなるかなーと思ったりしています。

背もたれが無いタイプは美術室とかにあったような気がします。懐かしい感じがするし、なかなかかわいいのでお気に入り。ただ、大人になった今実用性は全くありません。笑

 

塗装はバターミルクペイントを塗ってガシガシ削る

アンティーク調 椅子 DIY

木材にペーパーをかけて、バターミルクペイント という天然の水性塗料を塗ります。カッターやペーパーなどでキズを付け、滑らかにしたあと、もう一度塗料を塗ります。ウエスなどで拭いて適当な感じを出すと、アンティークっぽい雰囲気が出てきました。

やり方はかなり雑なのでこちらの本を読んでみることをおすすめします。

 

アンティーク塗装はいろんな方法がありますが、バターミルクペイントと同じ会社のオールクラックアップなどでひび割れ塗装をするのもおもしろいと思います。

 

最後に後ろからの写真

アンティーク調 椅子 DIY

後ろからもただビスで繋げているだけなので、とても簡単な作りです。実用性はありませんが、DIYを趣味としている方は一度椅子を作る感覚だけでもつかんでみると良いと思います。

いつかは斜めのカットにもチャレンジして、少しでも座りやすい椅子を作りたいです。

 

 

当ブログ(45House)のDIY記事一覧について

DIY関連の記事を一覧にまとめました。下のボタンからご覧いただけますので、もしよろしければ参考にしてください。



アンティーク調 椅子 DIY